ストーリーガチャ(レノ断章)成果 開催期間12/16~12/30

本記事では、12/16に開催されたストーリーガチャ(レノ断章)で入手できる武器と筆者の成果を記載しています。

本ガチャの狙い目武器

本ガチャの目玉武器は、新たに実装されたローザのLD武器と再販されたレノのLD武器となります。
※説明文はファミ通公式サイトより引用
ローザのLD武器・LDボード実装&キャラ調整&覚醒80解放を実施! レノはLDボード実装【2020.12.16アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)

ローザLD武器“アルテミスの弓【Ⅳ】”

この武器をローザが装備もしくはパッシブ化することで、LDアビリティ「ブレス度シューター」が使用できます。

≪LDアビリティ≫ ブレスドシューター
・自身に自身の攻撃力の200%分BRVを加算し、5HIT全体遠距離物理BRV攻撃+全体HP攻撃を2回行う(与えるHPダメージは分配)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの180%分)
・与えた合計HPダメージの20%分BRVを味方全員に加算
・味方全員に5ACT“リレイズ”付与
・自身に12ACT“想いを遂げる意志”1段階付与(上限3)
・使用回数は3回
強化効果“想いを遂げる意志”に関して
・味方全員の強化効果の合計数によって段階変化(詳しくは下の表を参照)

Rosa_Reinforcement

・“想いを遂げる意志”付与中、通常“BRV攻撃”“BRV攻撃+”が“ねらう”に変化

◎ねらう
・自身に自身の攻撃力の100%分BRVを加算+3HIT全体遠距離物理BRV攻撃+HP攻撃
・必中
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの120%分)
・ターゲット以外にも20%分のHPダメージ
・ターゲットに与えたHPダメージの50%分、自身のBRVをアップさせる

限界突破&LDボード

≪限界突破効果≫
(1)ブレスドシューターパワー
・自身の最大BRV20%アップ&攻撃力30%アップ
・“ブレスドシューター”の与えるBRVダメージを10%アップ

(2)想いを遂げる意志ロング
・自身の最大BRV20%アップ&攻撃力30%アップ
・“ブレスドシューター”使用時“想いを遂げる意志”の6ACT期間延長(6⇒12ACT)

(3)ブレスドシューターチャージ
・自身の最大BRV20%アップ&攻撃力30%アップ
・“ブレスドシューター”の使用回数+1

≪LDボード内“祝福を受けた一矢エクステンド”について≫
・“ブレスドシューター”使用時
⇒攻撃力に依存したBRV加算量50%アップ(150%⇒200%)
⇒BRV攻撃のHIT数が合計2HIT増え合計BRV威力も中アップ
⇒与えた合計HPダメージの20%分BRVを味方全員に加算
・“ねらう”使用時
⇒BRV攻撃のHIT数が3HITに変化し合計BRV威力も小アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの120%分)

≪LDボードで習得可能なおもなパッシブアビリティ≫
・ブレスドシューターパワーLv9
 “ブレスドシューター”の与えるBRVダメージ10%アップ
・ブレスドシューターBRVアタックアドバンスLv9
 “ブレスドシューター”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限20%アップ
・ねらうアップLv9
 “ねらう”の与えるBRVダメージ10%アップ
・ブレスドシューターBRVアップ
 “ブレスドシューター”のBRV加算量5%アップ
・ブレスドシューターBRVアップアドバンス
 “ブレスドシューター”使用時加算したBRVを最大BRVを超えて加算する上限5%アップ
・ブレスドシューターフォーカスアタック
 “ブレスドシューター”使用時攻撃対象が単体の時与えるBRVダメージ10%アップ

レノLD武器“チタンロッド【Ⅶ】”

この武器をレノが装備もしくはパッシブ化することで、LDアビリティ「ピラミッド」が使用できます。

≪LDアビリティ≫ ピラミッド
・10HIT雷属性全体近距離物理BRV攻撃+全体HP攻撃(与えるHPダメージは等倍)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの180%分)
・対象の強化効果を1個解除し、対象に弱体効果“ピラミッド”を期間永続で付与
・使用回数は4回
強化効果“タークスの誇り”に関して
・味方全員の最大BRV&攻撃力20%アップ
・自身が属性弱点を突いた際にBRVダメージ30%アップ
・弱体効果が付与されている敵をターゲットにして攻撃時、自身の付与する弱体効果の付与期間+2ACTし、自身の与えるHPダメージ20%アップ
限界突破&LDボード

≪限界突破効果≫
(1)ピラミッドパワー
・自身の最大BRV10%、攻撃力20%アップ
・“ピラミッド”の与えるBRVダメージ10%アップ

(2)ピラミッドアドバンス
・自身の最大BRV10%、攻撃力20%アップ
・“ピラミッド”使用時、奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限30%アップ(180%上限突破技に)

(3)ピラミッドチャージ
・自身の最大BRV10%、攻撃力20%アップ
・“ピラミッド”の使用回数+1

≪LDボード内“神秘の拘束技エクステンド”について≫
・クエスト開始時、自身に6ACT“タークスの誇り”付与
・自身が対象に弱体効果付与時、自身に6ACT“タークスの誇り”付与
・“ピラミッド”使用時、BRV攻撃のHIT数が10HITに変化し、合計BRV威力も極大アップ

≪LDボードで習得可能なおもなパッシブアビリティ≫
・ピラミッドパワーLv9
 “ピラミッド”の与えるBRVダメージ10%アップ
・ピラミッドBRVアタックアドバンスLv9
 “ピラミッド”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限10%アップ
・ピラミッドウィークダメージアップLv9
 “ピラミッド”で弱点をついた時、与えるBRVダメージ10%アップ
・ピラミッドパワーII
 “ピラミッド”の与えるBRVダメージ5%アップ
・ピラミッドBRVアタックアドバンスII
 “ピラミッド”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限5%アップ
・ピラミッドフォーカスアタック
 “ピラミッド”の攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ10%アップ

その他入手できる武器

上記のLD武器の他に、ローザ、レノ、レオのEX武器とティーダのBT武器が入手できます。

成果

12/16

無料11連の成果。レノ専用とレノLDが当たりました。ティーダガチャとクイーンガチャ同様、この日は相当流れが来ていたことがわかります。

チケット合計31枚で、レオ相性1、レノ専用1、ローザLD当たりました。

最初はチケットをバラで使い、レオとレノの装備が当たり、開催中のティーダガチャとクイーンガチャに移行。結果があれだったので、半ばヤケ起こしてチケット10連を2回まわしたら、ローザLD当たりました。あちら側と違い、こちらはガチャ開催1日目で目当ての武器が当たりました。

最終成果

無料11連とチケット計31枚で、相性1、専用2、LD2当たりました。ティーダガチャとクイーンガチャ、とは比べ物にならないほど素直に当たってくれました。

とりあえず、3種ガチャ同時進行なんて無理難題起こらなくてよかった・・・

イベントガチャ(レイドボス討伐チャレンジ②)成果 開催期間12/11~12/25

本記事では、12/11に開催されたイベントガチャ(レイドボス討伐チャレンジ②)で入手できる武器と筆者の成果を記載しています。

本ガチャの狙い目武器

本ガチャでのおすすめ武器は、ティーダのBT武器と再販されたアシェラとセブンのLD武器となります。
※説明文はファミ通公式サイトより引用
アシェラにLD武器が実装! 覚醒80解放も実施【2020.7.6アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)
ガーランドLDボード&BT武器&覚醒80が実装! セブンはLD武器&覚醒80解放【2020.9.14アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)
ティーダにLD武器&BT武器が実装! キャラ調整と覚醒80解放も【2020.12.11アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)

今日以降、ゲーム内で開催される「イベント」ガチャでは2種類のLD武器が実装されます。

アシェラLD武器“アドゥリンリング【Ⅺ】”

この武器を装備もしくはパッシブ化することでアシェラはLDアビリティ「アンシーシングドレッド」を使用できます。

≪LDアビリティ≫ アンシーシングドレッド

・8HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃(与えるHPダメージは等倍)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・弱体効果が付与された対象にWeakが発生
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの180%分)
・対象に4ACT“キャパシティブレイク”付与
・使用後、“デセンション&サイトアンシーン”の使用回数+1(上限はクエスト開始時の値)
・使用回数は4回

弱体効果“キャパシティブレイク”に関して
・BRV回復(BRVリジェネなど緑色の数字で表示されるもの)を受け付けなくなる
・付与者から受けるHPダメージ20%アップ

≪LDボード内“アドゥリンの真なる導き手エクステンド”について≫
・“アンシーシングドレッド”使用時、以下の効果が発生
⇒BRV威力が大アップ
⇒弱体効果が付与された対象にWeakが発生
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限を小アップ(150⇒180%)

セブンLD武器“いばらのムチ【零式】”

この武器を装備もしくはパッシブ化することで、セブンはLDアビリティ「ヘッドストライク」を使用できます

≪LDアビリティ≫ ヘッドストライク

・ターゲットに6ACT“キャッチ”3段階付与(上限3)し、6HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃を2回行う
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%分)
・最後のHP攻撃HIT時、ターゲット以外にも与えた合計HPダメージの50%分のHPダメージ
・自身に12ACT“思いやる心”付与
・使用後、“通常HP攻撃”“HP攻撃+”“HP攻撃++”が“HP攻撃(捕縛のムチ)”に変化
・使用回数は4回

強化効果“思いやる心”に関して
・味方全員の攻撃力40%アップ、攻撃時最大BRV上限突破率20%アップ、与えるBRVダメージ20%アップ、与えるHPダメージ20%アップ

◎HP攻撃(捕縛のムチ)
・2HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃
・“キャッチ”が付与された対象に与えるBRVダメージ1.5倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの120%分)
・ターゲット以外にも50%分のHPダメージ
・対象に付与されている“キャッチ”の段階を1段階アップ
・自身に5ACT“捕縛のムチ”付与
・この攻撃では吹きとばしは発生しない
・使用後、以下の効果が発動
⇒敵全体のBRVとHPを自身の攻撃力の70%分を減らし、自身に自身の攻撃力の70%分BRVを加算する(この効果でブレイクは発生しない)
・使用後“HP攻撃+”“HP攻撃++”への変化条件を満たしている場合は、“HP攻撃+”“HP攻撃++”に、そうでない場合は通常“HP攻撃”に戻る

強化効果“捕縛のムチ”に関して
・敵全体の素早さ10%ダウン
・敵全体の攻撃力40%ダウン
・味方全員の与えるBRVダメージ20%アップ
・敵味方問わず誰かが行動する度に1ACT減少し、以下の行動が追加発動
⇒敵全体のBRVとHPを自身の攻撃力の70%分減らす
⇒自身にに自身の攻撃力の70%分BRVを加算する(この効果でブレイクは発生しない。バーストモード中は発動せずバーストモード終了後に1回のみ発動)

≪LDボード内“天からの急襲エクステンド”について≫
・“ヘッドストライク”使用時、
⇒“キャッチ”付与段階+1(2⇒3段階)
⇒“4HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃を2回行う”が、“6HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃を2回行う”に変化し、合計BRV威力も極大アップ
⇒“思いやる心”の4ACT期間延長(8⇒12ACT)

ティーダBT武器“アポカリプス【Ⅹ】”

この武器を装備することでティーダはBTアビリティ「エース・オブ・ザ・ブリッツ」を使用できます。

≪フィニッシュバースト≫ エース・オブ・ザ・ブリッツ
・近距離物理BRV攻撃+HP攻撃を12回行う
・最後のHP攻撃前に与えた合計HPダメージの50%分自身のBRVをアップ
・最後のHP攻撃HIT時、ターゲット以外にも与えた合計HPダメージの20%分のHPダメージ
・与えるBRVダメージ上限が9999を150%分突破可能(24997まで)
・奪ったBRVが最大BRVを超えて149998まで加算でき、与えるHPダメージ上限も99999を50%分突破可能(149998まで)
・使用後、以下のバースト効果を10ACT付与
≪バースト効果≫
・バースト効果付与中のティーダの“エースの意地”による追加攻撃が1回の行動で2回まで発動する
味方全員に以下の効果
・与えるBRVダメージ50%アップ
・与えるBRVダメージ上限が9999を20%分突破可能(11998まで)
・ブレイク時 ブレイク中攻撃時 与えるHPダメージ20%アップ
※同一キャラクターのバースト効果は重複しない

その他入手できる武器

上記の武器以外に、このガチャではアシェラ、セブン、ファングのEX武器が入手できます。

成果

12/11

アシェラとセブンのLD武器はすでに入手済みなので、無料分だけ狙って本ガチャは終了です。

結果は平常運転でした。

最終成果

初回無料分だけ回して、相性1当たりました。

イベントガチャ(レイドボス討伐チャレンジ①)成果 開催期間12/11~12/25

本記事では、12/11より開催されたイベントガチャ(レイドボス討伐チャレンジ①)で入手できる武器と筆者の成果を記載しています。

本ガチャの狙い目武器

本ガチャの大当たり武器は、ティーダのBT/LD武器と再販されたエアリスのLD武器になります。
※説明文はファミ通公式サイトより引用
ティーダにLD武器&BT武器が実装! キャラ調整と覚醒80解放も【2020.12.11アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)

エアリスにLD武器が実装! 覚醒80解放も実施【2020.8.4アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)

今日の「イベント」ガチャ以降、実装されるLD武器は2種類になります。

ティーダBT武器“アポカリプス【Ⅹ】”

この武器を装備することで、ティーダはBTアビリティ「エース・オブ・ザ・ブリッツ」を使用できます。

≪フィニッシュバースト≫ エース・オブ・ザ・ブリッツ
・近距離物理BRV攻撃+HP攻撃を12回行う
・最後のHP攻撃前に与えた合計HPダメージの50%分自身のBRVをアップ
・最後のHP攻撃HIT時、ターゲット以外にも与えた合計HPダメージの20%分のHPダメージ
・与えるBRVダメージ上限が9999を150%分突破可能(24997まで)
・奪ったBRVが最大BRVを超えて149998まで加算でき、与えるHPダメージ上限も99999を50%分突破可能(149998まで)
・使用後、以下のバースト効果を10ACT付与
≪バースト効果≫
・バースト効果付与中のティーダの“エースの意地”による追加攻撃が1回の行動で2回まで発動する
味方全員に以下の効果
・与えるBRVダメージ50%アップ
・与えるBRVダメージ上限が9999を20%分突破可能(11998まで)
・ブレイク時 ブレイク中攻撃時 与えるHPダメージ20%アップ
※同一キャラクターのバースト効果は重複しない

ティーダLD武器“トライエッジ【Ⅹ】”

この武器を装備もしくはパッシブ化することで、ティーダはLDアビリティ「チャージ&アサルト」を使用できます。

≪LDアビリティ≫ チャージ&アサルト
・6HIT全体近距離物理BRV攻撃+全体HP攻撃を2回行う(与えるHPダメージは分配)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの200%分)
・行動負荷がない
・対象に6ACT銀フレーム付き弱体効果“素早さ20%ダウン”“攻撃力50%ダウン”“防御力50%ダウン”付与
・自身に付与されている強化効果を2ACT延長
・使用後、2回の行動でアビリティの使用回数を消費しない(一部のアビリティを除く)
・使用回数は3回
特殊効果“ブリッツ・オフ”に関して
・LD武器“トライエッジ【X】”装備時、またはパッシブ“親父を見返す成長”装備時、バトル開始から特殊効果“ブリッツ・オフ”を0段階付与(上限3)
・“シュート”発動する度に1加算
・自身に以下の効果(段階によって効果は上昇しない)
⇒攻撃力20%アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限20%アップ
⇒与えるHPダメージ20%アップ
・3段階時、“シュート”が“ジェクトシュート”に変化
◎ジェクトシュート
・敵全体のブレイク状態を解除+自身に自身の攻撃力の70%分BRVを加算
・その後、4HIT全体遠距離物理BRV攻撃+単体HP攻撃
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%)
・ターゲット以外にも80%分のHPダメージ
・ターゲットに与えたHPダメージの20%分、自身のBRVをアップさせる
・使用後、自身の特殊効果“ブリッツ・オフ”3消費
≪LDボード内“親父を見返す成長エクステンド”について≫
・バトル開始時、
⇒敵全体に6ACT銀フレーム付き弱体効果
⇒“素早さ20%ダウン”“攻撃力50%ダウン”“防御力50%ダウン”付与
・“チャージ&アサルト”使用時、
⇒BRV攻撃のHIT数が合計4HIT増え、合計BRV威力も大アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限50%アップ(150%⇒200%)
・“シュート”使用時、
⇒BRV攻撃のHIT数が1HIT増え、合計BRV威力も中アップ

エアリスLD武器“プリズムロッド【Ⅶ】”

この武器を装備もしくはパッシブ化することで、エアリスはLDアビリティ「邪気封印」を使用できます。

≪LDアビリティ≫ 邪気封印
・味方全員に自身の攻撃力の200%分BRV加算+単体HP攻撃+8HIT全体魔法BRV攻撃+単体HP攻撃
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・加算したBRVを最大BRVを超えて加算する(上限はそれぞれの最大BRVの180%分)
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの180%分)
・ターゲット以外にも与えた合計HPダメージの20%分のHPダメージ
・自身に6ACT強化効果“邪気封印”付与
・使用回数は4回
強化効果“邪気封印”に関して
・味方全体の弱体回避率100%アップ
・敵全体の攻撃力20%ダウン、防御力60%ダウン、素早さ20%ダウン
・本効果は延長できない
・“邪気封印”付与中、エアリスが敵をターゲットとして行動後、そのターゲットに以下の行動が追加発動
⇒ターゲットのBRVを自身の攻撃力の100%分減らし、味方全員に自身の攻撃力の100%分BRV加算
⇒その後、自身の現在BRVの100%分HPダメージを与える
⇒この攻撃でブレイクは発生しない
⇒自身のBRVは消費しない
⇒ターゲットに2ACT弱体効果“星の戒め”付与
⇒自身に付与された強化効果を1ACT延長する
弱体効果“星の戒め”に関して
・強化効果が付与されない
・受けるHPダメージ10%アップ
≪LDボード内“星を守る力エクステンド”について≫
・“邪気封印”使用時、
⇒BRV攻撃のHIT数が8HITに変化し、合計BRV威力も大アップ
⇒加算したBRVを最大BRVを超えて加算する上限を30%アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限を30%アップ

その他入手できる武器

上記以外に、本ガチャではティーダ、エアリス、セルフィのEX武器が入手できます。

成果

12/11

初回無料分の成果です。無料君の平常運転です、ハイ。

12/12

クイーンガチャと同時進行で回してたらチケット8枚目でエアリスLD当たりました。高性能なんですけど、ティーダかクイーンのLD出て欲しかった。

12/13

クイーンガチャにチケット集中砲火してたため、本日はお休みです。

12/14

10000ジェム使ってエアリス専用2、目玉焼きでティーダEX当たりました。

・・・なんでジェムで回したし

12/15

チケット14枚使って、セルフィ相性1、専用2当たりました。この消費量で3つ星5武器が当たるのは運が良いと思っています、LD当たるほどの運ではないですが。

クイーンガチャの方はジェム使うことにしました。こちらのガチャでも開催期間が残り1週間になったらジェムオンリーで回そうと思います。

12/16

先ずは、チケット10枚分の成果。セルフィとティーダのEXが10枚バラで回して当たりました。

これらが当たって、「今日は運の流れが来ている」と感じたので、チケットからジェムにシフト。ティーダのBT/LDを狙いました。

残り1週間になったらジェムで回すという宣言。速攻で破りました(笑)。乗るしかなかったんですよ、このビッグウェーブに(古)

で、10000ジェム使った成果(。ティーダの相性・専用・EXが1ずつとエアリスLDが当たりました。

流れは気のせいだったのかと思い、チケットに戻してバラ9枚目で再びエアリスLD当たりました。やっぱり流れは来ていると確信しました。

そしてまたジェムで44連(20000ジェム)回して、ティーダ相性1・EX2、セルフィ相性1・専用3、エアリスLD(本日3本目)当たりました。

流れがあってもティーダBT/LDは当たりませんでした(泣)

クイーンガチャの方も同時進行で回しましたが、あちらでは暗闇BTが2つ出てクイーンLD1つも出ず・・・。何故ティーダBT出てくれなかった?

12/17

チケット10枚使って、エアリス相性、ティーダ専用、セルフィ専用当たりました。

昨日の流れがまだ残ってたようです。まだ目的のティーダBT/LDが出ていません。出るまで回します。せめてLDだけでも当たれば、セッツァーガチャでBT狙える。

12/18

チケット30枚と5000ジェム使って、エアリス相性と専用、セルフィ専用、ティーダ相性当たりました。

無料でエアリス相性、12枚目でエアリス専用、13枚目でティーダ相性と出て、その時点で退けばよかったのに、その後17枚無駄に消費しました。ジェムも目玉焼きだったため、ティーダ相性当たった辺りで流れはなくなってしまったようです。

12/19

チケット20枚と20000ジェム使って、エアリスの相性3・EX1、セルフィの相性と専用が1ずつ、ティーダ相性が2当たりました。ガチャメダルも300溜まったのでティーダLDと交換してきました。

とうとう天井行ってしまいました。開催されてから8日・・・ティーダのBT/LD音沙汰無し。代わりにエアリスLDが4つ出るという快挙。残るティーダBTは、セッツァーガチャでチケットのみで狙いつつ、当たらなかったらメダルで交換しようと思います。

最終成果

チケット92枚、ジェム70000で、相性13・専用14・EX7・LD4出て、ガチャメダル300をティーダLDと交換しました。本ガチャは、筆者完全敗北です。

グラディオラス断章「焚き火のもとで」LUFENIA難易度クリアメンバー3名紹介

本記事では、グラディオラス断章「焚き火のもとで」のLUFENIA難易度に出現する敵の情報とクリアメンバーを記載しています。

敵情報

オプティマス

弱点・耐性

属性弱点・耐性なし
デバフ弱点・耐性かからない:攻撃力ダウン・ターゲット固定

カウント

出現条件バトル開始時・HP50%未満になった時
消滅条件HP80%未満になった時
増加条件属性弱点ダメージを与えつつ、行動遅延させるとカウント8増加
(上限15)
減少条件プレイヤー行動時1、カウント対象行動時2減少

何度か戦ってみて、ゲーム内でのカウント増加条件に2つ誤りがありました。

ひとつは、行動遅延するのが単体でもカウントは増加します。ただし増加するのは行動遅延したカウント対象のみとなります。

もうひとつは上限。20と表記されていますが、何度遅延しても15以上にはなりませんでした。なので、カウント上限は15になります。

特徴と対策

マッシュもしくはエンチャンターと行動遅延出来るキャラの編成は必須

カウントの増加条件である「属性弱点を突いた行動遅延攻撃」は、恩恵であるマッシュを編成するか、エンチャンターと行動遅延アタッカーの編成が必須となります。

前者ではメンバー構成の自由度が上がり、後者だとエンチャンターがいる分パーティ全体の火力が上がります。

防御態勢への対策はBRV0に出来るキャラをコール

敵はバトル開始時と、HPが70%・40%まで減ると防御態勢を取り、こちらが与えるBRVダメージが大幅に減ります。

ブレイクすることで防御態勢を崩すことが出来るので、BRVを0に出来るコールアビリティをパーティ全員にセットすることで対策出来ます。

BRVを0に出来るお薦めコールキャラは、ギルバート(Ⅳ)、バッツ(Ⅴ)、アミダテリオン(CC)です。

パーティメンバー

上記の対策を取りつつ、パーティメンバーはエルドナーシュ、アーシェ、ガーランドを選択。フレンドはMaple_Owlさんのガーランドを連れていきました。Maple_Owlさん、ありがとうございます。

エルドナーシュ

BT/LD/真化完凸/第2防具真化完凸 ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:アミダテリオン

デバフアタッカー役。敵がターゲット固定に掛からないためミスマッチと思いますが、何度か挑んで攻撃パターンを把握しました。3回目のターンで全体攻撃を仕掛けてくることがわかったので、そのタイミングでフェイズシフトして「テラー」を付与します。その後「ワープ」を付与し、敵の攻撃を封じつつ敵の行動後に割り込みダメージを稼いでいきます。

Cアビリティのアミダテリオンは、防御態勢を取った直後にLDコールしてBRVを0にします。

アーシェ

LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:バッツ

エンチャンター役。カウント対策に採用。聖雷弱点を敵に、パーティに物理攻撃力アップバフをそれぞれ付与して、火力を底上げします。

Cアビリティのバッツは、防御態勢対策です。

ガーランド

BT/LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:ギルバート

ディレイアタッカー役。カウント対策に採用。その他にLDアビリティ使用時に付与される特殊効果「時の鎖」で敵の素早さと防御力をバフ扱いで下げられるので、アーシェのアビリティと合わせてさらなる火力アップが見込めます。

Cアビリティのギルバートも他の2人と同じ防御態勢対策に採用しました。

フレンド(ガーランド)

終盤にエルドナーシュと交代して、バースト発動し終盤のダメージ減少対策に使います。

実戦

初っ端からエルドナーシュを狙ってきてくれたので、早々に「テラー」と「ワープ」を付与して封殺します。

エルドナーシュ
HP攻撃……敵の行動順にワープで割り込んだ時に使用。スリップと「エクシードランス」バフで敵のBRVをわざわざ削らなくても高いHPダメージを期待できます。

フェイズシフト……敵がエルドナーシュを攻撃対象にしたときにAアビリティを使った後に使用。敵に「テラー」デバフが4Act分付与されます。

ステラバースト……デバフアクトロングスローの効果中に使用することで、HPダメージと共に素早さダウンのデバフを期間延長した状態で付与出来ます。

オメガジャベリン……「ワープ」デバフを付与する時に使用。「ワープ」デバフは割り込む以外にも防御力ダウンの効果があるので、切らしてしまうと与えるダメージが落ちてしまうため、残り1Actの時に付与しなおす形で使うと無駄がありません。

ヴォーテクス+……敵に「テラー」デバフを付与する際に使用。「ワープ」と同じように付与します。

エクシードランス……使用後、通常アビリティ2種とAアビリティの使用回数が減らなくなります。主に、Aアビリティの効果を付与したい時に使うと敵を長期間攻撃出来なくなります。

デバフアクトロングスロー……自身のアビリティで付与されるデバフの期間を2Act延長します。Aアビリティの効果期間中は、デバフを付与出来るアビリティは惜しまず使います。

アーシェ
HP攻撃……LDアビリティ使用後に変化するクイーンオーダーの方を使用。使用時にパーティメンバー2名のターンを自身のターン後に割り込ませ、EXアビリティを発動できる状態にしてくれます。

聖光爆裂斬……魔法攻撃力アップのバフを付与する際に使用。主に自分自身の火力を上げるために使います。

北斗骨砕斬……物理攻撃力アップのバフを付与する際に使用。エルドナーシュとガーランドは物理攻撃タイプのため、相性は良いです。

天鼓雷音稲妻斬……リキャストゲージが溜まった時に惜しみなく使います。エルドナーシュのテラーと被ってしまいますが気にせず使います。

金剛夜叉無明斬……自身に付与されるバフ「高貴なる誓い」を付与しなおすタイミングで使用。このバフが付与されていないとパーティに雷聖属性が付与されず、カウント対策が出来ません。

ガーランド
ラウンドエッジ……敵全体を遅延したい時に使用します。

ソウルオブカオス……敵単体を遅延したい時に使用します。

ディザスターオブカオス……リキャストゲージが溜まったら使用します。発動時に、行動遅延するバフ「闘争の魂」が付与されます。

バインドオブカオス……初手で使って、敵の防御力・素早さをダウンさせつつガーランド自身の攻撃後に追撃が発生する「時の鎖」を付与します。

究極の闘争……終盤に使って、パーティ全体が与えるダメージを底上げします。

フレンド(ガーランド)
終盤にワープで敵ターンに割り込んだエルドナーシュと交代することで合計6Act行動が出来るようになります。

交代後はLD→BT→あとは全てLDでダメージを稼いでもらいます。アーシェのエンチャントも適用しているので、BT効果と相まって大ダメージが期待できます。

敵に終始攻撃させずに、83Actでトドメです。

まとめ

グラディオの断章なのに、グラディオが活躍できない・・・。それどころか行動遅延されてLDカウンターが全く生かせないという、グラディオ涙目なLUFENIAでした。そのうち、グラディオ入れてクリアしたいな

本クエストの対策をまとめると

・マッシュもしくは、エンチャンター&ディレイアタッカーのペアでカウント対策
・敵の防御態勢は、BRVを0に出来るコールアビリティで対策。
・敵の行動パターンで3回目のターンに全体攻撃を仕掛けてくる。エルドナーシュがいれば、そのタイミングでテラー&ワープを付与して封殺可能

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

イベントガチャ(クイーン)成果 開催期間12/8~12/22

本記事では、12/8より開催されたイベントガチャ(クイーン)で入手できる武器と筆者の成果を記載しています。

本ガチャの狙い目武器

本ガチャでは、同時に開催されたイベント「賢き力」で参戦したクイーン(零式)の相性・専用・EX・LD武器が入手できます。
※説明文はファミ通公式サイトより引用
【新キャラ参戦】クイーン性能解説【2020.12.8アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)

LD武器“エンシェントソード【零式】”

エンシェントソードを装備もしくはパッシブ化することでLDアビリティ「クロスジャッジ」が使用できます。

≪LDアビリティ≫ クロスジャッジ
・味方全員のHPをそれぞれの最大HPの40%分回復
・その後、10HIT全体近距離物理BRV攻撃+全体HP攻撃(与えるHPダメージは等倍)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの180%分)
・与えた合計HPダメージの20%分味方全員のHP回復(回復量の上限は、それぞれの最大HPの20%分)
・与えた合計HPダメージの20%分BRVを味方全員に加算
・自身に6ACT“審判の波動”付与
・使用回数は4回
強化効果“審判の波動”に関して
・味方全員に以下の効果
⇒攻撃力40%アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限20%アップ
⇒与えるHPダメージ20%アップ
⇒HPリジェネ
⇒それぞれのHPが最大HPの50%以上の時、敵の攻撃でHPダメージを受けても必ず1残る効果
⇒受けるHPダメージ30%軽減
≪強化ボード内“菩薩の如き守勢エクステンド”について≫
・“クロスジャッジ”使用時
⇒BRV攻撃のHIT数が10HITに変化し、合計BRV威力も極大アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限30%アップ(150%⇒180%)
⇒与えた合計HPダメージの20%分味方全員のHP回復(回復量の上限は それぞれの最大HPの20%分)
・“審判の波動”の2ACT期間延長(4⇒6ACT)

EX武器“ルーンセイバー【零式】”

ルーンセイバーを装備もしくはパッシブ化することでEXアビリティ「羅刹覚醒」を使用できます。

≪EXアビリティ≫ 羅刹覚醒
・自身のHPを1にし、減らしたHPの200%分BRVを自身に加算
・その後、単体HP攻撃+4HIT全体近距離物理BRV攻撃+単体HP攻撃
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの120%分)
・最後のHP攻撃HIT時、ターゲット以外にも与えた合計HPダメージの50%分のHPダメージ
・自身に3ACT特殊効果“羅刹覚醒”付与
・リキャストはややおそい
特殊効果“羅刹覚醒”に関して
・自身に以下の効果
⇒攻撃力50%アップ&与えるBRVダメージ40%アップ
⇒付与中HPが0になっても戦闘不能にならず、解除時に自身のHPを50%回復
⇒通常“BRV攻撃”“BRV攻撃+”“BRV攻撃++”が“突進攻撃”に変化
⇒通常“HP攻撃”“HP攻撃+”“HP攻撃++”が“デバステート”に変化
⇒“突進攻撃”と“デバステート”以外のアビリティが使用不可になる。

真化EX武器“ルーンセイバー【零式】”

ルーンセイバーを真化解放することで、EXアビリティも強化されます。

≪真化効果≫ 羅刹覚醒BRVヒットプラスフォースアドバンスバフロング
・“羅刹覚醒”使用時、
⇒減らしたHPに依存したBRV加算量100%アップ(200⇒300%)
⇒BRV攻撃のHIT数が6HITに変化し、合計BRV威力も極大アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限30%アップ(120⇒150%)
⇒自身に付与されている強化効果を1ACT延長
≪限界突破効果≫
(1)羅刹の如き攻勢エクステンドアタックブーストアップ
EX+武器“ルーンセイバー【零式】+”またはパッシブ“羅刹の如き攻勢エクステンド”装備時、自身の最大BRV40%アップ&攻撃力60%アップ

(2)エナジーコンボバフスタート羅刹覚醒アップ
・クエスト開始時、自身に6ACT“優等生の知識”4ACT“0組の戦術”付与
・特殊効果“羅刹覚醒”の攻撃力アップの効果50%アップ(50%⇒100%)
・特殊効果“羅刹覚醒”に自身の与えるHPダメージ20%アップの効果追加

(3)羅刹覚醒フォーススプレッド突進攻撃デバステートアップ
・“羅刹覚醒”使用時
⇒BRV威力極大アップ
⇒ターゲット以外に与えるHPダメージ30%アップ(50%⇒80%)
・“突進攻撃”使用時
⇒BRV攻撃のHIT数が6HITに変化し、合計BRV威力も極大アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%分)
⇒与えたHPダメージ依存のBRV加算量10%アップ(20%⇒30%)
・“デバステート”使用時、
⇒“3HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃を2回行う”が、“3HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃を3回行う”に変化し、合計BRV威力も極大アップ
⇒2回目のHP攻撃後に、与えた合計HPダメージの10%分自身のBRVをアップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%分)
⇒ターゲット以外にも与えた合計HPダメージの20%分のHPダメージ

◎突進攻撃
・6HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%分)
・与えたHPダメージの30%分、自身のBRVをアップさせる
・行動負荷がなく、総ACT数に加算されない(召喚中およびフレンドサポートの残りACTは消費される)
・自身に付与されている強化効果を1ACT延長
◎デバステート
・3HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃を3回行う
・2回目のHP攻撃後に与えた合計HPダメージの10%分自身のBRVをアップ
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%分)
・最後のHP攻撃HIT時ターゲット以外にも与えた合計HPダメージの20%分のHPダメージ
・行動負荷が低い
・自身に付与されている強化効果を1ACT延長

専用武器“シャムシール【零式】”

シャムシールを装備もしくはパッシブ化することでアビリティ2のエナジーコンボを強化することが出来ます。

≪アビリティ2≫ エナジーコンボ
・自身の最大BRVの30%分BRVを自身以外の味方全員に加算
・その後、6HIT全体近距離物理BRV攻撃+全体HP攻撃(与えるHPダメージは分配)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの200%分)
・自身に6ACT“優等生の知識”4ACT“0組の戦術”付与
・使用回数は5回
強化効果“優等生の知識”に関して
・自身に以下の効果
⇒最大BRV&攻撃力20%アップ
⇒通常“BRV攻撃”が“BRV攻撃+”に、通常“HP攻撃”が“HP攻撃+”に変化
強化効果“0組の戦術”に関して
・味方全員に以下の効果
⇒最大BRV&攻撃力30%アップ
⇒行動開始時 それぞれの最大BRVの20%分BRV加算
⇒加算したBRVを最大BRVを超えて加算する上限20%アップ
⇒与えるBRVダメージ20%アップ

相性武器“クレイモア【零式】”

クレイモアを装備もしくはパッシブ化することでアビリティ1の「ダッシュスラスト」を強化できます。

≪アビリティ1≫ ダッシュスラスト
・6HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%分)
・味方全員に自身の最大BRVの30%分BRVを加算
・自身に付与されている強化効果を1ACT延長
・使用回数は10回

その他入手可能な武器

クイーンの武器以外に、フランとケイトのEX武器、そして暗闇の雲のBT武器も入手できます。

尚、暗闇の雲BTは、本ガチャが入手最後のチャンスとなります。

成果

12/8

実装日は、バラとチケット10連を5回、合計54枚使ってフランの専用・EXを2つずつ、クイーン相性・専用・EXを1つずつ入手しました。写真1枚撮影し損ねてたことに今気づいた・・・。

12/9

この日は、朝に無料でマッシュLD当てて、10連では無駄にチケット消費するなと考え、バラで20枚使いました。成果はフラン相性3、クイーン相性1でした。

12/10

チケットをバラで合計24枚使って、ケイト専用と暗闇の雲BT当たりました。
パパパパーン♪パーン♪パーン♪パンパパーン♪

あとはクイーンLDを残すのみとなりました。

12/11

チケット23枚でフランの専用とEX、クイーンの相性が当たりました。

この日、レイドイベントが開催され、ティーダにBT/LD武器、覚醒80解放、LDボード、キャラ調整が加わり超強化されました。早くクイーンLD当たれ!

12/12

チケット16枚使ってフラン専用当たりました。別のイベントガチャ(レイド)ではエアリスLD出ました。何故そっちで当たったし・・・

12/13

チケット28枚をバラで回して、フランとクイーンの相性が1つずつ出ました。これ、無料とチケット5枚目に出た分です。

前日に高レアリティの武器が出たら、翌日は同等以上のレア武器は出ないという自身の運を把握してなかったため24枚無駄に散らせてしまいました。猛反省。

ちなみにこの日は、レイドガチャの方は一切回さずこちらの集中してました。

12/14

チケット計30枚使って、フラン専用、クイーン相性・EXが出ました。

フラン専用はこれで4つ目。対してクイーン専用は1つしか当たらず。そしてLDは出る気配なし。ジェムにシフトするか。

12/15

10000ジェム使って、フラン専用1、EX2、ケイト相性1、クイーン相性2出ました。

チケットからジェムでクイーンLD狙うことにしました。かなり危険ですが行きます。天井は行きたくありませんが、天井行く覚悟はできてます。

12/16

このガチャだけで88連分、40000ジェムも使ってしまいました。成果は、クイーンの相性・専用・EXが各2ずつ、フラン相性4・専用2・EX1、ケイト相性3・専用1、そして暗闇の雲BTが2出ました。

暗闇行き過ぎじゃああああああああああああああ!BTもうええわ!
クイーンLDは、どうやら闇に呑まれたみたいです(泣)

なんでこんなに回したのかというと、ティーダガチャをチケットで回してて、10枚以内にEXが2つ出たためです。これで「今日は流れが来てるな」と感じチケットからジェムにシフト、開催中の3種のガチャで大盤振る舞いしてしまいました。実際、暗闇BT2つも出たわけですし。

流れは合った。しかし欲しいものは手に入らなかった。この流れは一日二日経過しないと戻ってこないので、17日は惨敗と予想します。

12/17

前日、17日は惨敗と予想しましたが、それに反し、5000ジェムでケイト相性とクイーン相性、そしてとうとうLDが当たりました。

ようやくです。やっと終わった、長かった(´;ω;`)
これにて、クイーンガチャ終了です。

最終成果

チケット295枚と45000ジェムで、相性23、専用12、EX9、LD1、BT3出ました。このガチャだけで相当消費しました。ティーダガチャは果たしてどこまで行くのか。

ストーリーガチャ(グラディオラス断章)成果 開催期間12/3~12/17

本記事では、12/3より実装されたストーリーガチャ(グラディオラス断章)で入手できる武器と筆者の成果を記載しています。

本ガチャの狙い目武器

本ガチャでの狙い目武器は、新たに実装されたマッシュのLD武器と再販されたグラディオラスのLD武器です。マッシュは武器の実装と共にキャラ自身に調整が入り、グラディオラスも覚醒80解放とLDボードが実装されました。
※説明文はファミ通公式サイトより引用
マッシュのLD武器・LDボード実装&キャラ調整&覚醒80解放を実施! グラディオラスはLDボード実装&覚醒80解放【2020.12.3アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)

マッシュLD武器“ドラゴンクロー【Ⅵ】”

マッシュがこの武器を装備もしくはパッシブ化することでLDアビリティ「タイガーブレイク」が使用できます。

≪LDアビリティ≫ タイガーブレイク
・防御力無視の4HIT風聖属性全体魔法BRV攻撃+単体HP攻撃を3回行う
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの180%分)
・ターゲット以外にも与えた合計HPダメージの50%分のHPダメージ
・自身に4ACT“闘魂解放”4段階(上限4)、“猛虎の闘気”付与
・最初のHP攻撃時に敵全体に4ACT“風聖耐性ダウン”付与
・使用後、次の行動時にアビリティの使用回数を消費しない(一部のアビリティを除く)
・使用回数は3回
強化効果“猛虎の闘気”

・自身に以下の効果
⇒攻撃力40%アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限20%アップ
⇒“闘魂解放”の段階が減少しなくなる
⇒属性弱点を突いた際にBRVダメージ30%アップ
⇒与えるHPダメージ30%アップ
・対象をブレイクするorブレイク中に攻撃する度に、自身に付与されている“猛虎の闘気”“闘魂解放”の期間を1ACT延長(1回の行動で1ACTのみ)
・“闘魂解放”3段階以上“猛虎の闘気”付与中、
⇒通常“BRV攻撃”“BRV攻撃+”が“BRV攻撃(猛虎の闘気)”に変化
⇒通常“HP攻撃”“HP攻撃+”“HP攻撃++”が“HP攻撃(猛虎の闘気)”に変化

◎BRV攻撃(猛虎の闘気)
・3HIT風聖属性魔法BRV攻撃+HP攻撃
・ゴースト種にWEAKが発生
・与えたHPダメージの50%分、自身のBRVをアップさせる
・自身に付与されている“猛虎の闘気”を1ACT延長する

◎HP攻撃(猛虎の闘気)
・3HIT風聖属性魔法BRV攻撃+HP攻撃
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの120%分)
・ターゲット以外にも50%分のHPダメージ
・自身に付与されている“猛虎の闘気”を1ACT延長する

≪LDボード内“世界平和のための力エクステンド”について≫
・“タイガーブレイク”使用時、“4HIT風聖属性全体魔法BRV攻撃+単体HP攻撃を2回行う”が、“4HIT風聖属性全体魔法BRV攻撃+単体HP攻撃を3回行う”に変化し、合計BRV威力も極大アップ

グラディオラスLD武器“ブラレーナ【XV】”

グラディオラスがこの武器を装備もしくはパッシブ化することでLDアビリティ「ライジングインパルス」が使用できます。

≪LDアビリティ≫ ライジングインパルス
・自身に自身の攻撃力の200%分BRVを加算
・その後、3HIT全体近距離物理BRV攻撃+全体HP攻撃+8HIT全体近距離物理BRV攻撃+全体HP攻撃(与えるHPダメージは分配)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの200%分)
・与えた合計HPダメージの20%分BRVを味方全員に加算
・自身に3ACT“ジャストガード”、自身以外の味方全員に10ACT“ロイヤルガード”付与
・使用回数は3回
強化効果“ジャストガード”に関して

・自身の受けるBRVダメージおよびHPダメージを100%軽減し、弱体回避率100%アップ
・自身がBRV攻撃またはHP攻撃を受けた際、カウンターが発動
・自身の与えるBRVダメージ20%アップ

◎カウンター
・自身に自身の攻撃力の150%分BRVを加算し、3HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%分)
・攻撃をした対象以外にも50%分のHPダメージ
・攻撃をした対象に与えたHPダメージの20%分BRVを味方全員に加算
・攻撃をした対象に8ACT“ノックダウン”付与

弱体効果“ノックダウン”に関して
・対象の攻撃力&防御力40%ダウン

≪LDボード内“王を守る盾エクステンド”について≫
・クエスト開始時 自身に
⇒最初の行動時、行動負荷がなくなる
⇒最初の行動時、総ACT数に加算されない(召喚中およびフレンドサポートの残りACT数は消費される)
・“ライジングインパルス”使用時、
⇒“8HIT全体近距離物理BRV攻撃+全体HP攻撃”が、“3HIT全体近距離物理BRV攻撃+全体HP攻撃+8HIT全体近距離物理BRV攻撃+全体HP攻撃”に変化し、合計BRV威力も極大アップ
⇒自身以外の味方全員に10ACT“ロイヤルガード”付与
・“ジャストガード”に以下の効果が追加
⇒自身の与えるBRVダメージ20%アップ

その他入手できる武器

マッシュとグラディオラスのLD武器の他に、マッシュ、ヴェイン、グラディオラスのEX武器。そして、暗闇の雲のBT武器も入手できます。

成果

12/3

実装初日はチケット10連を3回まわして、グラディオ相性、マッシュ専用、ヴェインEXが出ました。

一枚ずつ回すか10枚まとめて回すか、どちらの方が出やすいのか?

12/4

チケット合計24枚使ってグラディオ相性1でした。この日は消費枚数の割に辺りが少なかったです。

12/5

チケット30枚で、マッシュの相性とEXが1つずつ、ヴェインEXが2つ当たりました。EX当たるけどLDが出ません。

12/6

この日は、10枚分を単発で、20枚を10連で回しチケット合計30枚使いました。が、昨日と違って大ハズレ。ショックだ・・・

12/7

チケット10連を3回まわして、マッシュの相性とEXが1ずつ、グラディオEXが1当たりました。前にも似たような成果があったような?

12/8

この日は、単発と10連を織り交ぜて合計81枚回しました(回しすぎ)

成果は、マッシュ専用が1、ヴェインの相性と専用が1つずつ、グラディオの相性1、EX1、そしてLDが2手に入りました。

ようやく、LDが出ました。が、グラディオの方は実装当時に入手済みであるため、目的のマッシュLD当たらず・・・。

12/9

朝ガチャの無料を回したら、当たりました。

目的の武器が当たったのは嬉しいんですが、昨夜の暴走を考えると素直に喜べない当たり方。暗闇の雲BTが残っていますが、次回のガチャでも狙えるので、撤退します。

次に実装されるガチャでは、早めに当たりますように。

最終成果

チケット225枚使って、相性6、専用3、EX7、LD3当たりました。EXが相性と専用より出るという快挙(?)。パワーピースに変換するかナゲットにするか迷います。

新・幻獣界ブラザーズLUFENIA難易度クリアメンバー3名紹介

本記事では、11/30に開催された新・幻獣界ブラザーズのLUFENIA難易度に出現する敵の対策とクリアメンバーを記載しています。

敵情報

ミノタウロス〈マテリアル〉&セクレト〈マテリアル〉

弱点・耐性

属性弱点・耐性土属性吸収
デバフ弱点・耐性なし

特徴と対策

BRV回復不可は行動遅延させて解除

クエスト開始時とリキャストアビリティ使用後、HP80%未満になった時にこちらのBRV回復が出来なくなる状態になります。

この状態は、アビリティの効果でセクレトを3ターン分行動遅延にすることで解除されます。1回の行動で3ターン分も行動遅延できるのは暗闇の雲の「零式波動砲」だけなので、BRV供給を活用して挑む場合、暗闇の雲の編成&育成は必須となります。

ちなみにセクレトは、デカい方になります。

セクレト行動後にミノタウロスのターンが回ってくる

セクレトの攻撃は全部で4種類ありますが、それら全てに、相方のミノタウロスのターンを持ってくる効果があります。

ミノタウロスの行動の中に回復の「ケアル」がありますが、これを阻止しようと躍起になってもセクレトがターンを持ってきてしまいます。

最悪のパターンなのが、敵の行動順がA・Bの時です。Bの攻撃終了後、即Aのターンが来て3連続行動されしまうので、行動遅延するのはBのセクレトのみにしておくと連続行動は阻止できます。

HPを一定量減らすとブラザーズに合体

ミノタウロスとセクレトのHPを70%未満まで減らすと、ブラザーズに「合体」します。

どちらか片方を減らしても合体してくれるそうですが、ステータスアップされてダメージが通りづらくなり、時間が掛かってしまうので2体のHPを減らす方が結果的に早く合体してくれます。

ブラザーズ〈マテリアル〉

弱点・耐性

属性弱点・耐性土属性吸収
デバフ弱点・耐性かからないデバフ:素早さダウン・行動負荷アップ

カウント

出現条件合体時
消滅条件なし
増加条件効果で行動順が下がった時2、3つ以上下がった時15増加(上限15)
減少条件プレイヤー行動時1、カウント対象行動時5増加

特徴と対策

合体したら完封戦術で倒す

合体後は、パーティ編成の都合上毎ターン敵を行動遅延していたため、何をしてくるのかわからずじまいでした(笑)。

敵にターンを回さないということで、防御力ダウンのデバフを付与してこちらが与えるダメージを上げて、完封戦術に持ち込みます。

スコア&ミッション

スコア990000以上でクリア
ミッション・戦闘不能にならずにクリア
・90Act以内にクリア
・被HPダメージ8000以下でクリア

パーティメンバー

行動遅延を主目的として、メンバーは暗闇の雲、レイル、ガーランドを選択。フレンドはシェイドさんのガーランドを連れていきました。シェイドさん、ありがとうございます。

暗闇の雲

恩恵 LD/真化完凸/第2防具真化完凸 ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:ジャック

アタッカー役。本クエストの主役です。「零式波動砲」でBRV回復不可の解除とカウント対策を行います。

Cアビリティのジャックは、敵の合体後に呼び出しパーティの火力を底上げしてもらいます。

レイル

BT/LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:クァイス

吹き飛ばし役。引力デバフで敵が吹き飛びやすくなるので、エナジーゲインで無理やり吹き飛ばして1行動で与えるダメージを多くします。

Cアビリティのクァイスは、合体後にLDコールしてBRV漏出デバフを付与します。

ガーランド

BT/LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:ティファ

デバフアタッカー役。LDアビリティで付与される時の鎖で敵の素早さと防御力を減らします。また、闘争の魂バフが付与された状態の全攻撃は、行動遅延効果があるため、カウント対策となります。この効果は吹き飛ばし追撃でも適応されます。

Cアビリティのティファは、LDコールしたキャラが与えるHPダメージを上昇させる効果があるので、火力の底上げが出来ます。

フレンド(ガーランド)

ダメージが減少する終盤に自前のガーランドと交代して、BT効果で火力を維持します。

実戦

暗闇の雲

隔たりの触手……敵をブレイクする際に使用。特殊効果「闇」のカウント増やしつつ、さらに破壊による均衡バフが付与されていれば連続行動が出来ます。

広角式 波動砲……前半のセクレト&ミノタウロス戦で使用。敵2体を遅延したい時に使います。特殊効果「闇」のカウントが5になると「零式 波動砲」に変化します。使いすぎて、使用回数を0にしないよう注意

零式 波動砲……「急襲式 波動砲」使用後と後半のブラザーズ戦に使用。前半戦では、BRV回復不可の状況時に使いそれを解除。後半戦では、カウント対策で使いますが、撃てる時はどんどん撃ちます。

高射式 波動砲……リキャストが溜まったら使用。これでブレイクに成功すると「闇」カウントが早く溜まります。

急襲式 波動砲……「破壊による均衡」バフが切れた時に使用。このバフが付与されている間、ブレイクに成功するとAct加算無しの連続行動が出来ます。

レイル

フィールドダウン……吹き飛ばしマークがついている敵に対して使用。ブレイブをパーティに付与しつつ吹き飛ばせます。

エナジーゲイン……吹き飛ばしマークがついていない敵に使用。無理やり吹き飛ばしてダメージを与えます。

ゲイ・ボルグ……マークがついていない敵に使用。EXアビリティではBRVが供給されないことに注意。

ジオインパクト……初手と特殊効果の付与に使用。自身が吹き飛ばした際、パーティの行動順がバラバラでも全員が追撃に参加できます。

エンドフォーユー!……終盤、フレンドのBT効果適用中に使用。使用後、パーティ全員の攻撃で吹き飛ばしが発生しやすくなります。

ガーランド

ラウンドエッジ……前半戦に使用。前半は2体、後半は1体という構成なので、前半戦で全て使い切っても構いません。

ソウルオブカオス……後半戦の主武器。

ディザスターオブカオス……リキャストゲージが溜まったら使用。

バインドオブカオス……初手と特殊効果の付与に使用。特殊効果「時の鎖」付与中は、敵の素早さ・防御力がダウンし、自身の攻撃後、追撃が発生し1行動に与えられるダメージがアップします。

究極の闘争……フレンドのガーランドで使用。こちらのターンが連続で訪れる限り、段階式にパーティの与えるダメージがアップします。

フレンド(ガーランド)
LD→BT→LD→LD→LDの順に使用。自前のガーランドと交代時、「時の鎖」の効果が一時的になくなるため、バフを掛けなおす意味で最初にLDを使います。

85Act。暗闇の雲の追撃でトドメとなります。

まとめ

90Act

本クエストの対策をまとめると

・カウント対策に行動遅延が出来るメンバーを複数編成。
・行動遅延させるのはセクレトのみ。ミノタウロスはセクレトの攻撃後に連続で行動してくる。
・2体のHPが70%を切ると合体する。合体後は完封戦術で倒す。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

イベントガチャ(新・幻獣界①)成果 開催期間11/30~12/14

本記事は、11/30に開催されたイベントガチャ(新・幻獣界①)で入手できる武器と筆者の成果を記載しています。

本ガチャの狙い目武器

本ガチャでの狙い目の武器は、暗闇の雲のBT武器“絶夢の魔手【Ⅲ】”とLD武器“双竜の魔手【Ⅲ】”です。
※説明文はファミ通公式サイトより引用
https://www.famitsu.com/matome/dffoo/update176.html

暗闇の雲BT武器“絶夢の魔手【Ⅲ】”

“絶夢の魔手【Ⅲ】”を装備もしくはパッシブ化することで暗闇の雲は、BTアビリティ「超波動砲」を使用することが出来ます。

◎超波動砲
・15HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃(与えるHPダメージは分配)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・与えるBRVダメージ上限が9999を20%分突破可能(11998まで)
・奪ったBRVが最大BRVを超えて199998まで加算でき、与えるHPダメージ上限も99999を100%分突破可能(199998まで)
・使用後、以下のバースト効果を5ACT付与

≪バースト効果≫
味方全員が敵をターゲットとして行動後、そのターゲットに暗闇の雲の以下の行動が追加発動(1回の行動での追加発動は1回のみ。カウンター、追撃を除く)

◎バースト効果による追加攻撃
・5HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃(与えるHPダメージは分配)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%分)
・与えた合計HPダメージの30%分 自身のBRVをアップさせる
・自身に特殊効果“闇”1加算(上限5)。対象ブレイク時、さらに自身に特殊効果“闇”1加算(上限5)
・この追加攻撃では吹きとばしは発生しない
・同一キャラクターのバースト効果は先に付与したキャラクターのみ発動

暗闇の雲LD武器“双竜の魔手【Ⅲ】”

“双竜の魔手【Ⅲ】”を装備もしくはパッシブ化することで暗闇の雲はLDアビリティ「急襲式 波動砲」を使用することが出来ます。

≪LDアビリティ≫ 急襲式 波動砲
・対象のブレイク状態を解除し、4HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃を3回行う(与えるHPダメージは分配)
・最後のHP攻撃を除くHP攻撃後、与えた合計HPダメージの20%分自身のBRVをアップさせる
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%分)
・自身に12ACT“破壊による均衡”付与
・自身に特殊効果“闇”5加算(上限5を超えて加算可能)
・使用後、“隔たりの触手”の使用回数+1(上限あり)
・使用回数は4回

強化効果“破壊による均衡”に関して
・自身に以下の効果
⇒攻撃力20%アップ
⇒与えるHPダメージ20%アップ
⇒クリティカル時与えるBRVダメージ50%アップ
⇒対象ブレイク時、行動負荷がなくなり、総ACT数に加算されない追加行動が可能(バーストモード中は発生せず、バーストモード終了後に1回のみ発生。追加行動で対象をブレイクしても 追加行動は発生しない。バーストモード中 召喚中およびフレンドサポートの残りACTは消費される)
・“カウンター”に以下の効果が追加
⇒3HIT魔法BRV攻撃+HP攻撃に変化し、合計BRV威力も大アップ
⇒与えたHPダメージの30%分 自身のBRVをアップさせる
※“カウンター”は自身に強化効果“無に帰す力”付与中にHP攻撃を受けると発動

特殊効果“闇”に関して
・付与されている段階×10%の、自身の攻撃時最大BRV上限突破効果(上限5を超えて加算されているとき、5の状態より効果は上昇しない)
・“闇”5以上の時、自身の与えるHPダメージ10%アップ

その他の当たる武器

本ガチャは暗闇の雲のBT/LD武器の他に、暗闇の雲、雷神、バルフレアのEX武器も当たります。

成果

11/30

今日はチケット19枚使って、雷神とバルフレアの相性武器が当たりました。バルフレアに関しては、初めてチケット10枚で回しました。

12/1

チケット合計26枚使って、バルフレア専用と暗闇の雲相性が当たりました。チケット10連は見事にハズレ(汗)。消費量少なめにしつつ星5狙うなら、やはり単発の方がいいか。

12/2

深夜にチケット12枚と10000ジェム使って、バルフレアの専用とEX、暗闇の雲の相性2、専用1、雷神のEXが当たりました。

バルフレアEXがチケット1枚目で出たから、これは暗闇BT/LDどちらか行けるかと思ってジェム投資したんですが、出ませんでした。

12/3

久々に朝ガチャ回しました。無料で暗闇の雲相性。そしてチケット10連で暗闇の雲LDキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

BTは本日から始まるグラディオ断章ガチャで、マッシュLDと一緒に狙っていくので、このガチャを回すのはこれにて終了となります。

最終成果

チケット67枚と10000ジェム使って、相性6、専用3、EX2、LD1入手しました。

次元の最果て:超越Stage3クリアメンバー紹介

本記事では、次元の最果て:超越Stage3の敵情報とクリアメンバーを記載しています。

関門クエスト1

敵情報

ルナティック・アンセスターⅹ3

ミッション
スコア980000以上
ミッション・戦闘不能にならずにクリア
・70Act以内にクリア
・黄クリスタルのキャラを1人編成してクリア
弱点・耐性
属性弱点・耐性闇属性耐性
デバフ耐性無し
特殊カウント
出現条件HPが80%未満になった時
消滅条件なし
増加条件カウント対象が吹き飛ばされた時5増加(上限:20)
減少条件プレイヤー行動時1、カウント対象行動時2減少
特徴と対策

・全体攻撃対策用に回復役を編成

敵が使ってくる全体攻撃「ブレイズブレス」は、連続で使われると全滅する恐れがあります。なので、HPダメージを軽減できるバフが使える盾役を1人編成しておくと、全滅のリスクが減ります。

・カウント15前後になったら定期的に吹き飛ばす

カウントの増加数は5とやや多めです。カウント20近くで吹き飛ばしまくってもこっちが息切れするので、5カウント丸々増えるように15辺りまで減ったら吹き飛ばすようにすると楽に対策出来ます。

パーティメンバー

関門1のパーティメンバーは、レイル、ナイン、風神で挑みました。

レイル

恩恵 BT/LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:クァイス

吹き飛ばし役。カウント対策とミッション達成条件である黄クリスタルキャラです。レイルが付与する引力デバフで、敵が吹き飛びやすくなるのでカウント対策がより楽になります。

Cアビリティのクァイスは、召喚を使う前にLDコールしてBRV漏出デバフを付与。召喚中に吹き飛ばしまくってBRVバックしてもらいます。

ナイン

LD/真化完凸/第2防具真化完凸 ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:ラムザ

盾役兼ヒーラー。敵の全体攻撃対策に採用。ALLが見えたらLDとアビリティ1の咆哮を使って、味方をHPダメージから守ります。

Cアビリティのラムザは、緊急のカウント対策。ノーマルコールとLDコールを連続で使い吹き飛ばし追撃時のダメージを稼ぎます。

風神

LD/真化完凸/第2防具真化完凸 ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:パンネロ

吹き飛ばし兼風エンチャンター。レイルと同じくカウント対策で採用。さらに風エンチャントでパーティ全体の火力を底上げします。

Cアビリティのパンネロは、BRV供給用です。レイルのバースト発動前にノーマルコール出来ていれば、バースト中のHPダメージも多少アップできます。

実戦

敵が3体な上、Actミッションも70以内と時間を掛けられないので、LDアビリティは惜しみなく使っていきます。

写真のように、序盤から敵が全体攻撃を仕掛けてくるので、ナインは大活躍です。咆哮のバフは切らさないようにしましょう。

レイルも、LDを初手から使い、敵の行動順に関係なくパーティ全員に吹き飛ばし追撃に参加できるようにします。

風神も同様に、初手でLDアビリティを使いBRV供給して吹き飛ばしのダメージを底上げします。

カウント対策は上述の通り、15辺りになったら吹き飛ばすを繰り返します。そうすることで、後半、カウントが10辺りまで減ってもレイルのバーストや召喚で慌てずに対処できます。

召喚中の風神のターンでトドメとなります。

関門クエスト2

敵情報

ルナティック・キングベヒーモスⅹ2

ミッション
スコア970000以上でクリア
ミッション・戦闘不能にならずにクリア
・80Act以内にクリア
・白クリスタルキャラを1人編成してクリア
弱点・耐性
属性耐性無し
デバフ耐性無し
カウント
出現条件バトル開始時
消滅条件なし
増加条件強化効果で受けるHPダメージを軽減した時6増加(上限:17)
減少条件プレイヤー行動時1、カウント対象行動時2減少
特徴と対策

・全体攻撃とカウント対策は同時に行える

戦って最も厄介なのが、連続で仕掛けてくる全体攻撃です。

全体攻撃は、スピンテイル・メテオの2種類を連続で使ってきます。スピンテイルはあまりダメージは出ませんが、メテオは一撃で瀕死に追い込まれる威力があるので、使われる前にしっかりと対策します。

この全体攻撃は、カウントを増加させるにはうってつけです。増加条件を要約すると「HPダメージ軽減バフを付与したら、敵にターンを回してHP攻撃を受けろ」と言っています。

カウントは増加条件を満たしていれば、攻撃を仕掛けていない方も増加します。さらに全体攻撃の場合、HPダメージを受けたキャラⅹ6カウント増加するので、カウント1の時にメンバー全員がHPダメージを受けた場合、HPダメージ軽減バフが付与されていれば、一気に上限まで増加します。(そこまでカウントをほったらかしにしないと思いますが)

・豪咆哮で付与されるバフはデバフで押し出す

全体攻撃の他に厄介なのが、HPリジェネを含む6種類のバフを付与する豪咆哮です。すべてのバフの有効期間は3Actです。特にHPリジェネはターンを回すと10万回復されてしまいます。

対策方法は、メンバーにコールしただけで銀フレームデバフを複数付与出来るCアビリティをセットしておきます。お薦めなのはファリスとカイアスです。完全体だった場合、付与されるデバフが全て銀フレームです。

コールした後も豪咆哮は使ってきますが、今度は付与されるバフ自身がHPリジェネを押し出すので銀フレームが付与されている間、豪咆哮は大して気にならなくなります。。

パーティメンバー

関門2のパーティメンバーは、ストラゴス、クラサメ、ポロムを編成しました。

ストラゴス

LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:WOL

アタッカー役。他にも候補はいましたが、バースト持ちのキャラを少し節約しようと思い選択しました。

CアビリティのWOLは、全体攻撃対策のためにセット。特に後半戦、敵の全体攻撃がポロム一人では間に合わなかったため、セットしておいて正解でした。

クラサメ

LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:カイアス

氷エンチャンター役。専用デバフ「氷牢」「アイスピラー」でHPダメージアップ&追撃。さらにLDボード実装でパーティが氷属性攻撃を行うので火力が底上げされます。

Cアビリティのカイアスは、豪咆哮対策。クラサメ自身が付与するデバフと合わせて6枠埋めることが出来ます。

ポロム

LD/]真化完凸/第2防具真化完凸 ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:ファリス

ヒーラー役。カウント対策とミッション達成の白クリスタルキャラ枠で採用。新たに実装されたLD武器でポロム自身の火力も上がり、攻守とも高水準でまとまったキャラとなりました。

Cアビリティのファリスは、豪咆哮対策。さらにノーマルコールの砲撃は、防御力大ダウンの効果があるので、後半戦の火力維持に貢献してくれるので、豪咆哮以外でも活躍してくれます。

実戦

敵は2体ですが、結構タフなので関門1と同様に序盤からLDアビリティを使っていきます。

ストラゴスは、ソウルオブサマサを終始切らさないように立ち回ります。れんぞくまを逐一挟んで攻めると、ギリギリ保ちます。

クラサメは、氷牢デバフをなるべく段階3以上を維持するよう立ち回ると高いダメージを保てます。LDアビリティとEXアビリティを早めに使って、自身でも高火力が出せるように準備します。

ポロムは、LDアビリティを初手に使い、自身の行動後に追撃の全体HPダメージが発生するよう準備します。そうすることで、ダメージだけでなくパーティのBRVが供給されるようになるので、常に高いダメージを与えられるようになります。

敵の全体攻撃は、HP80%を切った後から使ってくるので、80%を切ったらポロムのEXアビリティの使用タイミングは、全体攻撃を使ってくる直前にしておくと、被害を最小限に抑えられます。

関門2は、クラサメのAアビリティでトドメ。72Actクリアとなりました。

決戦クエスト

敵情報

ミッション

スコア970000以上でクリア
ミッション・戦闘不能にならずにクリア
・100Act以内にクリア
・被HPダメージ15000以下でクリア

ルナティック・スパインクラッドⅹ2

弱点・耐性
属性弱点・耐性なし
デバフ弱点・耐性なし
特徴と対策

・全体攻撃をHPダメージ軽減とブレイクで対策

関門2の時と同様、強力な全体攻撃を仕掛けてきます。使用前に「チャージ」を使い6種類のバフを付与、さらにBRVを70000以上というふざけた数値を加算するので、撃たれる前にブレイクもしくはHPダメージ軽減のバフを付けて耐えます。

付与されるバフの中に、攻撃力アップ・防御力アップ・クリティカルアップがあるので、デバフで押し出すことが出来れば、こちらが受けるダメージを減らすことが出来ます。

・吹き飛ばせるキャラを編成して10万以上のダメージを出す。

HPが50%を切ると「集中」を使ってきて攻撃力・防御力を上げてきます。この状態は吹き飛ばして10万以上のダメージを与えると解除されます。

強制的に吹き飛ばせるキャラを編成して、早めにこの状態を解除しましょう。

ルナティック・スネークポッドⅹ2

弱点・耐性
属性弱点・耐性水属性吸収
デバフ耐性なし
カウント
出現条件HP80%未満になった時
消滅条件なし
増加条件プレイヤーがHPリジェネで回復したとき2増加(上限:12)
減少条件プレイヤー行動時1、カウント対象行動時2減少

・激流+を対策出来れば比較的楽

敵のHPが80%・50%を切った後に、敵は全体攻撃の激流+を使ってきます。この時、敵の行動順にフレームが付き、ブレイク以外での行動遅延が出来なくなります。ただ、同時に敵の行動順も3枠ほど下がるので、その間にHPダメージ軽減バフやシールドを付与して対策します。

・カウントはHPリジェネが使えるキャラを編成すれば無いも同然

カウントは、こちらのターンが回ってきた時にHPリジェネが発生すればそのキャラの行動終了時に増加します。HPリジェネを付与出来るキャラを編成すればカウントは無いも同然になるので、他の対策に専念できます。

パーティメンバー

決戦のメンバはー、レイル、ストラゴス、ポロムを編成しました。

レイル

恩恵 BT/LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:クァイス

吹き飛ばし役。1戦目の集中対策。そして、BT恩恵によるパーティのステータスアップのために採用。

Cアビリティのクァイスは、召喚発動の前にLDコールして召喚中の吹き飛ばし後はレイルのLD効果と合わせて大量のBRVバックをできるようにします。

ストラゴス

LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:WOL

アタッカー役。1戦目で大量に所持されたBRVブレイクする目的で採用。他にも強制ブレイクによる遅延で、吹き飛ばすことが出来ればパーティ全員を追撃に参加させることもできます。

CアビリティのWOLは、激流+対策。関門2と同じように、ポロムでは間に合わなかったときにLDコールして、HPだけでなくBRVも守ってもらいます。

ポロム

LD/]真化完凸/第2防具真化完凸 ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:ファリス

ヒーラー役。1・2戦共に、全体攻撃が厄介なためEXアビリティで付与されるHPダメージ軽減で対策します。

Cアビリティのファリスは、1戦目のチャージ対策。バフ枠ではなく大量に加算されるBRVを魅了の舞デバフで0に出来ます。

実戦

1戦目

メンバー全員LDを使っていきます。というより、1戦目の方が2戦目より厄介でした。

レイルは、LDを使った後は積極的に敵を吹き飛ばしていきます。

ストラゴスは、Aアビリティでソウルオブサマサを付与した後は、それを切らさないように立ち回ります。

ポロムは、LDを使った後はEXアビリティをいつでも使える状態にします。敵の全体攻撃はチャージの後に使ってくるので、その後にEXアビリティを使うとダメージを抑えられます。

1戦目終盤、敵の全体攻撃対策が間に合わなかったため、レイルバースト発動。最後の全体攻撃を撃たれる前に倒して2戦目突入です。

2戦目

2戦目はレイルのBT効果が付与された状態で突入。ポロムのバフで常時HPリジェネが発生しているので、敵のカウントは全く気にせず戦えました。残った問題の激流+をしっかりと防いで臨みます。

召喚最後のターン。ポロムのターンでトドメとなります。

イベントガチャ(次元の最果て:超越)成果 開催期間11/25~12/9

本記事では、11/25から開催されたイベントガチャ(次元の最果て:超越)の狙い目武器と筆者の成果を記載しています。

本ガチャの狙い目武器

本ガチャでの狙い目武器は、実装されたポロムのLD武器になります。
※説明文はファミ通公式サイトより引用
ポロムのLD武器・LDボードが実装!【2020.11.25アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)

ポロムLD武器“ニルヴァーナ【Ⅳ】”

≪LDアビリティ≫ ふたりがけWフレア
・味方全員のHPをそれぞれの最大HPの50%分回復(最大HPを超えてHP回復する。上限は対象の最大HPの30%分)
・その後、味方全員に自身の最大BRVの50%分BRVを加算し、5HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃を2回行う(与えるHPダメージは分配)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・加算したBRVを最大BRVを超えて加算する(上限はそれぞれの最大BRVの150%分)
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの180%分)
・最初のHP攻撃後、与えた合計HPダメージの20%分自身のBRVをアップさせる
・自身に12ACT“双子の信念”付与
・使用回数は3回

強化効果“双子の信念”に関して
・味方全員に以下の効果
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限50%アップ
⇒加算したBRVを最大BRVを超えて加算する上限30%アップ
⇒HPリジェネ効果
⇒最大HP20%アップ
⇒それぞれのHPが最大HPの50%以上の時、HPダメージを受けても必ず1残る
⇒それぞれのHPが最大HPの100%以上の時、受けるBRV加算量20%アップ
・ポロムの行動後に““双子の信念”による追加攻撃”発動

◎“双子の信念”による追加攻撃
・敵全体のBRVを自身の現在HPの100%分減らし
・敵全体に味方全員の現在HP合計の100%分のHPダメージ(与えるHPダメージは分配)
・自身のBRVは消費しない
・与えた合計HPダメージの20%のBRVを味方全員に加算
・この攻撃で吹きとばしとブレイクは発生しない。

その他の武器

ポロムLDの他に、このガチャでのおすすめ武器は、ポロム、ルールー、キングそれぞれのEX武器の他に、レイルのBT武器となります。

成果

このガチャで欲しい武器は、ポロムLDのみです。

11/25

無料11連とチケット2枚使っての成果です。

無料11連では、キング専用とポロムEX2本当てるという快挙です。ありがとうございます。

そして、チケット2枚で本命のポロムLDが出ました。もっと長引くと思いましたが、節約できてよかった。

本ガチャはこれで終了となります。

最終成果

無料11連とチケット2枚で、専用1、EX2、LD1出ました。