下書き

【DFFOO】次元の最果て:超越~Stage2~&神・幻獣界~アレクサンダー~開催

あよあんです。本ブログに来ていただき、ありがとうございます。

9/23にゲーム内で、「次元の最果て~超越~Stage2」と「新・幻獣界~アレクサンダー~」の開催告知がありました。

次元の最果て:超越~Stage2~

次元の最果ては、9/24の15時より開催。同時にメダルチャレンジ「死を招く黒翼」も始まります。

本クエスト開催と同時に、ファリス(V)のレベルキャップが80に解放され専用LD武器とLDボード、そして新スキンが実装されます。スキンの画像は公式ツイッターにて発表がありました。

新・幻獣界~アレクサンダー~

新・幻獣界~アレクサンダー~の方は、9/30の15時に開催。次元の最果ての約1週間後に実装となります。

こちらのイベントでも、メダルチャレンジイベント「荘厳にして堅牢」が同時開催されます。

そして、まだ誰なのか発表されていませんがこのイベントで新たにBT/LD武器が実装されます。

どちらのガチャも初回無料

上記2つのイベントは、シルバーウィークキャンペーン中に開催されるイベントのため、11連ガチャが初回のみ無料で回すことが出来ます

【DFFOO】レイドイベント「猛る剛剣~カイザーベヒーモス討伐戦~」LUFENIA難易度クリアメンバー3名紹介

あよあんです。本ブログに来ていただき、ありがとうございます。

レイドイベント「猛る剛剣」LUFENIA難易度をクリアしました。敵の情報とクリアメンバーを紹介します。

敵情報

カイザーベヒーモス

弱点・耐性
火属性弱点 聖・闇属性吸収

かからないデバフ
初期BRVダウン・最大BRVダウン・麻痺・属性耐性ダウンを含むデバフ

特殊カウント
出現条件:バトル開始時 立ち上がった時
消滅条件:HPが80%を切った時(4足歩行時のみ)
増加条件:効果で行動順が下がった時15増加(上限20)
減少条件:プレイヤー行動時に1、カウント対象行動時に2

その他
吹き飛ばし無効

初手の行動から封殺

この敵の注意点は、行動させると次のターンにパーティぐるみで連続行動してくる「ポジション・チェンジ」です。

ベヒーモスの行動後に「連続行動したい」というメッセージが流れます。この後、ベヒーモスにターンを渡すとポジションチェンジを使ってきて、敵パーティで連続攻撃を仕掛けてきます。しかし、敵味方共に一定回数行動することで、「連続行動のタイミングを逃した」とメッセージが流れ、ポジションチェンジの使用を防ぐことが出来ます。

しかし、初手の攻撃をわざわざ通す必要はなく、ブレイクや行動遅延で最初のターンすら回さないほうが楽に攻略できます。

また、ベヒーモスは、一度HPを全回復するためかHPが80%・50%を切った際に行われるステータスアップがないので、こちらが与えるダメージは、終始下がりません。攻撃力アップのバフや防御力ダウンのデバフを付与して、与えるダメージを底上げしましょう。

魔法攻撃はCアビリティならばカウンターしてこない

魔法攻撃を行ったキャラに、一撃必殺のカウンターを仕掛けてくると書かれていますが、Cアビリティで使う魔法攻撃ならカウンターは発生しません。アミダテリオンをパーティではなく、Cアビリティとしてセットすればカウンターを気にせずに行動遅延させることが出来ます。

イミテーション・ウォーリア・オブ・ライト

弱点・耐性
なし

行動させる=全滅

ベヒーモスの相方として現れるこの敵は、初手に20000以上の全体HPダメージを与える攻撃を仕掛けてきます。ターンを回したら文字通りエンドオール・・・全てが終わるので、ベヒーモス同様封殺するのが一番効果的です。

倒しても、しばらくしたら復活します。面倒ですが、復活する度に倒します。一度倒しておけば、ベヒーモスを倒した時に一緒に倒れてくれます。

パーティメンバー

パーティメンバーは、敵の行動を封殺することを目的として、ガーランド、ライトニング、アラネアを選択。フレンドはガリマッチョさんのガーランドをお借りしました。ガリマッチョさん、ありがとうございます。

ガーランド

恩恵 LD/真化完凸/第2防具 ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:ジャック

アタッカー役。攻撃することで敵を行動遅延できる「闘争の魂」を駆使して、カウント対策しながら、敵を封殺し続けます。

Cアビリティのジャックは、ライトニングのバーストを発動する前に呼び出し、刀傷デバフで与えるダメージを増やします。

ライトニング

BT/LD/真化完凸/第3防具 ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:ティナ

アタッカー役。EXアビリティとLDアビリティでブレイクと効果による行動遅延&Act加算無しの連続行動を仕掛けます。

Cアビリティのティナは、バースト発動前にLDコールして与えたHPダメージに依存したBRV回復を活用します。正直、似た効果のカムラナートでも良かったと思っています。

アラネア

LD/真化完凸/第2防具 ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:アミダテリオン

アタッカー役。敵がブレイク状態でも、アビリティを使うことでブレイクリセットし、再度ブレイクして行動遅延出来ます。もちろん、アビリティ効果による行動遅延も可能です。

Cアビリティのアミダテリオンは、LDコールすることで敵のターンを消失させ、行動遅延させます。アミダテリオン自身が完全体にまで育っていれば、呼び出しただけで、敵に3種類のフレームデバフが付与されます。その中に効果は低めですが、防御力ダウンのデバフがあるので、ライトニングのバースト前に呼び出せれば、さらなるダメージアップが期待できます。

ガーランド(フレンド)

ベヒーモスのHPが50%を切った辺りに呼び出し、バースト効果で連続行動によるダメージをアップさせます。

戦術

敵が2体の時は、イミテーションを優先的に倒していきます。

ガーランドは、闘争の魂バフを切らさないよう立ち回ります。LDとEXを使うことで3Act分付与されます。

ライトニングは、連閃による火力メインに立ち回ります。敵は属性弱点デバフを付与出来ないので、攻撃力アップ系のバフでないとダメージが期待できないからです。

アラネアは、敵に急所破壊デバフを付与したらブレイクをメインに立ち回ります。

33Act目。ベヒーモスのHPが60%を切り、2足歩行状態になりました。同時にHPが全快しカウントも再出現。付与されたデバフも解除されました。しかし、ステータスまで上がったわけではないので、デバフを再度付与し、切れかかったバフを付与しなおして、4足歩行時と同じ戦術でHPを削っていきます。

66Act目。ベヒーモスのHPが50%を切り、強力な攻撃をしようとしています。この状態でベヒーモスにターンを回すと即死攻撃を仕掛けてきます。HPが30%を切るまではこの状態なので、ターンを回さずにさっさとHPを減らします。

HPをここまで削ったら、イミテーションの方は無視して大丈夫です。全体攻撃に巻き込むようにしてダメージを与えて退場してもらいます。

67Act目。自前のガーランドにセットしてあったCアビリティ:ジャックの全て使った後、フレンドのガーランドと交代。早々にバーストを発動して、連続攻撃の火力を上げてもらいます。

69Act目。ライトニングのターン。バースト発動前にティナをLDコール。HPダメージに依存したBRV回復の効果を付与してもらった後にバースト発動。火力を上げられるだけ上げます。

ちなみに、この前にアラネアのターンだったので、アミダテリオンをコール。敵に防御力ダウンデバフを付与してらいました。

70Act目。ライトニングのバースト終了後、即イフリート召喚。敵のHPは残り15%ですが、ガーランドとライトニングのダブルバースト効果で、パーティ全体の火力がイカレているので、一気に押し込みます。

イフリート召喚して5Act経過。最後の召喚ターンです。アラネアの攻撃でトドメとなりました。

まとめ

敵に一度も行動させずに押し切れました。

本クエストをまとめると

・強制ブレイクと行動遅延が出来るキャラを編成して封殺戦法
・取り巻きのイミテーションが最も危険なので優先的に倒す。

少しでも参考になったら、幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【DFFOO】ミッションダンジョンCHAOS(白・青・黄)クリアメンバー3名紹介

あよあんです。ミッションダンジョンCHAOS難易度の白・青・黄部屋のクリアメンバーを紹介します。

目次

各キャラの役割
・WOL(白)
・クラウド(青)
・ライトニング(黄)
・アミダテリオン(フレンド)
・オーディン(召喚獣)
実戦
・1戦目
・2戦目
終わりに

各キャラの役割

白・青・黄部屋は、WOL、クラウド、ライトニングのパーティで挑みました。フレンドはアミダテリオン、召喚獣はオーディンを選びました。

全員BT/LD持ちの過剰戦力キャラ・・・クリスタル色を選ぶ部屋とはいえ、やりすぎたかもしれません(笑)

WOL(白)

BT/LD/真化完凸/第2防具 ボード13種マスター スフィアなし

ディフェンス役。2戦目の対策は、LDアビリティのHPダメージ無効バフで対処しました。

クラウド(青)

BT/LD/真化完凸/第3防具 ボード13種マスター スフィアなし

アタッカー役。遠距離火力ということで採用。EXアビリティの回転が異常に早く、EX発動後の次のターンに何かしらのアビリティを使うだけで、すぐにEXが撃てます(反則)。また、LDアビリティでいざという時に敵のターンを遅らせてもらいます。

ライトニング(黄)

BT/LD/真化完凸/第3防具 ボード13種マスター スフィアなし

スピードアタッカー役。攻守を上記2名に任せたので、あとはActの節約ということで採用。

アミダテリオン(フレンド)

相変わらずのフレンド枠。敵のHPが50%を切るとき、全デバフが解除され大量のBRVが加算された時に、WOLのダメージ対策が間に合わなかったときの対処用として連れていきます。

オーディン(召喚獣)

こちらも、こちら側の火力アップということで採用。

実戦

1戦目

WOLは、自身にターゲットを向けさせつつ、シールドバフが切れないよう立ち回ります。特にライトニングの連続行動には気を配ります。シールドバフが一人でも無くなると、WOLのHP攻撃が「+」になるため、なるべく「++」を維持します。

クラウドは、EXメインに立ち回ります。EXリキャストの回転が速いので、HP攻撃をメインに戦っても、すぐ使えます。

ライトニングは、ブレイク出来る敵は積極的にブレイクし、追加行動はHP攻撃やEXなど、アビリティを節約する戦術を取りました。

1戦目は、全員LDは封印・・・と思ったんですが、初っ端からWOLが集中砲火受けそうだったので、クラウドのLDアビリティ発動。敵のターンを吹き飛ばして、WOLにシールドを展開してもらいました。

1戦目で使ったLDアビリティはこの時だけで、あとは2戦目に取っておきます。

19Act目。クラウドのHP攻撃でモルボルを倒し、2戦目突入です。

2戦目

20Act目で2戦目開始。LDアビリティは全員解禁。

WOLは、1戦目と同じく自身にターゲットを向けさせて防御を担当します。敵が全体攻撃してくるようなら、LDを発動。すべてのHPダメージを無効にします。

クラウドは、着地形態の敵を狙う時はHP攻撃と凶斬り、浮遊形態を狙う時は画龍点睛とEXを使い分けます。浮遊形態の敵は、ブレイク以外で行動遅延することが出来ないので、その点だけ注意します。

ライトニングは、浮遊形態の敵を狙う時は、ブレイクするだけに留め、着地形態の敵をメインに狙っていきます。上記にも書いた通り、浮遊形態の敵はブレイク以外の遅延を受け付けないためです。

28Act目。敵のHPが80%を切りました。Bが浮遊形態に移行したがっているので、ダメージを与えられるだけ与えていきます。

33Act目。Bが浮遊形態になりました。

ライトニングでは次のBのターンまでにブレイクするのは辛いためAを狙います。その際、シールドバフが切れてしまうので、次のWOLのターンでシールドを再度付与してもらいます。

で、肝心のブレイクは、クラウドにお願いします。メテオレインやら画龍点睛やらの遠距離攻撃に弱くなっているので、楽にブレイク出来ます。

43Act目。BのHPが50%を切ったので、双方浮遊形態になりました。

このクラウドのターンで、両方をブレイクする自信がなかったのでアミダテリオンを呼び、LDで敵のターンを消してもらいました。アミダテリオンは5ターンが終わるまで、ずっと敵のターンを消し飛ばしてもらいます。

この間のWOLとライトニングですが、LDアビリティで大量のBRVが供給されるので、ブレイクは出来たらやるだけに留め、HP攻撃に専念します。

57Act目。クラウドが帰還。敵が2体ともブレイク状態なため、敵のクラッシュボールは確実に防げます。アミダは良い仕事してくれました。ダメージを効率的に与えるため、一度クラッシュボールを撃たせて地上に降りてもらいます。

ちなみにダメージは、WOLのLDアビリティの効果で0です。

59Act目。敵2体がクラッシュボールを使った後の状況になります。

ここまで来たら、あとはBTやら召喚やら使って、敵にターンを回さずに倒します。

60Act目。クラウドのターンが終わってWOLのターン。何か久々にバースト発動。ターンが回ってきたキャラに付与されているシールド値分のBRVリジェネが発生するバースト効果を利用して、HPに大ダメージを与えます。

62Act目。オーディン召喚。かなり遅いタイミングになってしまいました(笑)

敵のHPがもう見えません。全体攻撃を活用して、さっさと終わらせます。

召喚して3Act目。ライトニングでトドメです。

終わりに

今回は、リザルト撮り忘れませんでした。先にクリアした通常CHAOS部屋と黒・赤・緑部屋も大体同じくらいの結果です。

【DFFOO】ギルバート復刻イベントチャレンジクエストクリアメンバー3名紹介

あよあんです。ギルバート復刻イベント「紡ぐ愛は勇気の旋律」のチャレンジクエストをクリアしました。

パーティメンバーは、アーデン、キマリ、ホープ。召喚獣はアレクサンダーを選択しました。

目次

各キャラの役割
・アーデン
・キマリ
・ホープ
・召喚獣
敵対策
・オチュー&コチュー
・ラックラプター
実戦
・1戦目
・2戦目
終わりに

各キャラの役割

まず、各キャラの役割を紹介します。改めてみると、防御をガチガチにしすぎた感があります。固めすぎたかしら・・・?

アーデン

恩恵 BT/LD/真化完凸/第2防具 ボード13種マスター スフィアなし

アタッカー役。敵をブレイク時、Act加算なしの追撃行動が可能です。さらに、バーストによる実質1Act6回攻撃も行うため、Actミッション達成の役も担います。また、LDアビリティで付与される固有バフ「オーバーデス」により、敵の攻撃では死ぬことはありません。

キマリ

恩恵 LD/真化無凸/第2防具真化無凸 ボード10種マスター スフィアなし

サポーター役。竜剣によるHP回復、マイティガード&臭い息によるパーティの防御強化、EXアビリティで付与する真暗闇で確定回避。パーティへのダメージを軽減するバフ・デバフを駆使して、2戦目で活躍します。

ホープ

恩恵 真化完凸/第2防具真化完凸 ボード10種マスター スフィアなし

サポーター役。キマリとは違い、ホープは純バッファーになります。2種の通常アビリティで、パーティの防御面を強化しつつ、付与されたバフの総数で自身の攻撃を強化します。またAアビリティが、キマリのマイティガードと同様HPダメージを軽減する効果を持つため、併用することで死ににくくなります。

召喚獣

HPが80%未満になったときにHPリジェネが付与されます。メンバーにも回復役はいますが、念のため採用しました。

敵対策

続いて、敵の対策を紹介します。

オチュー&コチュー

1戦目に、オチュー1体、コチュー2体出現します。

通常のCHAOS難易度と同じように、パーティ全員でオチューを集中攻撃します。

コチューは基本無視で、致死量のBRVを持たれたら全体BRVダメージを与えられるアビリティでBRVだけを削るようにします。無理なら単体攻撃で削ります。

ラックラプター

2戦目に2体出現します。

要注意の行動は、アバターニードル(+含む)を使った後のターンの2回連続行動です。大量のBRVを持たれた時、どう対処するかを考えました。

CHAOSでは、グラディオを採用して庇ってカウンターを繰り返して対処したため、かなり楽にクリア出来ました。しかしチャレンジクエストは、カウンター役が採用できないため、キマリとホープが使えるバフとデバフで、防御面を強化することで対処しました。

アバターニードルを使った後、敵のターンが回ってくる間に、キマリはマイティガードでHPダメージ軽減、EXアビリティで真暗闇デバフを付与します。

ホープは、プロテスとシェルで防御を固めつつBRVを分配します。被ブレイクによって大量にBRVを所持されるのを防ぐためです。戦闘終盤に、同じような状況になったときは、Aアビリティを使ってパーティのHPダメージを軽減します。

実戦

実際に戦ってみます。

1戦目

上述したとおり、オチューを集中攻撃します。

この1戦目で、アーデンのファントムギア(頭上の帽子)を5段階まで上げておくと、アーデンのEXアビリティが++化し、ヒット数が増加され、次の行動時、アビリティ使用回数が減らなくなります。

ちなみに段階の上げ方は、

シフトブレイク、もしくはEXアビリティで敵をブレイクする。

です。

2戦目

22Act目で2戦目突入しました。

2戦目が開始されたら、キマリは早々にマイティガードでHPダメージ軽減のバフを味方に付与します。EXアビリティは、敵がアバターニードルを使ってきた後に使うようにすると、防御がかなり楽になります。

ホープは、バフの残りAct数を気にしながら、敵を攻撃&味方にBRV分配します。特にアーデンは追加行動によって、バフの残りAct数の減りが早いです。

最後にアーデン。自身が付与できるバフを切らさないように立ち回りつつ、敵のHPを均等に削っていきます。アビリティを乱発すると終盤に息切れするので、追加行動にHP攻撃を織り交ぜるなどして、多少の節約を心がけます。

43Act目。敵のHPが双方50%になってホープのターン。次の敵のターンで(Aがアバターニードル使用後なので)合計5連続行動してくるところです。

この状況での対処法は、召喚使ってもいいんですが、ガチガチの防御パーティなので、ホープのAアビでHPダメージを軽減。シェルとプロテスで防御強化&BRV分配して耐え抜きました。事前にマイティガードでダメージ軽減状態な上、敵にも臭い息と真暗闇デバフが付いてるおり、何より恩恵キャラなので耐え切る自信はありました。

上記の戦況を耐え抜き、54Act目。

敵のHPが30%を切ったので、アーデンBT発動。発動前にEXアビリティを使ってアスピル状態にしたので、その効果を存分に生かさせてもらいました。

58Act目。トドメ刺す所です。結局召喚は最後まで使いませんでした。

終わりに

クリアした後に気づいたことですが、キマリにもLDがあることを完全に忘れていました(汗)

あと、幻獣ボードで覚えた各召喚のパッシブも習得したけど装備していないという体たらく・・・どんだけ自分はキマリの扱い酷いんだと、戦闘終了後に猛省しました。

【DFFOO】キマリ断章チャレンジコンプ【攻略】

こんばんは、あよあんです。キマリ断章イベントのチャレンジクエストをパーフェクトクリア出来たので、報告します。

目次

  • パーティ構成
  • 戦闘
    ・1戦目
    ・2戦目
    ・リザルト

パーティ構成

メンバーは、アーデン、キマリ、ユウナを選択。召喚獣はリヴァイアサンを選びました。

アーデン・・・アタッカーとして採用。スフィアとAF以外は全て最高状態です。

キマリ・・・デバッファーとして採用。装備は真化無凸。幻獣ボードはパッシブ以外全て埋めた状態です。LD装備もパッシブ化しましたが、使う必要のない場面で1度だけ使った程度で、無くても問題ありませんでした。

ユウナ・・・サポーターとして採用。主に敵からデバフをもらったらエスナで治療。EXアビリティを使えるようになったら、攻撃にも参加させました。

戦闘

・1戦目

写真撮り忘れました(笑)。モルボル3体出てきますが、真ん中の大きいモルボルに集中砲火。左右の小さいのは、倒しても復活させられてしまうため、攻撃はブレイク目的等、最小限に留めます。

・2戦目

20Act目で突入。2体出現。開幕時、敵のリキャストゲージが溜まっているのでターンが回ったら、即撃ってきます。キマリのサンシャインで回避するか、マイティガードでHPダメージを抑えましょう。

各キャラの戦い方

アーデンは当然攻撃。オーバーデスバフの残りターン数に注意しつつ、敵をブレイクできるアビリティを選びながら戦います。

キマリは竜剣とジャンプ+で戦いつつ、敵のリキャストアビリティの発動タイミングに合わせてEXアビリティを撃ちます。敵の攻撃が外れることにより、HP回復も防ぐことができます。

ユウナはデバフをエスナで回復しつつ、EXアビリティで変化するBRV攻撃・HP攻撃で応戦します。

46Act目。サンシャインが間に合わないと判断したため召喚。ブレイクして行動を遅らせ、キマリのサンシャインを発動。召喚終了後、敵のリキャストアビリティが来ましたが、真暗闇デバフのおかげで完全回避。

49Act目。タイミング遅いですが、アーデンのバースト発動。モード中に敵HPが0になり勝利しました。

・リザルト

スコアカンストのパーフェクト。恩恵期間中とはいえ、やはりアーデンは相当ハイスペックです。

ミッション報酬も有り難くいただきました。

【DFFOO】2500万達成【イベント】

こんばんは、あよあんです。今朝方、ようやくレイドカオス共闘ミッションの2500万ダメージを達成しました。これで他のイベントに集中できます。

やっぱりというか何というか、「彼方~」の方より「此方~」の方が多く倒されてますね。個人ミッションオールコンプリートの時点で229回倒されています。これを書いている時は、もっと倒されているんだろうなぁ。

目次

  • レイドイベントの感想

恩恵キャラでパーティ組んだといっても50回戦うのは、正直しんどかったです。私の場合、途中事故ってもっと戦いましたが。1日5戦をノルマにしてましたが、1戦約20分ほど掛かっていたので、平日に挑戦となるとレイドだけで終わってしまい、他のイベントは後回しになっていました。休日なら当然時間に余裕ができますが、集中力が続かない&リンクベルの回復を待つで、案外進まなかったです。

ゲストで入ればリンクベルの問題は解決しますが、それでも集中力の持続は難しく、何よりアーデンを入れることで、まれにダメージが入らないバグが発生し、一気にやる気を奪われてしまったのは嫌な思い出・・・2~3回ほど遭遇しました。

9日のメンテナンス以降、バグには遭遇しなかったので後はノルマを遵守し、一定の集中力を保ちつつ、事故死しないよう立ち回って、ようやく制覇しました。

新年に入ったと同時(1月1日午前0時)に始まった今回のレイドイベント。初実装されたレイドカオス感想は、正月イベントというより、上級者ヘビーユーザー向けのイベントだったという印象でした。イベント開始から数日でクリアした方々が大勢いたからです。始まって1週間は、ニューイヤーキャンペーンで他にもイベントがたくさんあったはずなのに・・・、みんな早いなぁと思いながら、今日、やっと終わった~という達成感を味わいました。

2か月後、またレイドイベントが始まると思いますが、次回は年末年始のような長期的な休みはないので、2500万ダメージを与えるという個人ミッションは勘弁してもらいたいです。これの半分くらいだったら丁度いいと思っています。