DFFOO

【DFFOO】次元の最果て:超越開催

あよあんです。本ブログに来ていただき、ありがとうございます。

6月に行われた、「次元の最果て:混沌」の完結記念キャンペーンが7月27日に終了し、それに入れ替わる形で、次元の最果て:超越が開催されました。

本記事では、次元の最果て:超越の概要を記載します。

超越への挑戦条件

「次元の最果て:超越」に挑むには、事前に「次元の最果て:混沌」の5層までを全てパーフェクトクリアしておく必要があります。

常設クエストのため、期間限定の報酬であるガチャチケットが欲しくなければ急いでクリアする必要はありません。キャラが充分育ってから挑戦するのがベターです。

全体恩恵

超越では、BT武器を装備したキャラを1人編成すると、全体恩恵が発動して、パーティメンバー全員のステータスが強化されます。

BT武器の装備者=恩恵キャラというわけですね。

ただし、2人以上編成しても強化の重複はしないので、1.2人入れる程度が良いでしょう。

超越のクエスト構成

次元の最果て:超越では、1つのステージに2つの関門クエストと決戦クエストが存在します。

そして、ステージ内に存在する関門クエストを全てパーフェクトクリアすると決戦クエストに挑戦できます。

決戦クエストには、同じステージの関門クエストに出撃したキャラクターのみが編成できます。

つまり、関門クエストをパーフェクトクリアしたキャラ達の中から3人選んで挑むということです。

写真を見ると、関門クエストはセシル(パラディン)、セオドア、フリオニール、クァイス、ガブラス、クラウドでクリアしています。

決戦クエストには、その6人の中から3人選んで挑戦します。

注意点

関門クエストをパーフェクトクリアした時に編成していたキャラは出撃制限が掛かります。

出撃制限の掛かったのキャラを、超越内の他の関門クエストに出撃させてパーフェクトクリアすると、最初にパーフェクトクリアしていた関門クエストのパーフェクトクリアがリセットされてしまいます。

決戦クエストも同様に、条件を満たすとパーフェクトクリアがリセットされてしまいます。

決戦クエストのパーフェクトクリアがリセットされる条件は下記になります(原文まんま)

①同じステージの関門クエストのパーフェクトクリアがリセットされた場合
②パーフェクトクリア済みの決戦クエストに出撃したキャラを外して同じステージの関門クエストを再度パーフェクトクリアした場合

①の理由は言わずもがな。決戦クエストへの挑戦条件が、ステージ内の関門クエストを全てパーフェクトクリアなので、リセットされたのなら、関門クエストのパーフェクトクリアをやり直す必要があります。

②の理由は、決戦クエストに出撃できるキャラは、関門クエストをクリアしたキャラの中から選ばれるからですね。関門クエストをクリアしたキャラが変われば、決戦クエストへ挑戦できるキャラも変わるので、新しくクリアしたキャラたちが挑戦する資格を得るわけです。

リセットされる場合、クエストに挑戦する直前にゲーム側からリセットされても良いか訊いてくるので、うっかりクリアしてしまったということにはならないので、その点は配慮されててありがたいですね。

その他ミッション内容

関門クエストには、特定のクリスタル色のキャラを編成するミッションが設けられています。パーフェクトクリアすることで決戦クエストの扉が開かれる仕様上、ミッション内容を見逃さないよう注意が必要です。

終わりに

以上で、次元の最果て:超越の概要説明を終了します。

敵が強くなっている分、報酬もハイガードメダル複数人分貰えるので、やりがいのあるイベントとなっています。私もなるべくクリアするよう努めて、攻略報告出来るよう頑張っていきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【DFFOO】セオドア参戦第3部1章~後編~「ふたつの月 満ちる刻」

あよあんです。本ブログに来ていただき、ありがとうございます。

本日、ストーリークエスト第3部1章~後編~「ふたつの月 満ちる刻」が実装されました。

同時にYoutubeにて、セオドアの紹介動画が公開されました。声優は下野紘さんです。CVは本ゲームで初実装となります。

これで、ノクティスやリリゼット、ガブラスでバカテス(声優)パーティが組めます。

また、ストーリークエストが増えたことで、新たにストーリーガチャが設けられました。第3部開催記念キャンペーンで初回のみ無料で回せます。

セオドアの武器がピックアップされているので、全種類狙っていこうと思います。他にもオニオンナイトのBT、シド、アルフィノが当たります。しかし、槍使いの武器を実装するなら同じナンバリングのカインでも良かったんじゃあ・・・。何でシド?最近、活躍してないからかな?

ピックアップされた意図は不明ですが、最終難易度の敵を攻略する際のヒントになるかな?

しかし、前編のLUFENIA難易度がまだクリア出来てない身なので、後編に挑むのはクリア後にしようと思います。(変な所にこだわります)クリアしたら、報告します。相当苦戦していますが、頑張ります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【DFFOO】オペオペEX第2弾公開 新武器と新キャラを紹介

あよあんです。ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

本日、YoutubeでDFFOO公式番組「オプティマスオペレーションEX」の第2弾が公開されました。

第1弾が公開されてからそんなに経っていない気がします。早いものです。

今回は動画内で紹介があった、新装備と新キャラに関して書いていこうと思います。

目次

新たなBT/LD武器実装者はオニオンナイト

FFⅣTAより新キャラ・セオドア参戦

終わりに

新たなBT/LD武器実装者はオニオンナイト

第3部ストーリーが開始されると同時に実装される、新たなBT/LD武器が発表されました。やっぱりというか何というか、オニオンナイトでしたね。

武器の性能に関してもLD武器だけですが動画内で発表されていました。

アビリティの性能が前代未聞で、氷耐性ダウンはオニオンナイトの性能上当たり前として、メンバー全員の行動順を自身のすぐ後に割り込ませるだけでなく、通常アビリティとAアビリティにアスピル効果を与えるというもの。

Aアビリティがアビリティリカバリー系のキャラとかが大変なことになりそうですね。オニオンナイトのLD回数が続く限り、使用回数が回復するというわけです。

BTアビリティに関しては詳しい説明がなかったので明日になってからのお楽しみです。

これらの装備は、6/30から始まるストーリーガチャで入手可能となります。ガチャは2種類実装されるようです。さらに第3部開催キャンペーンということで初回無料で回せます。

FFⅣTAより新キャラ・セオドア参戦

7/9に第3部1章後編が始まり、同時にFFⅣTAよりセオドアが参戦します。DFFOOで初めて声が当てられ、CVは、アニメ「バカとテストと召喚獣」の主人公・吉井明久君役や、「はたらく魔王さま」の漆原役などを演じた、下野紘氏となります。

バカテスでは鈴木達央さん(ノクティス役)、大塚明夫さん(ガブラス役)、加藤英美里さん(リリゼット役)と共演されていました。

(話を戻して)動画内では、親子でパーティ組んで戦わせたいと言っていましたが、別作品で共演していたという理由で声優パーティを組んでみるのも面白いですね。

装備する武器の種類やキャラ性能はまだ不明です。実装される7/9を心待ちにしましょう。

セオドアのガチャも、初回無料で回すことが出来ます。

終わりに

第3部1章が前後編で構成され、明日に前編、10日後に後編と実装される間隔が短いです。年末のサプライズ実装並みにビビりました。

両キャラの武器も初回のみ無料で回せるということで、運良く当たってジェムを節約できたら良いなと思っています。個人的にはケイト(零式)の武器がピックアップされていることに少し安堵しています。いい加減、真化完凸したいので。

【DFFOO】4月1日~2日までのイベント「マジックポットからの挑戦状?」問題集

あよあんです。エイプリルフールイベント「マジックポットからの挑戦状?」が始まりました。いきなりのサプライズイベントです。去年も、期間限定で入手できるモーグリの召喚獣がありましたが、今年は〇×クイズイベントです。

ランダムで出題される問題を10問連続クリアすると、クリア報酬で合計1000ジェム。さらにイベント報酬で、入門ではEXパワーメダルが、皆伝ではバーストパワーメダルが一枚ずつ貰えます(ケチくせ~

何度か挑戦して、写真撮ってきたので予習してみてください。カンニングOKなイベントですが、カンニングしながらクリアするって個人的には負けた気分になります。時間に余裕があるならばカンペとか見ずにクリアします。というか、もうしましたw

目次

入門編
皆伝編
終わりに

入門編

まずは、入門編。

これは、サイファーを使っていればわかりますね。正解は〇です。
正解は×。ビビの姿を見たことがないという人は、オペラオムニアではいないと思います。第1章のチュートリアルで初めて仲間になるキャラです。
サービス問題ですねw 〇が正解
正解は〇。割と最近実装されたキャラなので、仲間にしてないとわからないかも。
正解は〇です。キャラクター図鑑に書いてありますね。
これも〇が正解。ヴィラン勢ですが、混沌混沌言う前はナイトでした。
〇が正解。キャラクター図鑑にも書かれており、チェリンカとは姉弟です。
原作をやっていないと世界の名前はピンと来ませんが、キャラクター図鑑に書かれていますね。なので、〇が正解
〇が正しいですね。たしかにソルジャーやってました。
これは×です。サンドリア王国の騎士ではなく、ウィンダス連邦の黒魔道士ですね。
〇が正解。ウサギのような耳が長いのが特徴の種族です。
正解は×。「ナイト」ではなく「ガード」が正解

皆伝編

ここからは、問題の難易度がややマニアックになり、キャラクター図鑑に載っていないことが出題されます。

〇が正解、ゲーム序盤、双子の兄であるバッシュになりすまして国王を手に掛けました。
×ですね。キャラクター図鑑が引っ掛けてくるちょっと意地悪な問題。人格は確かにガーランドですが、ラスボスの「名前」はカオスです。
〇が正解。これはキャラクター図鑑にも載っていますね。
×ですね。ヒントは、ガウの好物です。図鑑にも載っています。
×が正解。次回の新キャラ参戦イベントで、その名前が明らかになるかも?
これは×でした。数字というかトランプですね。何人かまだ実装されてませんが
これは〇。図鑑にも載っていますが、右か左か、いざ訊かれると「あれ?どっちだったっけ?」てなりますよねw
入門編にも出てきた内容です。〇が正解だけど、2度は言いません(言ってる
×ですね。ユウナとリュックで「カモメ団」やってましたね。
×。兄のレオンハルトが行方不明になりました。
〇が正解。そういえば、最近中の人が誕生日を迎えました。おめでとうございます。
×ですね。何かプロンプトの扱いひどくない!?
かなりの引っ掛け問題です。ガルバディア「ガーデン」ではなく、「軍人」でした。
なので×が正解。
×が正解。赤魔道士ですね。でも、原作のXⅣにはちゃんと巴術士ってジョブあるんですね。

終わりに

何度か繰り返して、問題を写真に収めてみました。私自身も細かくは知らないことが出てきたので、いろいろとFFのお勉強をさせてもらいました。他に問題が残されていないか探してきます。

明日で終わってしまうイベントですが、今夜しかやる時間ないので、行ってきます。

【DFFOO】開発潜入レポート3/30号

あよあんです。昨日、公式から4月に開催されるイベントについて告知がありました。

目次

レイドボス討伐チャレンジ「機械仕掛けの守護者」
・クリスタル覚醒80解放キャラ6名追加
・新BT/LD実装キャラはクラウド
・第3防具実装キャラ5名追加
4月登場新キャラクター
4月断章情報
ミッションダンジョン開催
4月のキャラクター調整&強化ボード実装キャラ
その他のイベント
・新イベント「ボスラッシュクエスト」
・新たな幻獣界イベント「神・幻獣界」
・神・幻獣界応援キャンペーン

レイドボス討伐チャレンジ「機械仕掛けの守護者」

まずは3/31に、レイドイベント「機械仕掛けの守護者」が始まります。オペラオムニアを遊んでいる全プレイヤーが個人もしくは共闘で、ボスであるガードスコーピオンを何度も倒し、倒した回数に応じた報酬を貰うというお馴染みのイベントです。

何もしなくてもある程度の報酬は貰えますが、自分でも倒した方がより多く、クリスタルやナゲットなどのレアアイテムも貰えます。

クリスタル覚醒80解放キャラ6名追加

レイドイベント開催と同時に、新たに6名がレベルキャップ80解放されます。

解放されるキャラはセッツァー(Ⅵ)、セリス(Ⅵ)、クラウド(Ⅶ)、ワッカ(Ⅹ)、レム(零式)、ユーリィ(CC)の6名です。

新BT/LD実装キャラはクラウド

レベルキャップが解放されるキャラの中で、クラウドに新たな武器が実装されます。BT武器は合体剣、LD武器はアポカリプスになります。

合体剣は、映像作品「FFⅦアドベントチルドレン」でクラウドが使っていた大剣です。ベースとなる剣に6本の剣がくっついており、状況に応じて分離させ二刀流で戦ったり、敢えて1本脇差のように帯びて、残りを合体させた状態で戦ったりしてました。

まあ、実際のゲーム内では、7本合体の状態で戦うんでしょうけどね(笑)

これを装備することでバーストアビリティ「超究武神覇斬ver.5」を使うことが出来ます。

アポカリプスは、「FFⅦ」で手に入るクラウド用の大剣です。

マテリアの成長率が3倍という破格の性能で、これを装備して成長させたいマテリアをくっつけて戦闘を繰り返すことで、より早くマスターマテリアにすることが出来ました。

これを装備もしくはパッシブ化することでLDアビリティ「破晄撃」を使うことできます。

クラウドはFFキャラで一番人気のあるキャラなので、これらの装備は全部手に入れたいです。

第3防具実装キャラ5名追加

今回のレイドイベントでは、武器やレベルキャップ解放だけでなく、第3防具も複数新たに追加されます。

追加されるのは、デッシュ(Ⅲ)、クラウド(Ⅶ)、アルティミシア(Ⅷ)、バッシュ(Ⅻ)、ナイン(零式)の5名です。

全員、LD武器が実装されているキャラが選ばれていますが、一度に複数人実装されるのは、第3防具が初めて実装された時以来になります。

クラウド、アルティミシア、バッシュは、過去のストーリークエストや断章をこなせば仲間になりますが、デッシュとナインは仲間になっていない場合、断章が実装される数ヶ月先になります。

ただ、一つの大きなイベントで入手できるハイガードメダルはちょうど一人分なので、こんなに実装されても困るのが現状です。

誰の第3防具を手に入れるかと訊かれたら、私だったらBT/LDが実装されたクラウドですね、やはりw

4月登場新キャラクター

4月に実装される新キャラクターは1人のようです。

メインストーリーに関わるということで、いよいよ第3部が始まるということでしょうか?(わくわく)

写真のシルエットと、第2部最終章~後編~の終わり方からすると、新世代の光の戦士である、あのキャラが戦った魔王○○○でしょうか?

ただ、4月のイベントスケジュールを見ると、このキャラが実装されると同時にストーリークエストが始まるとも書いていないため、もしかしたらただの新キャラ実装イベントになるかもしれません。

ストーリークエストだった場合、5日後にミッションダンジョンイベントが開始されるので、時期的に被ってしまいます。

4月断章情報

4月に実装される断章では、エクスデスとベアトリクスが帰ってきます。例に漏れず、LD武器を引っ提げて帰ってくることでしょう。

ベアトリクスに至っては、断章開始と同時にキャラ調整が行われますようです。

ミッションダンジョン開催

4/15には、久々のミッションダンジョンイベントが始まります。このイベントで新たにBT/LDが実装されます。

4月のキャラクター調整&強化ボード実装キャラ

続いてキャラ調整の情報になります。

ベアトリクスは、断章開始同時。新規BT実装キャラはミッションダンジョンイベントと同時。暗黒騎士セシルは、新たに始まるイベント開始と同時に調整が入ります。

クラウドは今日、キャラ調整が行われました。何というかものすごい優遇されています。

まず、凶斬りの使用回数が、普通に2回増えています。

次のバフアタックスピードアップが、上昇量が上がっただけでなく、リキャストゲージの溜まりやすさをアップしたとのことです。

これは暗に、素早さが上がる=行動順が早く回ってくる=リキャストゲージの溜まりが遅くなると言っているわけですが、それを感じさせない調整をしたということなので、クラウドはEX撃ちまくり放題のキャラになったということになります。共闘では隕石雨が降りまくることでしょう(笑)

続いて、キャラ強化ボードの実装。

セッツァー・セリス・ユーリィはレイドイベント、ベアトリクス・ヴァニラは断章、ゼルは新キャラ参戦イベント、ゴルベーザ・ファリスはミッションダンジョン、エクスデスは自身の断章で実装ということになります。

これで、強化ボードが実装されていないのは、カイアス(XⅢ)とジャック(零式)の2人のみとなりました。

Ⅷ勢が好きな筆者としては、ゼルは強化ボードが実装されるのにキャラ調整がされないということに若干不満があります。真化開放されたものの、他ユーザーからは「弱すぎ」「インゴット返せ」散々言われまくられているというのに、調整なし・・・LD実装まで待つことになるのか。

その他のイベント

最後に4月から始まる新たなイベントについて。

新イベント「ボスラッシュクエスト」

3周年のオペオペで告知されていた、新バトルコンテンツに関して。イベント名が「ボスラッシュクエスト」に決まり、4月23日から始まります。

新たな幻獣界イベント「神・幻獣界」

続いて、新たな幻獣界イベントとして「神・幻獣界」が4/30に開催されます。

神・幻獣界応援キャンペーン

その「神・幻獣界」イベントに先駆け、3/31~4/14まで、応援キャンペーンが開催されます。

幻獣界アルティメットで特別恩恵が発生し、セッツァー・セリス・クラウド・ワッカ・レム・ユーリィの6人のうち1人以上をパーティに入れて、幻獣界アルティメット(種類問わず)のクエストに挑むと、幻獣ポイントが2倍になります。

また、ディアボロスの幻獣ボードマスターに関してプレイヤーミッションが追加され、ディアボロスの幻獣ボードを100人分マスターすると最大で2400ジェム入手できます。

プレイヤーミッションは、期間が設けられていないのでいつでもジェムが貰えるようになっています。

FFキャラで一番人気のクラウドに調整が入り、性能がぶっ飛んだことでオペラオムニアもどんどん盛り上がってきました。LUFENIA攻略が遅い身ですが、取り残されないよう頑張っていきます。

【DFFOO】ルードイベントLUFENIA難易度クリアメンバー3名紹介

あよあんです。ルード参戦イベント「寡黙なるタークス」のLUFENIA難易度をクリアしたので、そのパーティメンバーを紹介します。

目次

パーティ構成
・アーデン
・キアラン
・グラディオラス
・フレンド
・召喚獣
敵考察
・マスクドモンク
戦術
リザルト

パーティ構成

メンバーは、アーデン、キアラン、グラディオラスです。本クエストのボスの特徴とミッション達成条件を考慮した結果、この3人となりました

アーデン

BT/LD/真化完凸/第2防具 育成ボード13種マスター スフィアなし
スピードアタッカーとして採用。BRVブレイク成功時、Act消費なしの追加ターンを得られます。さらにEXアビリティは敵がブレイク状態でも、再度強制ブレイクする効果を持っています。

マスクドモンクは、ブレイクされると顔の色が赤→黄→白と変化します。ブレイク後は通常、敵味方合わせて5Act分待たないと再度ブレイク出来ません。ですが、敵をアビリティやブレイブ攻撃でブレイク後、EXアビリティを使うことで、一気に赤から白にマスクチェンジさせることが可能です。

今回の敵の攻略とミッション報酬の条件を達成するには、最適なキャラと言えます。

キアラン

恩恵 LD/真化完凸/第2防具 育成ボード13種マスター スフィアなし
サポートアタッカーとして採用。LDアビリティの効果で継戦能力が向上し、BRVを大量に分配してくれるので、パーティ全体の火力がアップします。

恩恵キャラということもあり、全てのステータスが上昇しており、高火力の全体攻撃アビリティも持っています。Act無消費攻撃はありませんが、一発一発のダメージはアーデン・グラディオより上です。

コールアビリティはルード。攻撃ではなく、敵全体を同時にブレイクして行動順を下げることを目的に採用しました。

グラディオラス

LD/真化完凸/第3防具 育成ボード13種マスター スフィアなし
カウンターパンチャーとして採用。高火力によるカウンターとBRV分配、そしてHP回復と何でもござれなキャラです。また、フレンドの交代枠でもあります。

グラディオ最大の魅力であるカウンターで、敵のターンでもダメージを与えられるので、Actミッション達成に貢献してくれます。

フレンド

アミダテリオンを採用。敵は魔法攻撃に耐性がありますが、行動を遅延するのが目的のため、気にせずバンバン遅延します。交代枠であるグラディオと変えることで、カウンターを発動できないという場面が無くなります。

召喚獣

リヴァイアサンを選択。今回、敵の行動が素早いので加護の効果で遅くします。それでも結構早く行動してきましたが、グラディオには丁度良い速さとなりました。

敵考察

マスクドモンク

COSMOS・CHAOS難易度同様、3体で出現してきます。LUFENIA難易度の例に漏れず、カウントアビリティを使ってきます。

カウントアビリティは、BRV10000未満にすることでカウント減少を止められるので、10000以上ブレイブを持つ敵は優先的に攻撃します。

特徴であるマスクチェンジは、敵いずれか1体のHPが80%になると全員が黄色に、50%になると全員赤に変化します。80%の時はともかく、50%になったときは、味方全員で協力してブレイク、その後アーデンのEXに繋げます。

戦術

戦闘開始時、敵のカウントアビリティは15でスタートとなります。

アーデンは、EXアビリティのリキャストが貯まるまでにファントムギアを5段階にするため、序盤はシフトブレイクで攻めていきましょう。++化にしたら、闇のオーラも使っていき、敵全体にダメージを与えていきます。

キアランは、序盤はLDを使わずに通常アビリティとEXで攻めます。分配しながらダメージを与えていきましょう。

グラディオは、初めからLD解禁で攻めます。写真では、運よく敵全員がグラディオを狙っているので、初っ端からカウンターを仕掛けることが出来ました。テンペストを使って、味方全員を守りながらカウンターを仕掛けていきます。

敵は行動後、大量にブレイブを回復させることがありますが、多く持っている敵を優先して攻撃していけば、カウントを停止させることが出来ます。HPが80%を切った敵からカウントが消滅するので、なるべく均等に減らしていきます。

撮影が遅れてしまいましたが、敵全員のHPを80%以下に減らせたので、カウントアビリティが一時消滅しました。

ただし、70%になった敵から再びカウントが出現するので、なるべく均等にHPを減らしていきましょう。減らしていく途中で「靭壁」というシールドが3体同時に付与されますが、BRVダメージを与える攻撃で割っていきましょう。

28Act目。敵BのHPが50%を切ったので、カウントが再び消滅したと同時に、敵全員がマスクチェンジで赤に変化しました。この状態になったら、敵全体をブレイクして黄色にし、アーデンのEXで再びブレイクして白に変えます。

写真の状況では、キアランEXで、敵全体にBRVダメージを与えて、1回目のブレイクを狙いました。その後、アーデンEXで全体を強制ブレイクし、白まで落としました。

45Act目。敵全体のHPを30%まで減らしました。三度目のカウント出現です。ここまで来たら、フレンド・召喚・BTを使って一気に終わらせます。グラディオのターンまで回してフレンドのアミダテリオンと交代します。

46Act目。グラディオをアミダテリオンと交代しました。ここでLDを連発して、敵にターンを回さずに畳みかけようと思ったら、

LDアビリティを持っていないアミダを選んでしまっていました(´;ω;`)

やむを得ず作戦変更。リヴァイアサンを召喚して、時間を稼ぎます。

アミダはメガフレアオンリーで、厄介な行動をする敵BとCを遅延。キアランは敵全体にダメージを与え、アーデンは、召喚終了時にターンが回ってくるよう立ち回ります。

召喚終了して、49Act目。アーデンのターンに回すことが出来たので、BT発動。ダメージを均等に与えても良かったんですが、この際だから1人ご退場願おうと思ったので、Aを集中攻撃しました。

BTモードが終了し、敵Aを倒し、アミダとグラディオが入れ替わり、間もなくBを撃破。残ったCのカウントとBRVに気を付けつつ攻めていきます。途中、アーデンは全てのアビリティを使い切りました。

61Act目。アーデンEX&追撃シフトブレイクでトドメを刺しました。

リザルト

フレンドの選択ミスという、致命的なミスがありましたが、何とかパーフェクトで終えることが出来ました。

【DFFOO】ルードイベントチャレンジクエストクリアパーティ3名紹介

あよあんです。ルード参戦イベント「寡黙なるタークス」のチャレンジクエストをクリアしました。クリアしたパーティメンバー3人と戦術を紹介します。

目次

パーティ構成
・セフィロス
・キアラン
・ルード
・召喚獣
戦術
・1戦目
・2戦目
リザルト

パーティ構成

本クエストは、イベント報酬を得るために恩恵キャラ3人でパーティ編成する必要があるので、セフィロス・キアラン・ルードの3名を入れました。

セフィロス

LD/真化完凸/第3防具 育成ボード13種マスター スフィアなし
デバフアタッカーとして採用。火力だけでなく、固有バフで敵の素早さを下げて行動順を遅らせることが出来ます。またLDアビリティで付与されるデバフで、敵のターン開始時に、スリップによるBRVダメージ分自身のBRVを回復するので、攻守両面で活躍できます。

コールアビリティはパンネロ。大量のBRV分配を行い、パーティ全体の火力を常時カンスト近くまで上げられます。

キアラン

LD/真化完凸/第2防具 育成ボード13種マスター スフィアなし
サポートアタッカーとして採用。各アビリティを使うことで、味方全体に大量のBRVを分配しつつ敵に攻撃を仕掛けます。LDアビリティによる火力と継戦能力の向上により、終盤まで息切れせずに戦えます。

コールアビリティは雷神。パーティ全体の物理攻撃力をアップします。このパーティは近接攻撃のメンバーだけで構成されているので、相性は抜群です。

ルード

真化1凸/第2防具 育成ボード13種マスター スフィアなし
バーサークヒーラーとして採用。アディショナル以外の全アビリティで、敵を攻撃すると同時に味方全体のHPを回復できます。

コールアビリティはレノ。敵の行動終了時、その敵の次の行動順を遅らせるデバフを付与します。敵の連続行動を防ぐことが出来るため、致死量のBRVを持たれても、時間を稼ぐことが出来ます。

召喚獣

リヴァイアサンを選択。今回の敵は素早さが高いため、連続行動をしてくることがあります。それをリヴァイアサンの加護で防ぎ、ダメージを負ったらBRV分配のバフが付くので、大ダメージを与えていきます。

戦術

1戦目

1戦目はホロウライダー3体との戦闘です。通常のCHAOS難易度の時と同じく、敵の最初のターン開始時に、こちらの最大HPをダウンさせる不可視バフを使ってきます。

ですが、こちらは恩恵キャラ3人なので最大HPを含む全ステータスが上昇しているので、不可視バフは無視しても大丈夫です。敵のBRVと仲間のHP残量に気を付けつつ、均等にダメージを与えていきます。

セフィロスは、自身のバフを切らさなければ好きに攻めます。ただし、LDアビリティはここでは封印します。敵はHPが減るとデバフを解除しつつステータスが上昇する行動を取るからです。

キアランも、好きに攻めます。LDアビリティを使うことで付与されるバフは、効果期間が無くなったら使う形を取ります。

ルードは、敵のブレイクする順番を間違えないよう攻めていきます。通常アビリティは、1つ目が全体、2つ目が単体を攻撃するアビリティなので、要所要所で使い分けていけば、0になることはありません。

2戦目

2戦目。マスクドモンク3体との戦闘です。敵は行動する度に「マスクチェンジ」を行い、白→黄→赤と顔の色を変えていきます。赤になると付与されたデバフが解除され、全てのデバフに掛からない状態になります。

ブレイクすることで、顔の色を、赤→黄→白と変えることが出来るので、ブレイク出来る時は積極的にブレイクします。なるべく白・黄の状態のまま戦うのがベストです。

セフィロスは序盤にLDアビリティ解禁です。敵のターンが回ってくるたびにBRVを奪い、敵にHP攻撃を使われないようにします。

キアランとルードは1戦目と同じように攻めていきます。

HPはなるべく、均等に削るようにします。

35Act目。マスクドモンクAのHPが半分を切ったため、顔の色が赤になりました。この状態だとデバフが付けられないので、Aアビリティや召喚を使い、敵のブレイク状態を回復するのを待ちます。

1体赤くなると、他2体はHPが半分を切っても赤くなることはありませんでした。赤くなることは気にせず、黄になったらすぐに白に戻せるよう立ち回ります。

38Act目。Aの行動順が近づき、マスクチェンジで赤になりそうだったので召喚を使いました。BRVが回復するのを待ちながら、HPを削れるだけ削ります。

召喚を利用して、Aの顔を白まで戻すことが出来たので、あとは全力で攻め込みます。アビリティを出し惜しみせずに使っていきます。

52Act目。トドメ刺す所です。

リザルト

【DFFOO】ルードイベントCHAOS難易度クリア

あよあんです。ルード参戦イベント「寡黙なるタークス」のCHAOS難易度をクリアしました。

目次

敵情報
・1戦目
・2戦目
パーティ構成
・スコール
・クラサメ
・グラディオラス
・フレンド
・召喚獣
戦術
・1戦目
・2戦目
終わりに

敵情報

1戦目

名前:ホロウライダー。3体出現。
弱点属性:氷弱点 攻撃タイプ:弱点耐性なし
状態異常:かかりやすい・・・混乱 かからない・・・最大BRVダウン、最大HPダウン

戦闘開始してすぐに、こちらの最大HPを減らしてくる「破滅の意思」を使ってきます。通常のHP攻撃が致命傷になるので、ブレイクして致死量のBRVを持たれないようにするか、敵に行動させないように立ち回ります。

2戦目

名前:マスクドモンク。3体出現。
弱点属性:なし 攻撃タイプ:弱点耐性なし
状態異常:かからない・・・最大HPダウン

行動する度に「マスクチェンジ」を行い、顔を白→黄→赤と変化させます。
赤になるとデバフを全て解除し、赤の状態中は全ての状態異常に掛からなくなります。ブレイクすると、赤→黄→白と変化します。
黄・赤の時は、HPダメージを含む攻撃を頻繁に行ってくるので、黄になったら早めに白に戻してきます。

パーティ構成

メンバーは、スコール・クラサメ・グラディオラスを選びました。

スコール

BT/LD/真化完凸/第2防具 育成ボード13種マスター スフィアなし
アタッカーとして採用。敵が3体現れるので、連続剣とラフディバイドが活きます。クラサメが付与する氷牢と合わせて、99999ダメージが頻繁に出せます。そして、久々にフィニッシュバーストで7桁ダメージ行きました。

クラサメ

LD/真化完凸/第2防具 育成ボード13種マスター スフィアなし
アタッカーとして採用。氷牢デバフで、パーティ全体の火力アップに貢献します。

グラディオラス

LD/真化完凸/第3防具 育成ボード13種マスター スフィアなし
カウンターパンチャーとして採用。また、フレンドとの交代枠になります。LDアビリティによるカウンターががCHAOS難易度だと強力すぎることを改めて実感。

フレンド

アミダテリオンを採用。1戦目のホロウライダー対策に来てもらいました。

召喚獣

オーディンを選択。敵の防御を下げて、こちらの火力を上げることが目的です。

戦術

1戦目

上記に書いた通り、ホロウライダーはこちらの最大HPを下げてくるので、それを行ってくる敵(写真の場合はC)を集中攻撃します。

グラディオのターンが来たら、フレンドのアミダとチェンジ。アミダのLDアビリティを使って、敵のターンを消滅させて行動順を遅らせます。遅らせている間に敵Cを倒します。

1戦目終了するところです。クラサメのEXアビリティを使って、全体にHPダメージを与えて次の戦闘へ。

2戦目

ボスのマスクドモンクとの戦闘です。スコールとクラサメは全体攻撃でダメージを与えていきます。アミダは残り1Actの行動で帰るので、Aアビリティを使って、グラディオを呼び戻します。その後、グラディオは、パーティを庇えるようにテンペスト。次に回ってきたターンにLDアビリティを使って、カウンターを仕掛けられる状態にします。

36Act目。敵のHPが全員半分くらいになった辺りです。BとCの連続全体攻撃が痛いので、オーディン召喚。敵全体に大ダメージを与えられるよう、クラサメのLDアビリティで氷牢デバフの段階を5にして、パーティ全体で畳みかけます。

召喚終了後の場面です。

39Act目。敵HPが全員赤になったので、スコールBT発動。

100万越えのダメージを久々に見れました。敵3体全員にダメージを与えるって気持ちいですw

終わりに

自由な構成で挑めるからCHAOS難易度は楽ですが、問題はチャレンジクエストの方ですね。最大HPダウンが防ぎようがないので、対策を考えなければなりません。ストーリークエスト第2部10章を思い出します。

【DFFOO】ルード参戦イベント「寡黙なるタークス」開催

あよあんです。明日3/25から開催されるイベントで、FFⅦのルードが参戦します。

目次

・原作のルード
・アビリティ紹介(公式動画)&覚醒クリスタル色
・イベントの恩恵キャラ

原作のルード

ルードは、FFⅦに登場したキャラクターで、クラウドたち主人公サイドと敵対する組織「神羅カンパニー」に所属するタークスメンバーの一人です。

相棒のレノとコンビを組み、ストーリー中、何度も戦うことになります。

ほぼ見た目通り、寡黙なキャラですが、ティファに片思いしているという意外とお茶目な一面も。

原作以外に、続編であるFFⅦアドベントチルドレン(映像作品)や、ビフォアクライシスFFⅦ、クライシスコアFFⅦ、ラストオーダーFFⅦにもレノと共に出てきています。

前回のレノ参戦イベントで、姿だけ登場していたルード。いよいよ明日、仲間になります。

アビリティ紹介(公式動画)&覚醒クリスタル色

次に、ルードの使用アビリティ紹介です。公式から動画が上げられていたので貼っておきます。

紹介されているアビリティは、クラッシュハンマー、マテリアタクティクス、地走り(EX)、レジストブーストオール(アディショナル)、コンビネーションアーツ(LD)の5つ

自身に固有バフを付与しながら敵を攻撃していくスタイルのようです。

クラッシュハンマーは、自身に6Act「タークスの流儀」を付与し、敵全体に分配ダメージを与えるアビリティ。

マテリアタクティクスも、自身に「タークスの流儀」を付与し、攻撃前に味方全員にBRVを供給した後、敵単体に3HitのBRV攻撃+HP攻撃を行うアビリティ。

EXアビリティの地走りは、固有バフ「仕事人の拳」を付与し、全体BRV攻撃(何Hitかわかりません)の後ターゲットだけにHPダメージを3回、ターゲット以外にも、最後だけHPダメージを与えています。

Aアビリティは、味方全体のBRVダメージを軽減しつつ、最大BRVを増やす、レジストブーストオール。

LDアビリティのコンビネーションアーツは、固有バフ「鋭い豪腕」を付与した後、単体に7Hit(8かも)BRV攻撃+全体HP等倍ダメージを与えます。

動画を見る限り、敵を攻撃するアビリティ全てに、味方のHPを回復する効果があります。LDアビリティなんかは、自分のHPを上回る回復量(20160)を叩き出しています。

しかし、ここでちょっとだけ残念なお知らせ・・・

実装されたばかりのコールアビリティに関しては情報なし!!

クリスタルLvを75に上げてからのお楽しみというわけですね。

覚醒クリスタル色は黄色になります。

黄色は、ライトニングを始め、有用な特性を持つキャラが選ばれるクリスタル色です。私がこのゲームを始めたばかりの時(覚醒Lv70解放くらいの時期)、黄色のキャラを育てようと思っていた時、よく枯渇していました。

現在では、ディシディアポイントやサイクルクエスト常時解放で、ハイシャード・ハイクリスタルが手に入るので枯渇問題がある程度解消されましたが、考えなしに使っていると、すぐ無くなるなんてこともあるので、装備が整っているキャラへ、優先的に回していきましょう。

イベントの恩恵キャラ

このイベントでは、ルードの他に、ユフィ(Ⅶ)とラァン&レェン(WOFF)が恩恵キャラとなっております。さらにメダルチャレンジイベントでBT/LDが実装されたセフィロスも、恩恵キャラとなっています。

ガチャで、上記4人の星5以上の武器が出るようになっていますが、忘れてはいけないのが、スプリングキャンペーン中であるということ。初回のみ無料で11連ガチャが回せます。

私のアカウントでは、ユフィとラァン&レェンの装備が整っていないため、ガチャをグルグル回していこうと考えています。

【DFFOO】メダルチャレンジ「嘲笑う悪魔」LUFENIA難易度クリア

あよあんです。みんなでメダルチャレンジイベント「嘲笑う悪魔」のLUFENIA難易度をクリアしました。

目次

敵情報
パーティ構成
・ライトニング
・サッズ
・グラディオラス
・フレンド
・召喚獣
戦術
終わりに

敵情報

名前:ヘレティック・サージェントインプ 2体で出現

弱点耐性:聖属性吸収 魔法攻撃:堅固

カウントアビリティ:カラミティボマー++
出現条件:バトル開始後30カウントで出現。HP50%を切る・片方の敵を倒すと35カウントで出現。
消滅条件:HP80%を切る
減少条件:こちら側のキャラが行動すると1カウント、敵が行動すると2カウント
停止条件・増加条件:無し

リキャストアビリティ:なし

その他・要注意行動
アタックパワー:被BRVダメージを全て1にする。見た目赤いオーラを纏っているのが特徴。カラミティボマー(+も含む)を使うと解除
サポートパワー:使用者自身に6万~7万のシールドバフを付与。

パーティ構成

敵の弱点耐性を考慮して、魔法で攻撃するメンバーは必然的に除外。Act数を節約しつつ高火力が出せるメンバーを選びました。

ライトニング(Cアビリティ:セフィロス)
BT/LD/真化完凸/第3防具あり ボード13種マスター スフィアなし
スピードアタッカーとして採用。ミッションの80Act以内クリアと火力を考えて選びました。

サッズ
恩恵 真化完凸/第2防具 ボード13種マスター スフィアなし
サポーターとして採用。バフ効果の延長と攻撃力強化、地味ながら通常攻撃でのデバフ付与、そしてEXアビリティの全体攻撃。火力・支援共に立ち回ってもらいました。

グラディオラス
LD/真化完凸/第3防具 ボード13種マスター スフィアなし
カウンターパンチャーとして採用。敵のターンでもHPダメージを与えるカウンターはAct数ミッション達成に一役買ってくれます。また、短いバフ期間もサッズのアビリティで1Act分延長されるので、弱点をある程度補えます

フレンド
ライトニングを採用。終盤に呼び出して活躍してもらいました。

召喚獣
オーディンを採用。敵の防御力をダウン、さらに敵は全体攻撃でこちらのHPを減らしてくれるので、中盤辺りから攻撃力を上げて挑むことが出来ます。

戦術

ミッション達成と敵のカウントアビリティ対策と考慮すると、序盤から高火力を出すためLDアビリティも使っていきます。

序盤(HP100%~80%)

戦闘開始時、攻撃すると敵2体にカウントアビリティ(カウント30)が出現します。消滅条件である「HPを80%まで減らす」を達成できるようダメージを与えていきます。

ライトニングは、グラディオのカウンターを阻害しないよう敵の行動順を入れ替える感じでブレイクしていきます(B→Aの順に行動する時、A→Bの順になるように)。また、LDアビリティも使って火力を上げつつ攻めていきます。

サッズは、BRV/HP攻撃が+の時、ターゲットに攻撃力・防御力をダウンさせるデバフを付与できるので、ライトニング・グラディオの火力アップのために、付与していきます。EXアビリティもリキャストが貯まったら積極的に使っていき、大急ぎでHPを80%まで削ります。

グラディオは、テンペストで味方を庇える状態にした後、LDアビリティでカウンター出来る状態にします。

アタックパワー状態の敵は基本放置します。BRVを奪おうとしても1しか与えられませんので、サッズやグラディオのEXで巻き込むようにHPダメージを与えていきます。

序盤15Act目。HP80%切れなかったので、召喚使いました。どちらの敵もカウント1・・・。

召喚中の行動で4Act目。Aの方のカウントが消滅。このグラディオのターンでBを攻撃。カウントを消すことに成功しました。

中盤(HP79%~50%)

敵2体のカウントが消滅してからの行動は、片方の敵のHPを60~70%前後、もう片方の敵を50%以下まで減らします。

何故60~70%なのかというと、カウントアビリティを出現させた敵を集中攻撃する際、サッズのEXはもちろん、グラディオのEXとLDも使い、敵全体にダメージを与えるため、70%の敵にもダメージを与えてしまうためです。両方ともカウントアビリティを出現させてしまうと、終盤に逆転負けします。私の場合は、Aを70%に、Bの方を50%にしました。

ちなみに、60~70%前後とは、↓の敵Aくらいの量(赤丸)です。(わかんねえよ!)

戦術の変更点として、グラディオは敵のHPが50%を切るまで、カウンターを封印します。

終盤(49%~0%)

38Act目のライトニングの攻撃で、敵BのHPを50%以下にしました。ここからBを集中攻撃します。基本的にAは無視、Bを援護する状態ですし。

54Act目。倒しきれなかったのでライトニングBT発動。Bを集中的に狙います。

BTモード終了後、1発殴った後のライトニングの追加ターンで、Bが倒れます。その直後、Aにカウント(35)が出現します。またブレイク以外では、行動順が下がらないようになっています。

ここまで来たら、残りのアビリティ全部使います。BT効果でパーティの火力は上がっているので、10:0の特攻ぶちかまします。

64Act目。敵がサポートパワーを使って6万シールドを張ったため、フレンドのライトニングを召喚。シールドを割るために、スパークブロウ→シーンドライブ+→BTアビリティと攻め続けます。

次の自前のライトニングのターンでLDアビリティを発動。行動順を遅らせつつ攻め立てます。

68Act目。フレンドのライトニングのLDでトドメ刺しました。

終わりに

この難易度は、イベント開催から早めの段階でクリアしていたのですが、どさくさ紛れにクリアした感じなので、何度かやり直しました。

ただ、今月に入ってから、各イベントのLUFENIA難易度が相当難しくなりました。レノイベント然り、このイベント然り・・・BT武器を持っていたとしても、全滅したり、ミッション条件を達成出来なかったり。

BT/LDが実装された恩恵キャラ(本イベントではセフィロス)を入れないと今後のLUFENIAは主に火力面で辛いかもしれません。