2020年 12月 の投稿一覧

ストーリーガチャ(第3部4章~前編~②)成果 開催期間12/28~1/12

本記事では12/28に開催されたストーリーガチャ(第3部4章~前編~②)で入手できる武器と筆者の成果を記載しています。

本ガチャの狙い目武器

その他入手可能な武器

成果

12/28

無料11連の成果。デッシュ専用2、ガウEX当たりました。ユウナBTは①のほうでLD武器と一緒に狙うため、本ガチャはこれで終了です。

最終成果

無料11連で、専用2、EX1出ました。

ストーリーガチャ(第3部4章~前編~①)成果 開催期間 12/28~1/12

本記事は12/28に開催されたストーリーガチャ(第3部4章~前編~①)で入手可能な武器と筆者の成果を記載しています。

本ガチャの狙い目武器

本ガチャのお薦め武器は、新たに実装されたユウナのBT/LD武器と再販されたトレイのLD武器となります。
※説明文はファミ通公式サイトより引用
ユウナにLD&BT武器が実装! キャラ調整と覚醒80解放も【2020.12.28アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)
トレイにLD武器が実装! 覚醒80解放も実施【2020.8.21アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)

ユウナBT武器“ニルヴァーナ【Ⅹ】”

この武器を装備することで、ユウナはBTアビリティ「異界送り」を使用することが出来ます。

≪フィニッシュバースト≫ 異界送り

バーストモード発動可能となり、バーストモード中最後の行動で以下の“異界送り”が使用可能

◎異界送り
・自身に自身の初期BRVの250%分BRVを加算し、敵全体に自身の現在BRVの100%分HPダメージを5回与える(与えるHPダメージは分配。この攻撃で自身のBRVは消費しない)
 その後、10HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃(与えるHPダメージは分配)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・与えるBRVダメージ上限が9999を20%分突破可能(11998まで)
・奪ったBRVと加算したBRVが最大BRVを超えて179998まで加算でき、与えるHPダメージ上限も99999を80%分突破可能(179998まで)
・使用後 以下のバースト効果を8ACT付与

≪バースト効果≫
・味方全員に以下の効果
⇒与えるBRVダメージ30%アップ&奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限20%アップ
⇒与えるBRVダメージ上限が9999を20%分突破可能(11998まで)
・味方全員に弱体効果が1つも付与されていない時、さらに下記の効果が発生
⇒与えるBRVダメージ&与えるHPダメージ20%アップ
⇒所持できるBRVと与えるHPダメージ上限が99999を20%分突破可能(119998まで。最大BRVの上限突破効果によってBRVが99999を超える場合のみ有効)
※同一キャラクターのバースト効果は重複しない

ユウナLD武器“ネメシスロッド【Ⅹ】”

この武器を装備もしくはパッシブ化することで、ユウナはLDアビリティ「シューティング・ノヴァ」を使用できます。

≪LDアビリティ≫ シューティング・ノヴァ
・味方全員の弱体効果を全て回復し、味方全員に自身の攻撃力の150%分BRVを加算
・その後、4HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃を3回行う(与えるHPダメージは分配)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの200%分)
・最後のHP攻撃を除くHP攻撃後、与えた合計HPダメージの50%分 自身のBRVをアップさせる
・自身に12ACT“わたしは飛べる”、6ACT特殊効果“ヴァルファーレ”付与
・使用回数は4回
強化効果“わたしは飛べる”に関して
・味方全員に以下の効果
⇒最大BRV&攻撃力&与えるBRVダメージ20%アップ
・味方全員に弱体効果が1つも付与されていない時、以下の効果が追加
⇒自身の与えるBRVダメージ40%アップ(自身は合計60%アップになる)
⇒味方全員の最大BRV&攻撃力&与えるHPダメージ20%アップ
LD武器“ネメシスロッド【X】”またはパッシブ“父から受け継いだ使命”を装備している場合の特殊効果“ヴァルファーレ”に関して

・通常“BRV攻撃” “ソニックウィング” “ソニックウィング+”が“ソニックウィング++”に変化
・通常“HP攻撃” “HP攻撃+” “シューティング・レイ” “シューティング・レイ+”が“シューティング・レイ++”に変化

◎ソニックウィング++
・自身に自身の初期BRVの300%分BRVを加算+4HIT魔法BRV攻撃+HP攻撃を2回行う
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%分)
・与えた合計HPダメージの30%分BRVを味方全員に加算
・自身のリキャストゲージが20%溜まる

◎シューティング・レイ++
・味方全員に自身の攻撃力の100%分BRVを加算
・その後、3HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃+与えた合計HPダメージの50%分自身のBRVをアップ+3HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃(与えるHPダメージは分配)
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの180%分)
・自身のリキャストゲージが20%溜まる

限界突破&LDボード

≪限界突破効果≫
(1)シューティング・ノヴァパワー
・自身の初期BRV10%アップ&攻撃力40%アップ
・“シューティング・ノヴァ”の与えるBRVダメージを小アップ

(2)わたしは飛べるロング
・自身の初期BRV10%アップ&攻撃力40%アップ
・“シューティング・ノヴァ”使用時、“わたしは飛べる”の6ACT期間延長(6⇒12ACT)

(3)シューティング・ノヴァチャージ
・自身の初期BRV10%アップ&攻撃力40%アップ
・“シューティング・ノヴァ”の使用回数+1

≪LDボード内“父から受け継いだ使命エクステンド”について≫
・“シューティング・ノヴァ”使用時
⇒“4HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃を2回行う”が、“4HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃を3回行う”に変化し、合計BRV威力も極大アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限50%アップ(150%⇒200%)
⇒最後のHP攻撃を除くHP攻撃後、与えた合計HPダメージの50%分 自身のBRVをアップさせる

≪LDボードで習得可能なおもなパッシブアビリティ≫
・シューティング・ノヴァパワーLv9
 “シューティング・ノヴァ”の与えるBRVダメージ10%アップ
・シューティング・ノヴァBRVアタックアドバンスLv9
 “シューティング・ノヴァ”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限20%アップ
・シューティング・レイ++パワーLv9
 “シューティング・レイ++”の与えるBRVダメージ10%アップ
・シューティング・ノヴァBRVアップ
 “シューティング・ノヴァ”のBRV加算量5%アップ
・シューティング・ノヴァBRVアップアドバンス
 “シューティング・ノヴァ”使用時、加算したBRVを最大BRVを超えて加算する上限5%アップ
・ソニックウィング++パワー
 “ソニックウィング++”の与えるBRVダメージ20%アップ

トレイLD武器“プラチナボウ【零式】”

この武器を装備もしくはパッシブ化することで、トレイはLDアビリティ「ヒット&シールド」を使用できます。

≪LDアビリティ≫ ヒット&シールド
・3HIT遠距離物理BRV攻撃+HP攻撃を3回行う
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%分)
・最後のHP攻撃を除くHP攻撃後、与えた合計HPダメージの20%分自身のBRVをアップさせる
・最後のHP攻撃HIT時、ターゲット以外にも与えた合計HPダメージの50%分のHPダメージ
・敵全体に6ACT弱体効果“ファイアシールド”付与
・使用回数は4回
弱体効果“ファイアシールド”に関して

・受けるBRVダメージ20%アップ&スリップ効果
・弱体効果“ファイアシールド”が付与されている対象の行動後、以下の“ファイアシールド” が発動

◎ファイアシールド
・自身に自身の攻撃力の70%分BRVを加算+2HIT遠距離物理BRV攻撃+HP攻撃+4HIT遠距離物理 BRV攻撃+HP攻撃
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%分)
・与えた合計HPダメージの30%分自身のBRVをアップさせる
・この攻撃では吹きとばしは発生しない

限界突破&LDボード

≪限界突破効果≫
(1)ヒット&シールドパワー
・自身の攻撃力20%アップ
・“ヒット&シールド”の与えるBRVダメージ10%アップ

(2)ファイアシールドロング
・自身の攻撃力20%アップ
・“ヒット&シールド”使用時、弱体効果“ファイアシールド”の3ACT期間延長(3⇒6ACT)

(3)ヒット&シールドチャージ
・自身の攻撃力20%アップ
・“ヒット&シールド”の使用回数+1

≪LDボード内“冷静沈着な射手エクステンド”について≫
・“ヒット&シールド”使用時、
“3HIT遠距離物理BRV攻撃+HP攻撃を2回行う”が、“3HIT遠距離物理BRV攻撃+HP攻撃を3回行う”に変化し、合計BRV威力極大アップ
・“ファイアシールド”発動時、
⇒攻撃力依存のBRV加算量20%アップ(50%⇒70%)
⇒“4HIT遠距離物理BRV攻撃+HP攻撃”が、“2HIT遠距離物理BRV攻撃+HP攻撃+4HIT遠距離物理 BRV攻撃+HP攻撃”に変化し、合計BRV威力中アップ

≪LDボードで習得可能なおもなパッシブアビリティ≫
・ヒット&シールドパワーLv9
 “ヒット&シールド”の与えるBRVダメージ20%アップ
・ヒット&シールドBRVアタックアドバンスLv9
 “ヒット&シールド”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限10%アップ
・ファイアシールドアップLv9
 “ファイアシールド”の与えるBRVダメージ20%アップ
・ヒット&シールドパワーII
 “ヒット&シールド”の与えるBRVダメージ10%アップ
・ヒット&シールドBRVアタックアドバンスII
 “ヒット&シールド”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限5%アップ
・ヒット&シールドクリティカルパワー
 “ヒット&シールド”使用時クリティカルヒット時、与えるBRVダメージ10%アップ

ユウナのBT/LD武器は、派生タイトルでの初めてのBT実装。対するトレイは、敵の行動終了後にダメージを与えるカウンター系デバフを付与するLDアビリティが使用できるようになります。

その他入手可能な武器

上記の武器以外に、ロック、ユウナ、トレイのEX武器が入手できます。

成果

12/28

無料11連の成果。ロックとトレイの専用が当たりました。無料11連はこれが普通です。

12/29

チケット110使ってロックの相性2・EX1、ユウナの相性2・EX1、トレイの相性1・EX3出ました。1日に使いすぎましたが、31日のイベントでまた回収できると思うので奮発しました。

12/30

チケット40枚使ってロックの相性2・EX2、ユウナの相性1・専用1・LD1当たりました。

チケットでLD出たのはありがたいですが、それでも100枚以上使いました。ティーダのBT/LD同様、Ⅹ勢とはあまり縁が無いようです。残りのBTもいただくつもりですがね。

12/31

大晦日のガチャ成果は、チケット30枚使ってトレイ相性のみでした。写真はショックすぎて撮り忘れました(汗)

年末最後のイベント実装に伴い新たなガチャも開催されたので、本ガチャもこれで最後となります。

最終成果

チケット180枚と無料11連で、相性9・専用3・EX7・LD1出ました。

ティーダBT/LDガチャと比較すると、ジェムも大量に使ったあちらと違って、こちらはチケットだけでユウナLD当たりました。

出た当初は「当てるのに、こんなに使ってしまった」と、自分の運の悪さを呪いましたが、過去・・・・・・特にガチャメダルと交換した武器を比較すると、「そんなに運は悪くなかったんだな」と、時が経つと気づくことがあります。

キャンペーンガチャ(クリスマススペシャル)成果 開催期間12/25~1/8

 本記事では、12/25より開催されたキャンペーンガチャ(クリスマススペシャル)で入手できる武器と筆者の成果を記載しています。

本ガチャの狙い目武器

 本ガチャでお薦め武器は、再販されているケフカ・ヴァン・アーデンのBT/LD武器となります。
※説明文はファミ通公式サイトより引用
ケフカにLD武器&BT武器が実装!【2020.1.16アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)
ヴァンにLD武器&BT武器が実装!【2019.11.29アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)
【新キャラ参戦】アーデン性能解説【2019.12.27アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)

 この3人にLDボードが実装され、ヴァンにはさらにキャラ調整が入りました。

ケフカBT武器“ノーブルな髪飾り【Ⅵ】”

 この武器を装備することで、ケフカはBTアビリティ「ミッシング」を使用できます。

≪フィニッシュバースト≫ ミッシング
◎ミッシング
・15HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃(与えるHPダメージは等倍)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・弱体効果が付与された対象にweakが発生
・与えるBRVダメージ上限を20%突破(11,998まで)
・与えるHPダメージ上限を80%突破(179,998まで)
・使用後、バースト効果が4ACT発動
≪バースト効果≫
味方全員が弱体効果が付与された対象を攻撃時、敵それぞれに付与された弱体効果の数に応じて 与えるHPダメージアップ(弱体効果1種につき5%アップ、最大40%アップ。同一キャラクターのバースト効果は重複しない)
いつぞやのアップデートで敵に付与できるバフ・デバフ枠が8個になったため、30%から40%にダメージアップしました。

ケフカLD武器“エレクトロな髪飾り【Ⅵ】”

 この武器を装備もしくはパッシブ化することで、ケフカはLDアビリティ「ハイパードライブ」を使用できます。

≪LDアビリティ≫ ハイパードライブ
・敵全体に5ACT“攻撃力50%ダウン”“防御力50%ダウン”“素早さ40%ダウン”付与し、6HIT魔法BRV攻撃+全体HP攻撃+8HIT魔法BRV攻撃+全体HP攻撃(与えるHPダメージは等倍)
・弱体効果が付与された対象にWeakが発生
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの180%分)
・敵全体の自身が付与した弱体効果の期間を1ACT延長し、銀フレーム付き弱体効果に変化させる
・自身に8ACT“妖星乱舞”付与
・使用後、次の行動時にアビリティの使用回数を消費しない(一部のアビリティを除く)
・使用回数は4回
強化効果“妖星乱舞”に関して
・自身に以下の効果
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限40%アップ
⇒行動開始時自身の最大BRVの20%分BRVを加算
⇒与えるBRVダメージ20%アップ
⇒敵それぞれに付与された弱体効果数×5%分与えるHPダメージアップ
限界突破&LDボード

≪限界突破効果≫
(1)ハイパードライブパワー
・自身の攻撃力を10%アップ
・“ハイパードライブ”の与えるBRVダメージを小アップ

(2)ハイパードライブスプレッドアップ
・自身の攻撃力を10%アップ
・“ハイパードライブ”使用時、ターゲット以外に与えるHPダメージ30%アップ(ターゲット以外へのHPダメージ80%になる)

(3)ハイパードライブチャージ
・自身の攻撃力を10%アップ
・“ハイパードライブ”の使用回数+1≪LDボードで習得可能なおもなパッシブアビリティ≫
・ハイパードライブパワーLv9
 “ハイパードライブ”の与えるBRVダメージ20%アップ
・ハイパードライブBRVアタックアドバンスLv9
 “ハイパードライブ”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限10%アップ
・ハイパードライブデバフパワーLv9
 “ハイパードライブ”使用時に弱体効果が付与された敵がいる時、与えるBRVダメージ10%アップ
・ハイパードライブパワーII
 “ハイパードライブ”の与えるBRVダメージ10%アップ
・ハイパードライブBRVアタックアドバンスII
 “ハイパードライブ”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限5%アップ
・デバフブーストアップ
 弱体効果が付与されている敵がいる時、自身の最大BRV10%アップ

ヴァンBT武器“デュランダル【Ⅻ】”

 この武器を装備することで、ヴァンはBTアビリティ「カラミティドライブ」を使用できます。

 

≪フィニッシュバースト≫ カラミティドライブ
◎カラミティドライブ
・12HIT魔法BRV攻撃+HP攻撃
・与えるBRVダメージ上限を150%突破(24,997まで)
・与えるHPダメージ上限を200%突破(299,997まで)
・使用後 バースト効果が4ACT発動
≪バースト効果≫
味方全員のBRVがそれぞれの最大BRVの20%以上の時
最大BRVの20%未満にならない
それぞれの最大BRVの20%未満の時はそれ以上減少しない(同一キャラクターのバースト効果は重複しない)

ヴァンLD武器“古代の剣【Ⅻ】”

 この武器を装備もしくはパッシブ化することで、ヴァンはLDアビリティ「グラウンドゼロ」を使用できます。

≪LDアビリティ≫ グラウンドゼロ
・2HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃を6回行う(与えるHPダメージは分配)
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの200%分)
・自身に3ACT“ミストカート”、8ACT“自由への飛翔”付与
・使用回数は4回
付与される強化効果

強化効果“ミストカート”に関して
・自身に以下の効果
⇒付与中、アビリティ使用回数が減らない(一部のアビリティは除く)
⇒攻撃力30%アップ
⇒BRVが最大BRVの20%未満にならない(20%未満の時はそれ以上減少しない)
※この強化効果は期間を延長できない

強化効果“自由への飛翔”に関して
・自身に以下の効果
⇒最大BRV20%アップ
⇒攻撃力30%アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限20%アップ
⇒与えるHPダメージ10%アップ
⇒BRVリジェネ

 EXアビリティを使わないと付与されない「自由への飛翔」が、LDアビリティを使うことで付与されるようになりました。ただし、そのためにはLDボードの「恐れ知らずの少年エクステンド」パッシブを装備する必要があります。

限界突破&LDボード

≪限界突破効果≫
(1)グラウンドゼロパワー
・自身の攻撃力を30%アップ
・“グラウンドゼロ”の与えるBRVダメージを小アップ

(2)ミストカートロング
・自身の攻撃力を30%アップ
・“グラウンドゼロ”使用時“ミストカート”の1ACT期間延長

(3)グラウンドゼロチャージ
・自身の攻撃力を30%アップ
・“グラウンドゼロ”の使用回数+1

≪LDボード内“恐れ知らずの少年エクステンド”について≫
・“グラウンドゼロ”の使用回数+1
・自身のアビリティ使用中、敵全体の火氷雷水土風聖闇属性耐性が減少する(同属性の減少効果は重複しない。通常“BRV攻撃”通常“HP攻撃”が変化したアビリティ使用時も含む)
・“グラウンドゼロ”使用時
⇒攻撃前に“ミストカート”付与に変化
⇒“8HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃”が、“2HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃を6回行う”に変化し、合計BRV威力も極大アップ
⇒自身に8ACT“自由への飛翔”付与
・“ミストカート”に以下の効果が追加
⇒自身の攻撃力30%アップ
⇒自身のBRVが自身の最大BRVの20%未満にならない(20%未満の時はそれ以上減少しない)
・“自由への飛翔”に以下の効果が追加
⇒自身の最大BRV20%アップ
⇒自身の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限20%アップ
⇒自身の与えるHPダメージ10%アップ

≪LDボードで習得可能なおもなパッシブアビリティ≫
・グラウンドゼロパワーLv9
 “グラウンドゼロ”の与えるBRVダメージ10%アップ
・グラウンドゼロBRVアタックアドバンスLv9
 “グラウンドゼロ”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限20%アップ
・グラウンドゼロクリティカルパワーLv9
 “グラウンドゼロ”がクリティカルヒット時、与えるBRVダメージ10%アップ
・グラウンドゼロパワーII
 “グラウンドゼロ”の与えるBRVダメージ5%アップ
・グラウンドゼロBRVアタックアドバンスII
 “グラウンドゼロ”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限10%アップ
・グラウンドゼロフォーカスアタック
 “グラウンドゼロ”の攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ10%アップ

アーデンBT武器“ルインブレード【XV】”

 この武器を装備することで、アーデンはBTアビリティ「ファントム・ディストラクション」を使用できます。

≪フィニッシュバースト≫ ファントム・ディストラクション
・15HIT全体近距離物理BRV攻撃+全体HP攻撃(与えるHPダメージは等倍)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・与えるBRVダメージ上限を20%突破(11,998まで)
・与えるHPダメージ上限を80%突破(179,998まで)
・HP攻撃後、対象のブレイク状態を解除
・使用後、バースト効果が8ACT発動
≪バースト効果≫
味方全員の最大BRVアップし、それぞれの行動開始時、最大BRVに応じたBRV加算が発生(アーデンが敵をブレイクする度に2回まで効果が上昇。効果は共通で、10%、30%、50%)

アーデンLD武器“闘王の刀【XV】”

 この武器を装備もしくはパッシブ化することで、アーデンはLDアビリティ「ダークトルネド」を使用できます。

≪LDアビリティ≫ ダークトルネド
・自身のHPを0にし、減らしたHPの100%分BRVを自身に加算
・加算したBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの120%分)
・その後、2HIT全体近距離物理BRV攻撃+単体HP攻撃+8HIT全体近距離物理BRV攻撃+単体HP攻撃
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%分)
・ターゲット以外にも与えた合計HPダメージの50%分のHPダメージ
・自身に8ACT特殊効果“ファントムギア”2段階(上限5)、10ACT“オーバーデス”付与
・使用後、次の行動時にアビリティの使用回数を消費しない(一部のアビリティを除く)
・使用回数は4回
強化効果“オーバーデス”に関して
・自身に以下の効果
⇒最大BRV40%アップ+攻撃力60%アップ
⇒付与中はHPが0になっても戦闘不能にならず、解除時HP1回復する
⇒与えるBRVダメージ20%アップ
⇒与えるHPダメージ20%アップ
⇒付与する強化効果の1ACT期間延長
限界突破&LDボード

≪限界突破効果≫
(1)ダークトルネドパワー
・自身の攻撃力を20アップ
・“ダークトルネド”の与えるBRVダメージを小アップ

(2)オーバーデスロング
・自身の攻撃力を20%アップ
・“ダークトルネド”使用時“オーバーデス”の5ACT期間延長

(3)ダークトルネドチャージ
・自身の攻撃力を20%アップ
・“ダークトルネド”の使用回数+1

≪LDボード内“王家への復讐心エクステンド”について≫
・“ダークトルネド”使用時、
⇒“8HIT全体近距離物理BRV攻撃+単体HP攻撃”が、“2HIT全体近距離物理BRV攻撃+単体HP攻撃+8HIT全体近距離物理BRV攻撃+単体HP攻撃”に変化し、合計BRV威力も大アップ
⇒自身に8ACT特殊効果“ファントムギア”2段階付与
⇒“オーバーデス”の1ACT期間延長(9⇒10ACT)
⇒使用後、次の行動時にアビリティの使用回数を消費しない(一部のアビリティを除く)
・“オーバーデス”に以下の効果が追加
⇒自身の与えるBRVダメージ20%アップ
⇒自身の与えるHPダメージ20%アップ
⇒自身の付与する強化効果の付与期間を1ACT追加

≪LDボードで習得可能なおもなパッシブアビリティ≫
・ダークトルネドパワーLv9
 “ダークトルネド”の与えるBRVダメージ10%アップ
・ダークトルネドBRVアタックアドバンスLv9
 “ダークトルネド”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限10%アップ
・ダークトルネドブレイクヒットパワーLv9
 “ダークトルネド”で対象をブレイクまたはブレイク中攻撃時、与えるBRVダメージ10%アップ
・ダークトルネドBRVアップ
 “ダークトルネド”のBRV加算量10%アップ
・ダークトルネドBRVアップアドバンス
 “ダークトルネド”使用時、加算したBRVを最大BRVを超えて加算する上限10%アップ
・ダークトルネドフォーカスアタック
 “ダークトルネド”の攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ10%アップ

その他入手可能な武器

 上記のBT/LD武器の他に、ケフカ、ヴァン、アーデンのEX武器も入手できます。

成果

12/25

 無料11連のみ回しました。写真撮り忘れました(汗)。

1/3

 チケット30枚使って、ケフカLDとヴァン相性当たりました。狙いは未所持のヴァンBTです。1点狙いは当たりづらいので、開催期間中に何かしらのBTが当たればいいかと思っています。

1/4

 チケット10枚でケフカ専用が当たりました。

 あと3日でクリスマスガチャも終了。ジェムは新しく実装されたBTの方につぎ込むので、チケットだけで狙います。

1/5

チケット11枚消費して、ケフカ相性当たりました。本ガチャ終了まであと2日。間に合え!ヴァンBT!!

1/6

チケット計11枚使って、ヴァンLD当たりました。

BTじゃなかった(´;ω;`)。回せる日はあと1日。

1/7

今日で最後になります。8日までとありますが、回せるのは7日までです。

最終日はチケット40枚使って、ケフカ相性2・LD1・BT1、アーデン相性1・専用1当たりました。本ガチャ最初で最後のBTはケフカでした(既出)ヴァンBTじゃなくて残念ですが、1つ出たので良しとします。

最終成果

無料11連とチケット102枚使って、相性5・専用2・LD4・BT1出ました。

イベントガチャ(ボスラッシュクエスト)成果 開催期間12/23~1/6

本記事では、12/23より開催されたイベントガチャ(ボスラッシュクエスト)で入手できる武器と筆者の成果を記載しています。

本ガチャの狙い目武器

本ガチャの目玉武器は、新たに実装されたレオンハルトのLD武器と再販されたジャックのLD武器です。
※説明文はファミ通公式サイトより引用

レオンハルトのLD武器・LDボード実装! 覚醒80解放も【2020.12.23アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)

ジャックにLD武器が実装! 覚醒80解放も実施【2020.6.16アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)

レオンハルトLD武器“フレームソード【Ⅱ】”

この武器をレオンハルト画装備もしくはパッシブ化することで、LDアビリティ「ダークイロージョン」が使用できます。

≪LDアビリティ≫ ダークイロージョン
・5HIT闇属性全体近距離物理BRV攻撃+全体HP攻撃を2回行う(与えるHPダメージは分配)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの200%分)
・与えた合計HPダメージの50%分、自身のHP回復(回復量の上限は、自身の最大HPの35%分)
・最初のHP攻撃時に対象に4ACT“闇耐性ダウン”付与
・対象に6ACT弱体効果“ダークドレイン”付与、自身に9ACT“闇の呼び声”付与
・使用回数は4回
強化効果“闇の呼び声”に関して

・味方全員に、受けるHPダメージ30%軽減の効果
・自身に以下の効果
⇒攻撃力20%アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限20%アップ
⇒HP攻撃後、与えた合計HPダメージの20%分自身のBRVをアップさせる (1回の行動で1回のみ)
⇒与えるHPダメージ10%アップ
⇒通常“BRV攻撃”BRV攻撃+”“BRV攻撃++”が“BRV攻撃+++”に変化
⇒通常“HP攻撃”“HP攻撃+”“HP攻撃++”が“HP攻撃+++”に変化

◎BRV攻撃+++
・4HIT近距離物理BRV攻撃

◎HP攻撃+++
・3HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%分)
・与えたHPダメージの20%分自身のHP回復(回復量の上限は 自身の最大HPの10%分)

弱体効果“ダークドレイン”に関して

・受けるBRVダメージ20%アップ
・付与されている対象の行動後、以下の“ダークドレイン”が発動

◎ダークドレイン
・自身に自身の最大BRVの20%BRVを加算+HP攻撃+4HIT闇属性魔法BRV攻撃+HP攻撃
・加算したBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの120%分)
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの120%分)
・最後のHP攻撃HIT時、ターゲット以外にも与えた合計HPダメージの20%分のHPダメージ
・ターゲットに与えた合計HPダメージの50%分、味方全員のHP回復(回復量の上限は、それぞれの最大HPの10%分)
・この攻撃では吹きとばしは発生しない

限界突破&LDボード

≪限界突破効果≫
(1)ダークイロージョンパワー
・自身の攻撃力を10%アップ
・“ダークイロージョン”の与えるBRVダメージを10%アップ

(2)ダークドレイン&闇の呼び声ロング
・自身の攻撃力を10%アップ
・“ダークイロージョン”使用時、
⇒弱体効果“ダークドレイン”の3ACT期間延長(3⇒6ACT)
⇒“闇の呼び声”の5ACT期間延長(4⇒9ACT)

(3)ダークイロージョンチャージ+++
・自身の攻撃力10%アップ
・“ダークイロージョン”使用回数+1
・“闇の呼び声”付与中、
⇒通常“BRV攻撃”“BRV攻撃+”“BRV攻撃++”が“BRV攻撃+++”に変化
⇒通常“HP攻撃”“HP攻撃+”“HP攻撃++”が“HP攻撃+++”に変化

≪LDボード内“強烈な野心エクステンド”について≫
・クエスト開始時、自身に4ACT“闇の呼び声”付与
・“ダークイロージョン”使用時、
⇒BRV攻撃のHIT数が合計2HIT増え、合計BRV威力も極大アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限50%アップ(150⇒200%)
・“ダークドレイン”使用時、
⇒最初のBRV攻撃前にHP攻撃が追加
⇒加算したBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの120%分)

≪LDボードで習得可能なおもなパッシブアビリティ≫
・ダークイロージョンパワーLv9
 “ダークイロージョン”の与えるBRVダメージ10%アップ
・ダークイロージョンBRVアタックアドバンスLv9
 “ダークイロージョン”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限20%アップ
・ブレイブ攻撃+++HP攻撃+++アップLv9
 “BRV攻撃+++”“HP攻撃+++”の与えるBRVダメージ20%アップ
・ダークイロージョンパワーII
 “ダークイロージョン”の与えるBRVダメージ5%アップ
・ダークイロージョンBRVアタックアドバンスII
 “ダークイロージョン”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限10%アップ
・ダークドレインアップ
 “ダークドレイン”の与えるBRVダメージ20%アップ

ジャックLD武器“百足丸【零式】”

この武器をジャック画装備もしくはパッシブ化することで、LDアビリティ「一閃突破」が使用できます。

≪LDアビリティ≫ 一閃突破

・ターゲットをブレイクし、3HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃
 +与えたHPダメージの20%分、自身のBRVをアップさせる
 +5HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃
・クリティカル時、与えるBRVダメージ50%アップ
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する (上限は自身の最大BRVの150%分)
・ターゲット以外にも、与えた合計HPダメージの50%分のHPダメージ
・ターゲットに与えた合計HPダメージの20%分、自身のBRVをアップさせる
・敵全体に6ACT“刀傷”1段階付与(上限5)
・ターゲットブレイク時またはブレイク中攻撃時、追加攻撃が発動
・使用回数は4回

◎追加攻撃
・自身に自身の攻撃力の100%分BRVを加算し、6HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃。
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの120%分)
・次回行動順がターゲットより後ろの場合ターゲットの直前に移動(召喚中は除く)。

弱体効果“刀傷”に関して
・“防御力ダウン”と“ブレイク時、またはブレイク中に受けるBRVダメージアップ”の効果
・付与された対象がBRV攻撃またはHP攻撃を受けた時も1段階アップ(召喚による攻撃を除く。段階アップは1回の行動で1回のみ)
・段階に応じて
⇒防御力ダウン:10%、15%、20%、30%、50%
⇒ブレイク時ブレイク中に受けるBRVダメージアップ:10%、15%、20%、25%、30%
限界突破&LDボード

≪限界突破効果≫
(1)一閃突破パワー+++
・自身の最大BRV10%アップ、攻撃力を20%アップ
・“一閃突破”のBRVダメージ10%アップ
・“渾身の力”付与中、
⇒通常“BRV攻撃”“BRV攻撃+”“BRV攻撃++”が“BRV攻撃+++”に変化
⇒通常“HP攻撃”“HP攻撃+”“HP攻撃++”が“HP攻撃+++”に変化

◎BRV攻撃+++
・4HIT近距離物理BRV攻撃
・ターゲットブレイク時、追加攻撃が発動
※“BRV攻撃+”“BRV攻撃++”で発動していた“引導渡し”の代わりに、追加攻撃が発動。
※追加攻撃の内容は“一閃突破”使用時のものと同じ。

◎HP攻撃+++
・3HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの120%分)
・ターゲットブレイク時、追加攻撃が発動
※“HP攻撃+”“HP攻撃++”で発動していた“引導渡し”の代わりに、追加攻撃が発動。
※追加攻撃の内容は“一閃突破”使用時のものと同じ

(2)一閃突破デバフロング
・自身の最大BRV10%アップ、攻撃力を20%アップ
・“刀傷”の期間延長(3⇒6ACT)

(3)一閃突破チャージ
・自身の最大BRV10%アップ、攻撃力を20%アップ
・“一閃突破”の使用回数+1

≪LDボード内“前向きな心エクステンド”について≫
・“一閃突破”使用時、“8HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃”が“3HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃+与えたHPダメージの20%分、自身のBRVをアップ+5HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃”に変化し、合計BRV威力も大アップ

≪LDボードで習得可能なおもなパッシブアビリティ≫
・一閃突破パワーLv9
 “一閃突破”の与えるBRVダメージ20%アップ
・一閃突破BRVアタックアドバンスLv9
 “一閃突破”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限10%アップ
・一閃突破BRVアップLv9
 “一閃突破”のBRV加算量10%アップ
・一閃突破パワーII
 “一閃突破”の与えるBRVダメージ10%アップ
・一閃突破BRVアタックアドバンスII
 “一閃突破”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限5%アップ
・バフアタックアップII
 自身に強化効果が付与されている時自身の攻撃力10%アップ

その他の入手可能な武器

上記のLD武器以外に、レオンハルト、ジャック、リリゼットのEX武器とティーダのBT武器が入手できます。

ティーダのBT武器が入手できるガチャは、これで最後となります。

成果

12/23

無料11連の成果です。リリゼットの相性・専用、ジャックの相性が当たりました。このあとチケット20枚分回しましたが、すべてハズレました。流れはなかったようです。

12/24

クリスマスイヴはチケット53枚使って、レオンハルト相性2、リリゼットの相性とEXが1ずつ当たりました。レオンハルトのLDかティーダBTで、クリスマスプレゼントと洒落こみたいところでしたが、そうは問屋が卸しませんでした。

12/25

チケット30枚と10000ジェム使って、ジャック相性とLDが2ずつ、リリゼット専用、レオンハルト相性が当たりました。

ジャックLDは断章実装時に入手済み。運の流れは来てたと思いますがやめました。理由は、ティーダBT/LD初実装時のガチャでエアリスLDが4本当たったからです(そちらも被り)。

同じ轍を踏まないよう今回は断念しました。

12/26

チケット合計70枚使って、レオンハルト専用とLD、ジャック相性1・専用2・EX1、リリゼット相性3当たりました。

最初は無料でレオンハルト専用、チケット9枚目でジャック専用、その後7枚目でレオンハルトLDが出ました。残るはティーダBT狙いでしたが、10連写真の4枚目で星5が出なくなった所で切り上げました。

明日、ユウナBT/LDのガチャが実装されるから、それまでにティーダBT出てほしいですね。

12/27

チケット19枚使って、リリゼットEX当たりました。

ユウナBT/LD実装までに、ティーダBT間に合いませんでした(泣)。でも、まだ開催してるので、諦めずに狙っていきます。]

12/28

チケット27枚消費して、レオンハルト相性が1つ当たりました。消費枚数の割には内容がよろしくなかったです。

12/29

本日で決着です。チケット21枚と15000ジェム使って、レオンハルト相性2・EX1・LD1、リリゼット相性1・EX1、ジャック相性1・EX1・LD1、そしてティーダBTがようやく当たりました。

チケット10連で星5武器が4つ、内2つがEXだったので「今日なら行ける」と思ってジェムにシフトしたらBT出ました。

最終成果

チケット240枚と25000ジェム消費して、相性17・専用5・EX6・LD5・BT1出ました。

チケットはいくら消費しても良いという考えですが、200枚以上使っていたと知った時は、やりすぎたなと思いました。

ティーダの武器に至っては、LD武器も合わせるとチケット332枚、95000ジェム使ったことになります。しかもガチャメダル交換……。共闘で何度も見かけて、Act加算無しの攻撃に加えてボール追撃。3回追撃すれば、それがブレイク状態解除&再ブレイクの全体攻撃となるので、強いっちゃ強い。

クイーン参戦イベント「賢き力」LUFENIA難易度クリアメンバー3名紹介

本記事では、12/8に開催されたクイーン参戦イベント「賢き力」のLUFENIA難易度に出現する敵の対策とクリアメンバーを記載しています。

敵情報

ストロングビーストⅹ3

弱点・耐性

属性弱点・耐性風弱点
デバフ弱点・耐性なし

カウント

出現条件HP80%未満になった時
消滅条件なし
増加条件HPリジェネで回復した時1増加
効果で行動順が3つ下がった時15増加(上限:20)
減少条件プレイヤー行動時1減少
カウント対象行動時2減少

特徴と対策

防御を重視したパーティ編成

本クエストに出現する敵は3体。しかも戦闘開始時点でリキャストゲージがMAXの状態です。このリキャストアビリティは、使用時にデバフ(銀含む・金除く)を全て解除し、こちらのHPダメージ軽減・無効の効果を無視してきます。これを3連続で使われると全滅必至です。

ただ、BRVダメージ軽減までは無視されないので、可視・不可視バフで防御力を上げつつBRVシールドを展開できるキャラを編成するとダメージは受けますが全滅まではしません。敵のリキャストゲージが溜まる辺りでシールド値やシールドバフの期間を確認しつつ挑みましょう。

HPリジェネと3ターン遅延でカウント対策

敵のカウントは、こちら側のキャラにHPリジェネによる回復が発生するとカウントが1増加します。見た目的には、HPリジェネが発生したそのターン中のカウントが停止するといった感じです。(召喚中やバースト発動中なら、1ずつ増加していきます。)

ただ、HPリジェネは、こちらのターンのカウント減少が停止するだけで、敵行動時のカウントまでは停止できないので、どこかで暗闇の雲の「零式 波動砲」に頼ることになります。「零式 波動砲」は、現状敵を3ターン分遅延させる唯一のアビリティです。フレンドでも自前でも、暗闇の雲の編成は必須と言えます。

パーティメンバー

上記の対策を考慮して、パーティは暗闇の雲、セシル(パラディン)、WOLを編成。フレンドはkaiさんの暗闇の雲を採用しました。kaiさん、ありがとうございました。

暗闇の雲

恩恵 BT/LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:ティファ

アタッカー役。カウント対策としても働きます。HPダメージを受けた際にカウンターが発生。HP攻撃するとBRVが0になるので、ほぼ確実にブレイク出来ます。さらに、新たに実装されたLDアビリティで付与される銀バフ「破壊による均衡」で、ブレイク成功時にAct加算無しの追加行動が発生します。

カウンターでブレイク出来れば、暗闇の雲が割り込むというエルドナーシュのような動きをしてくれます。

Cアビリティのティファは、BT発動前にLDコールして与えるHPダメージを上げてくれます。

セシル(パラディン)

BT/LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:オニオンナイト

ヒーラー役。LDアビリティを使うとパーティ全体にHPリジェネが発生するようになるので、カウント対策になります。さらに全員のHPが最大HPを超過して回復し、防御力も上昇するのでやられにくくなります。WOLのシャインシールドと合わせてBRVダメージを受けにくい状態となります。

Cアビリティのオニオンナイトは、アビリティ切れを考慮して採用。LDコールすることでパーティキャラ全体にアスピル効果が付与されるので、アビリティ切れを起こしにくくなります。

WOL

BT/LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:マッシュ

タンク役。セシルのLDアビリティと合わせてWOLのLDアビリティを使うと、被BRVダメージをさらに減らすことが出来ます。また、LDアビリティで付与される特殊効果「守護者の盾」は、効果適用中、付与されているシールド値分HPダメージを無効化してくれるので、敵のリキャストアビリティ以外で受けるHPダメージを軽減してくれます。

Cアビリティのマッシュは、LDコールすることでコールしたキャラのHPダメージをアップしてくれます。敵のBRVを削るのが苦手はWOLですが、BRV供給しつつHP攻撃を行うので、HPダメージアップの効果をもつマッシュとの相性は悪くないと思いました。

フレンド(暗闇の雲)

自前キャラのバースト発動前に交代して、先にバーストを使用。味方の攻撃後に敵全体へ追撃を行ってもらいます。

実戦

暗闇の雲

噴流砲……敵攻撃後のカウンターで追加行動が発生した時に使用。ブレイクした敵以外を狙ってブレイクし自身の「闇」カウントを上昇させます。

隔たりの触手……ブレイクとそれによる「闇」カウント上昇を主目的に使用。

広角式 波動砲……ほとんど使用しません。「闇」カウントが5以上になった際に「零式 波動砲」に変化するので、カウント対策としてそちらを使用します。

高射式 波動砲……「闇」カウントを増加させるのに使用。

急襲式 波動砲……銀バフ「破壊による均衡」を切れかかったら使用。このバフが付与されている間、ブレイクに成功すると追加行動が出来ます。

超波動砲……フレンドの方を先に発動させ、自前キャラ達の攻撃後に追撃してもらいます。

セシル(パラディン)

セイントダイブ……主に銀バフ「光輝の剣」を切らさないために使用。

ホーリーフレイム……パーティ全体のHP回復を主目的に使用。

パラディンフォース……敵にデバフ「聖耐性ダウン」を付与する目的で使用。

ライトスラスター……セシル最初のターンに使用し、その後は特殊効果「託されしクリスタル」を切らさないように使用。使用後、アスピル効果が発生するので、火力を上げるためにAアビリティか回復のためのホーリーフレイムを状況に応じて使い分けます。

WOL

シャインシールド……パーティの誰かのシールドバフが切れかかっていたら使用。

スローバックラー……エンドオール使用後、ターゲットが全てWOLに向くのでその際、切れかかるシールドバフを付与しなおす目的で使います。

シャイニングウェーブ……リキャストが溜まったら使用。

エンドオール……WOL最初のターンに使用。特殊効果「守護者の盾」でリキャスト以外のHP攻撃からパーティを守ります。

72Act目。セシルのターンでトドメとなります。

まとめ

防御硬すぎじゃないかと思いましたが、これで丁度良かったかもしれません。それくらい敵の攻撃が痛かったです。

本クエストをまとめると

・防御重視の編成を組みつつ、HPリジェネ出来るキャラを暗闇の雲を入れる。
・戦闘中は各キャラが付与するバフを切らさないよう立ち回る。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

キャンペーンガチャ(セッツァー)成果 開催期間12/19~12/28

本記事では、12/19より開催されたキャンペーンガチャ(セッツァー)で入手できる武器と筆者の成果を記載しています。

本ガチャの狙い目武器

本ガチャの狙い目武器は、新たに実装されたセッツァーのLD武器と再販されたワッカのLD武器になります。
※説明文はファミ通公式サイトより引用
セッツァーのLD武器・LDボードが実装&キャラ調整を実施 !【2020.12.19アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)
ワッカにLD武器が実装! LDボードも解放【2020.8.25アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)

セッツァーLD武器“ラストリゾート【Ⅵ】”

この武器をセッツァーが装備もしくはパッシブ化することで、LDアビリティ「ダイビング・ボム」を使用できます

≪LDアビリティ≫ ダイビング・ボム
・10HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃(与えるHPダメージは等倍)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの180%分)
・自身に9ACT、自身以外の味方全員に6ACT“イカサマのダイス”付与
・使用後、“ブラッディカード”の使用回数+1(上限あり)
・使用回数は4回
強化効果“イカサマのダイス”に関して
・対象のBRV攻撃で与えるBRVダメージが一定確率で、与えるBRVダメージ上限の値になる。残り効果期間が長いほど効果が高い(上限は70%)。7ACT以上:70%、4~6ACT:50%、3ACT:40%、2ACT:30%、1ACT:20%(無効と吸収の影響は受ける)
・味方全員に下記の効果
⇒攻撃力40%アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限30%アップ
⇒加算したBRVを最大BRVを超えて加算する上限20%アップ
⇒与えるHPダメージ20%アップ
・本効果は延長できない
※同名の強化効果は重複しない
限界突破&LDボード

≪限界突破効果≫
(1)ダイビング・ボムパワー
・味方全員の攻撃力を10%アップ
・“ダイビング・ボム”の与えるBRVダメージを10%アップ

(2)イカサマのダイスロング
・味方全員の攻撃力を10%アップ
・“ダイビング・ボム”使用時、
⇒自身に付与する“イカサマのダイス”の6ACTION期間延長
⇒自身以外の味方全員に付与する“イカサマのダイス”の3ACTION期間延長

(3)ダイビング・ボムチャージ
・味方全員の攻撃力を10%アップ
・“ダイビング・ボム”の使用回数+1

≪LDボード内“世界最速を目指してエクステンド”について≫
・クエスト開始時、自身に4ACT“イカサマのダイス”付与
・“イカサマのダイス”付与中
 自身の付与する弱体効果の1ACT期間延長
・“ダイビング・ボム”使用時
⇒BRV攻撃のHIT数が10HITに変化し、合計BRV威力も大アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限を30%アップ(150%⇒180%)
⇒使用後、“ブラッディカード”の使用回数+1(上限あり)

≪LDボードで習得可能なおもなパッシブアビリティ≫
・ダイビング・ボムパワーLv9
 “ダイビング・ボム”の与えるBRVダメージ10%アップ
・ダイビング・ボムBRVアタックアドバンスLv9
 “ダイビング・ボム”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限10%アップ
・ダイビング・ボムクリティカルパワーLv9
 “ダイビング・ボム”がクリティカルヒット時、与えるBRVダメージ10%アップ
・ダイビング・ボムパワーII
 “ダイビング・ボム”の与えるBRVダメージ5%アップ
・ダイビング・ボムBRVアタックアドバンスII
 “ダイビング・ボム”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限5%アップ
・ダイビング・ボムフォーカスアタック
 “ダイビング・ボム”の攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ10%アップ

ワッカLD武器“オールリターナー【Ⅹ】”

この武器をワッカが装備もしくはパッシブ化することで、LDアビリティ「ステータスリール」を使用できます。

≪LDアビリティ≫ステータスリール
・10HIT全体遠距離物理BRV攻撃+全体HP攻撃(与えるHPダメージは等倍)
・攻撃対象が単体の時 与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの180%分)
・敵全体に6ACT弱体効果“ステータスリール”を付与
・使用後 次の行動時 アビリティの使用回数を消費しない(一部のアビリティを除く)
・使用回数は4回
弱体効果“ステータスリール”に関して
付与時または付与されている対象の行動後、弱体効果“ステータスリール”の効果が以下のいずれかにランダムで変化(変化前後の各弱体効果は同時に付与されない)
・ステータスリール(ステータス)
 ⇒初期BRV、最大BRV、攻撃力、防御力が50%ダウン
 ⇒受けるBRVダメージ20%アップ
・ステータスリール(ブレイブ)
 ⇒BRVが上昇しない(フリーズと同様の効果)
 ⇒受けるBRVダメージ20%アップ
・ステータスリール(アクション)
 ⇒行動不能になる(混乱と同様の効果)
 ⇒受けるBRVダメージ20%アップ
限界突破&LDボード

≪限界突破効果≫
(1)ステータスリールパワー
・自身の攻撃力20%アップ
・“ステータスリール”の与えるBRVダメージ10%アップ

(2)ステータスリールデバフロング
・自身の攻撃力20%アップ
・“ステータスリール”使用時、弱体効果「ステータスリール」の3ACT期間延長(3⇒6ACT)

(3)ステータスリールチャージ
・自身の攻撃力20%アップ
・“ステータスリール”の使用回数+1

≪LDボード内“チームを率いる熱き心エクステンド”について≫
“ステータスリール”使用時
・BRV攻撃のHIT数が10HITに変化し、合計BRV威力も極大アップ
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限30%アップ(150%⇒180%)
・使用後 次の行動時 アビリティの使用回数を消費しない(一部のアビリティを除く)

≪LDボードで習得可能なおもなパッシブアビリティ≫
・ステータスリールパワーLv9
 “ステータスリール”の与えるBRVダメージ10%アップ
・ステータスリールBRVアタックアドバンスLv9
 “ステータスリール”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限10%アップ
・ステータスリールデバフパワーLv9
 “ステータスリール”使用時、弱体効果が付与された敵がいる時与えるBRVダメージ10%アップ
・ステータスリールパワーII
 “ステータスリール”の与えるBRVダメージ5%アップ
・ステータスリールBRVアタックアドバンスII
 “ステータスリール”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限5%アップ
・ステータスリールフォーカスアタック
 “ステータスリール”使用時、攻撃対象が単体の時与えるBRVダメージ10%アップ

その他入手できる武器

成果

12/19

無料11連とチケットバラでの成果です。無料11連の方はセッツァーEXとワッカ相性、チケットは9枚目でセッツァーLD当たりました。

狙い目の武器が1日目であっさり出てしまいました。ただ、もうひとつ持っていない武器があります。ティーダBTというチケットを食いまくる武器が。

12/20

チケット20枚使ってワッカ専用が当たりました。消費枚数的には割に合ってないです。このガチャは通常のそれとは違い9日間しかやってないので、期間内に出てほしいです。

12/21

チケット11枚でセッツァー専用当たりました。引き続きチケットでティーダBT狙っていきます。

12/22

チケット11枚使ってワッカ相性当たりました。

23日から、ボスラッシュクエストと同時に新たなイベントガチャが実装されるので、セッツァーガチャは本日で最後となります。

最終成果

チケット51枚と無料11連で、相性2、専用2、EX1、LD1当たりました。

ストーリーガチャ(レノ断章)成果 開催期間12/16~12/30

本記事では、12/16に開催されたストーリーガチャ(レノ断章)で入手できる武器と筆者の成果を記載しています。

本ガチャの狙い目武器

本ガチャの目玉武器は、新たに実装されたローザのLD武器と再販されたレノのLD武器となります。
※説明文はファミ通公式サイトより引用
ローザのLD武器・LDボード実装&キャラ調整&覚醒80解放を実施! レノはLDボード実装【2020.12.16アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)

ローザLD武器“アルテミスの弓【Ⅳ】”

この武器をローザが装備もしくはパッシブ化することで、LDアビリティ「ブレス度シューター」が使用できます。

≪LDアビリティ≫ ブレスドシューター
・自身に自身の攻撃力の200%分BRVを加算し、5HIT全体遠距離物理BRV攻撃+全体HP攻撃を2回行う(与えるHPダメージは分配)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの180%分)
・与えた合計HPダメージの20%分BRVを味方全員に加算
・味方全員に5ACT“リレイズ”付与
・自身に12ACT“想いを遂げる意志”1段階付与(上限3)
・使用回数は3回
強化効果“想いを遂げる意志”に関して
・味方全員の強化効果の合計数によって段階変化(詳しくは下の表を参照)

Rosa_Reinforcement

・“想いを遂げる意志”付与中、通常“BRV攻撃”“BRV攻撃+”が“ねらう”に変化

◎ねらう
・自身に自身の攻撃力の100%分BRVを加算+3HIT全体遠距離物理BRV攻撃+HP攻撃
・必中
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの120%分)
・ターゲット以外にも20%分のHPダメージ
・ターゲットに与えたHPダメージの50%分、自身のBRVをアップさせる

限界突破&LDボード

≪限界突破効果≫
(1)ブレスドシューターパワー
・自身の最大BRV20%アップ&攻撃力30%アップ
・“ブレスドシューター”の与えるBRVダメージを10%アップ

(2)想いを遂げる意志ロング
・自身の最大BRV20%アップ&攻撃力30%アップ
・“ブレスドシューター”使用時“想いを遂げる意志”の6ACT期間延長(6⇒12ACT)

(3)ブレスドシューターチャージ
・自身の最大BRV20%アップ&攻撃力30%アップ
・“ブレスドシューター”の使用回数+1

≪LDボード内“祝福を受けた一矢エクステンド”について≫
・“ブレスドシューター”使用時
⇒攻撃力に依存したBRV加算量50%アップ(150%⇒200%)
⇒BRV攻撃のHIT数が合計2HIT増え合計BRV威力も中アップ
⇒与えた合計HPダメージの20%分BRVを味方全員に加算
・“ねらう”使用時
⇒BRV攻撃のHIT数が3HITに変化し合計BRV威力も小アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの120%分)

≪LDボードで習得可能なおもなパッシブアビリティ≫
・ブレスドシューターパワーLv9
 “ブレスドシューター”の与えるBRVダメージ10%アップ
・ブレスドシューターBRVアタックアドバンスLv9
 “ブレスドシューター”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限20%アップ
・ねらうアップLv9
 “ねらう”の与えるBRVダメージ10%アップ
・ブレスドシューターBRVアップ
 “ブレスドシューター”のBRV加算量5%アップ
・ブレスドシューターBRVアップアドバンス
 “ブレスドシューター”使用時加算したBRVを最大BRVを超えて加算する上限5%アップ
・ブレスドシューターフォーカスアタック
 “ブレスドシューター”使用時攻撃対象が単体の時与えるBRVダメージ10%アップ

レノLD武器“チタンロッド【Ⅶ】”

この武器をレノが装備もしくはパッシブ化することで、LDアビリティ「ピラミッド」が使用できます。

≪LDアビリティ≫ ピラミッド
・10HIT雷属性全体近距離物理BRV攻撃+全体HP攻撃(与えるHPダメージは等倍)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの180%分)
・対象の強化効果を1個解除し、対象に弱体効果“ピラミッド”を期間永続で付与
・使用回数は4回
強化効果“タークスの誇り”に関して
・味方全員の最大BRV&攻撃力20%アップ
・自身が属性弱点を突いた際にBRVダメージ30%アップ
・弱体効果が付与されている敵をターゲットにして攻撃時、自身の付与する弱体効果の付与期間+2ACTし、自身の与えるHPダメージ20%アップ
限界突破&LDボード

≪限界突破効果≫
(1)ピラミッドパワー
・自身の最大BRV10%、攻撃力20%アップ
・“ピラミッド”の与えるBRVダメージ10%アップ

(2)ピラミッドアドバンス
・自身の最大BRV10%、攻撃力20%アップ
・“ピラミッド”使用時、奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限30%アップ(180%上限突破技に)

(3)ピラミッドチャージ
・自身の最大BRV10%、攻撃力20%アップ
・“ピラミッド”の使用回数+1

≪LDボード内“神秘の拘束技エクステンド”について≫
・クエスト開始時、自身に6ACT“タークスの誇り”付与
・自身が対象に弱体効果付与時、自身に6ACT“タークスの誇り”付与
・“ピラミッド”使用時、BRV攻撃のHIT数が10HITに変化し、合計BRV威力も極大アップ

≪LDボードで習得可能なおもなパッシブアビリティ≫
・ピラミッドパワーLv9
 “ピラミッド”の与えるBRVダメージ10%アップ
・ピラミッドBRVアタックアドバンスLv9
 “ピラミッド”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限10%アップ
・ピラミッドウィークダメージアップLv9
 “ピラミッド”で弱点をついた時、与えるBRVダメージ10%アップ
・ピラミッドパワーII
 “ピラミッド”の与えるBRVダメージ5%アップ
・ピラミッドBRVアタックアドバンスII
 “ピラミッド”の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限5%アップ
・ピラミッドフォーカスアタック
 “ピラミッド”の攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ10%アップ

その他入手できる武器

上記のLD武器の他に、ローザ、レノ、レオのEX武器とティーダのBT武器が入手できます。

成果

12/16

無料11連の成果。レノ専用とレノLDが当たりました。ティーダガチャとクイーンガチャ同様、この日は相当流れが来ていたことがわかります。

チケット合計31枚で、レオ相性1、レノ専用1、ローザLD当たりました。

最初はチケットをバラで使い、レオとレノの装備が当たり、開催中のティーダガチャとクイーンガチャに移行。結果があれだったので、半ばヤケ起こしてチケット10連を2回まわしたら、ローザLD当たりました。あちら側と違い、こちらはガチャ開催1日目で目当ての武器が当たりました。

最終成果

無料11連とチケット計31枚で、相性1、専用2、LD2当たりました。ティーダガチャとクイーンガチャ、とは比べ物にならないほど素直に当たってくれました。

とりあえず、3種ガチャ同時進行なんて無理難題起こらなくてよかった・・・

イベントガチャ(レイドボス討伐チャレンジ②)成果 開催期間12/11~12/25

本記事では、12/11に開催されたイベントガチャ(レイドボス討伐チャレンジ②)で入手できる武器と筆者の成果を記載しています。

本ガチャの狙い目武器

本ガチャでのおすすめ武器は、ティーダのBT武器と再販されたアシェラとセブンのLD武器となります。
※説明文はファミ通公式サイトより引用
アシェラにLD武器が実装! 覚醒80解放も実施【2020.7.6アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)
ガーランドLDボード&BT武器&覚醒80が実装! セブンはLD武器&覚醒80解放【2020.9.14アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)
ティーダにLD武器&BT武器が実装! キャラ調整と覚醒80解放も【2020.12.11アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)

今日以降、ゲーム内で開催される「イベント」ガチャでは2種類のLD武器が実装されます。

アシェラLD武器“アドゥリンリング【Ⅺ】”

この武器を装備もしくはパッシブ化することでアシェラはLDアビリティ「アンシーシングドレッド」を使用できます。

≪LDアビリティ≫ アンシーシングドレッド

・8HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃(与えるHPダメージは等倍)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・弱体効果が付与された対象にWeakが発生
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの180%分)
・対象に4ACT“キャパシティブレイク”付与
・使用後、“デセンション&サイトアンシーン”の使用回数+1(上限はクエスト開始時の値)
・使用回数は4回

弱体効果“キャパシティブレイク”に関して
・BRV回復(BRVリジェネなど緑色の数字で表示されるもの)を受け付けなくなる
・付与者から受けるHPダメージ20%アップ

≪LDボード内“アドゥリンの真なる導き手エクステンド”について≫
・“アンシーシングドレッド”使用時、以下の効果が発生
⇒BRV威力が大アップ
⇒弱体効果が付与された対象にWeakが発生
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限を小アップ(150⇒180%)

セブンLD武器“いばらのムチ【零式】”

この武器を装備もしくはパッシブ化することで、セブンはLDアビリティ「ヘッドストライク」を使用できます

≪LDアビリティ≫ ヘッドストライク

・ターゲットに6ACT“キャッチ”3段階付与(上限3)し、6HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃を2回行う
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%分)
・最後のHP攻撃HIT時、ターゲット以外にも与えた合計HPダメージの50%分のHPダメージ
・自身に12ACT“思いやる心”付与
・使用後、“通常HP攻撃”“HP攻撃+”“HP攻撃++”が“HP攻撃(捕縛のムチ)”に変化
・使用回数は4回

強化効果“思いやる心”に関して
・味方全員の攻撃力40%アップ、攻撃時最大BRV上限突破率20%アップ、与えるBRVダメージ20%アップ、与えるHPダメージ20%アップ

◎HP攻撃(捕縛のムチ)
・2HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃
・“キャッチ”が付与された対象に与えるBRVダメージ1.5倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの120%分)
・ターゲット以外にも50%分のHPダメージ
・対象に付与されている“キャッチ”の段階を1段階アップ
・自身に5ACT“捕縛のムチ”付与
・この攻撃では吹きとばしは発生しない
・使用後、以下の効果が発動
⇒敵全体のBRVとHPを自身の攻撃力の70%分を減らし、自身に自身の攻撃力の70%分BRVを加算する(この効果でブレイクは発生しない)
・使用後“HP攻撃+”“HP攻撃++”への変化条件を満たしている場合は、“HP攻撃+”“HP攻撃++”に、そうでない場合は通常“HP攻撃”に戻る

強化効果“捕縛のムチ”に関して
・敵全体の素早さ10%ダウン
・敵全体の攻撃力40%ダウン
・味方全員の与えるBRVダメージ20%アップ
・敵味方問わず誰かが行動する度に1ACT減少し、以下の行動が追加発動
⇒敵全体のBRVとHPを自身の攻撃力の70%分減らす
⇒自身にに自身の攻撃力の70%分BRVを加算する(この効果でブレイクは発生しない。バーストモード中は発動せずバーストモード終了後に1回のみ発動)

≪LDボード内“天からの急襲エクステンド”について≫
・“ヘッドストライク”使用時、
⇒“キャッチ”付与段階+1(2⇒3段階)
⇒“4HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃を2回行う”が、“6HIT近距離物理BRV攻撃+HP攻撃を2回行う”に変化し、合計BRV威力も極大アップ
⇒“思いやる心”の4ACT期間延長(8⇒12ACT)

ティーダBT武器“アポカリプス【Ⅹ】”

この武器を装備することでティーダはBTアビリティ「エース・オブ・ザ・ブリッツ」を使用できます。

≪フィニッシュバースト≫ エース・オブ・ザ・ブリッツ
・近距離物理BRV攻撃+HP攻撃を12回行う
・最後のHP攻撃前に与えた合計HPダメージの50%分自身のBRVをアップ
・最後のHP攻撃HIT時、ターゲット以外にも与えた合計HPダメージの20%分のHPダメージ
・与えるBRVダメージ上限が9999を150%分突破可能(24997まで)
・奪ったBRVが最大BRVを超えて149998まで加算でき、与えるHPダメージ上限も99999を50%分突破可能(149998まで)
・使用後、以下のバースト効果を10ACT付与
≪バースト効果≫
・バースト効果付与中のティーダの“エースの意地”による追加攻撃が1回の行動で2回まで発動する
味方全員に以下の効果
・与えるBRVダメージ50%アップ
・与えるBRVダメージ上限が9999を20%分突破可能(11998まで)
・ブレイク時 ブレイク中攻撃時 与えるHPダメージ20%アップ
※同一キャラクターのバースト効果は重複しない

その他入手できる武器

上記の武器以外に、このガチャではアシェラ、セブン、ファングのEX武器が入手できます。

成果

12/11

アシェラとセブンのLD武器はすでに入手済みなので、無料分だけ狙って本ガチャは終了です。

結果は平常運転でした。

最終成果

初回無料分だけ回して、相性1当たりました。

イベントガチャ(レイドボス討伐チャレンジ①)成果 開催期間12/11~12/25

本記事では、12/11より開催されたイベントガチャ(レイドボス討伐チャレンジ①)で入手できる武器と筆者の成果を記載しています。

本ガチャの狙い目武器

本ガチャの大当たり武器は、ティーダのBT/LD武器と再販されたエアリスのLD武器になります。
※説明文はファミ通公式サイトより引用
ティーダにLD武器&BT武器が実装! キャラ調整と覚醒80解放も【2020.12.11アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)

エアリスにLD武器が実装! 覚醒80解放も実施【2020.8.4アプデ情報】 – 『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』特設サイト – ファミ通.com (famitsu.com)

今日の「イベント」ガチャ以降、実装されるLD武器は2種類になります。

ティーダBT武器“アポカリプス【Ⅹ】”

この武器を装備することで、ティーダはBTアビリティ「エース・オブ・ザ・ブリッツ」を使用できます。

≪フィニッシュバースト≫ エース・オブ・ザ・ブリッツ
・近距離物理BRV攻撃+HP攻撃を12回行う
・最後のHP攻撃前に与えた合計HPダメージの50%分自身のBRVをアップ
・最後のHP攻撃HIT時、ターゲット以外にも与えた合計HPダメージの20%分のHPダメージ
・与えるBRVダメージ上限が9999を150%分突破可能(24997まで)
・奪ったBRVが最大BRVを超えて149998まで加算でき、与えるHPダメージ上限も99999を50%分突破可能(149998まで)
・使用後、以下のバースト効果を10ACT付与
≪バースト効果≫
・バースト効果付与中のティーダの“エースの意地”による追加攻撃が1回の行動で2回まで発動する
味方全員に以下の効果
・与えるBRVダメージ50%アップ
・与えるBRVダメージ上限が9999を20%分突破可能(11998まで)
・ブレイク時 ブレイク中攻撃時 与えるHPダメージ20%アップ
※同一キャラクターのバースト効果は重複しない

ティーダLD武器“トライエッジ【Ⅹ】”

この武器を装備もしくはパッシブ化することで、ティーダはLDアビリティ「チャージ&アサルト」を使用できます。

≪LDアビリティ≫ チャージ&アサルト
・6HIT全体近距離物理BRV攻撃+全体HP攻撃を2回行う(与えるHPダメージは分配)
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの200%分)
・行動負荷がない
・対象に6ACT銀フレーム付き弱体効果“素早さ20%ダウン”“攻撃力50%ダウン”“防御力50%ダウン”付与
・自身に付与されている強化効果を2ACT延長
・使用後、2回の行動でアビリティの使用回数を消費しない(一部のアビリティを除く)
・使用回数は3回
特殊効果“ブリッツ・オフ”に関して
・LD武器“トライエッジ【X】”装備時、またはパッシブ“親父を見返す成長”装備時、バトル開始から特殊効果“ブリッツ・オフ”を0段階付与(上限3)
・“シュート”発動する度に1加算
・自身に以下の効果(段階によって効果は上昇しない)
⇒攻撃力20%アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限20%アップ
⇒与えるHPダメージ20%アップ
・3段階時、“シュート”が“ジェクトシュート”に変化
◎ジェクトシュート
・敵全体のブレイク状態を解除+自身に自身の攻撃力の70%分BRVを加算
・その後、4HIT全体遠距離物理BRV攻撃+単体HP攻撃
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの150%)
・ターゲット以外にも80%分のHPダメージ
・ターゲットに与えたHPダメージの20%分、自身のBRVをアップさせる
・使用後、自身の特殊効果“ブリッツ・オフ”3消費
≪LDボード内“親父を見返す成長エクステンド”について≫
・バトル開始時、
⇒敵全体に6ACT銀フレーム付き弱体効果
⇒“素早さ20%ダウン”“攻撃力50%ダウン”“防御力50%ダウン”付与
・“チャージ&アサルト”使用時、
⇒BRV攻撃のHIT数が合計4HIT増え、合計BRV威力も大アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限50%アップ(150%⇒200%)
・“シュート”使用時、
⇒BRV攻撃のHIT数が1HIT増え、合計BRV威力も中アップ

エアリスLD武器“プリズムロッド【Ⅶ】”

この武器を装備もしくはパッシブ化することで、エアリスはLDアビリティ「邪気封印」を使用できます。

≪LDアビリティ≫ 邪気封印
・味方全員に自身の攻撃力の200%分BRV加算+単体HP攻撃+8HIT全体魔法BRV攻撃+単体HP攻撃
・攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ1.6倍
・加算したBRVを最大BRVを超えて加算する(上限はそれぞれの最大BRVの180%分)
・奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する(上限は自身の最大BRVの180%分)
・ターゲット以外にも与えた合計HPダメージの20%分のHPダメージ
・自身に6ACT強化効果“邪気封印”付与
・使用回数は4回
強化効果“邪気封印”に関して
・味方全体の弱体回避率100%アップ
・敵全体の攻撃力20%ダウン、防御力60%ダウン、素早さ20%ダウン
・本効果は延長できない
・“邪気封印”付与中、エアリスが敵をターゲットとして行動後、そのターゲットに以下の行動が追加発動
⇒ターゲットのBRVを自身の攻撃力の100%分減らし、味方全員に自身の攻撃力の100%分BRV加算
⇒その後、自身の現在BRVの100%分HPダメージを与える
⇒この攻撃でブレイクは発生しない
⇒自身のBRVは消費しない
⇒ターゲットに2ACT弱体効果“星の戒め”付与
⇒自身に付与された強化効果を1ACT延長する
弱体効果“星の戒め”に関して
・強化効果が付与されない
・受けるHPダメージ10%アップ
≪LDボード内“星を守る力エクステンド”について≫
・“邪気封印”使用時、
⇒BRV攻撃のHIT数が8HITに変化し、合計BRV威力も大アップ
⇒加算したBRVを最大BRVを超えて加算する上限を30%アップ
⇒奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限を30%アップ

その他入手できる武器

上記以外に、本ガチャではティーダ、エアリス、セルフィのEX武器が入手できます。

成果

12/11

初回無料分の成果です。無料君の平常運転です、ハイ。

12/12

クイーンガチャと同時進行で回してたらチケット8枚目でエアリスLD当たりました。高性能なんですけど、ティーダかクイーンのLD出て欲しかった。

12/13

クイーンガチャにチケット集中砲火してたため、本日はお休みです。

12/14

10000ジェム使ってエアリス専用2、目玉焼きでティーダEX当たりました。

・・・なんでジェムで回したし

12/15

チケット14枚使って、セルフィ相性1、専用2当たりました。この消費量で3つ星5武器が当たるのは運が良いと思っています、LD当たるほどの運ではないですが。

クイーンガチャの方はジェム使うことにしました。こちらのガチャでも開催期間が残り1週間になったらジェムオンリーで回そうと思います。

12/16

先ずは、チケット10枚分の成果。セルフィとティーダのEXが10枚バラで回して当たりました。

これらが当たって、「今日は運の流れが来ている」と感じたので、チケットからジェムにシフト。ティーダのBT/LDを狙いました。

残り1週間になったらジェムで回すという宣言。速攻で破りました(笑)。乗るしかなかったんですよ、このビッグウェーブに(古)

で、10000ジェム使った成果(。ティーダの相性・専用・EXが1ずつとエアリスLDが当たりました。

流れは気のせいだったのかと思い、チケットに戻してバラ9枚目で再びエアリスLD当たりました。やっぱり流れは来ていると確信しました。

そしてまたジェムで44連(20000ジェム)回して、ティーダ相性1・EX2、セルフィ相性1・専用3、エアリスLD(本日3本目)当たりました。

流れがあってもティーダBT/LDは当たりませんでした(泣)

クイーンガチャの方も同時進行で回しましたが、あちらでは暗闇BTが2つ出てクイーンLD1つも出ず・・・。何故ティーダBT出てくれなかった?

12/17

チケット10枚使って、エアリス相性、ティーダ専用、セルフィ専用当たりました。

昨日の流れがまだ残ってたようです。まだ目的のティーダBT/LDが出ていません。出るまで回します。せめてLDだけでも当たれば、セッツァーガチャでBT狙える。

12/18

チケット30枚と5000ジェム使って、エアリス相性と専用、セルフィ専用、ティーダ相性当たりました。

無料でエアリス相性、12枚目でエアリス専用、13枚目でティーダ相性と出て、その時点で退けばよかったのに、その後17枚無駄に消費しました。ジェムも目玉焼きだったため、ティーダ相性当たった辺りで流れはなくなってしまったようです。

12/19

チケット20枚と20000ジェム使って、エアリスの相性3・EX1、セルフィの相性と専用が1ずつ、ティーダ相性が2当たりました。ガチャメダルも300溜まったのでティーダLDと交換してきました。

とうとう天井行ってしまいました。開催されてから8日・・・ティーダのBT/LD音沙汰無し。代わりにエアリスLDが4つ出るという快挙。残るティーダBTは、セッツァーガチャでチケットのみで狙いつつ、当たらなかったらメダルで交換しようと思います。

最終成果

チケット92枚、ジェム70000で、相性13・専用14・EX7・LD4出て、ガチャメダル300をティーダLDと交換しました。本ガチャは、筆者完全敗北です。

グラディオラス断章「焚き火のもとで」LUFENIA難易度クリアメンバー3名紹介

本記事では、グラディオラス断章「焚き火のもとで」のLUFENIA難易度に出現する敵の情報とクリアメンバーを記載しています。

敵情報

オプティマス

弱点・耐性

属性弱点・耐性なし
デバフ弱点・耐性かからない:攻撃力ダウン・ターゲット固定

カウント

出現条件バトル開始時・HP50%未満になった時
消滅条件HP80%未満になった時
増加条件属性弱点ダメージを与えつつ、行動遅延させるとカウント8増加
(上限15)
減少条件プレイヤー行動時1、カウント対象行動時2減少

何度か戦ってみて、ゲーム内でのカウント増加条件に2つ誤りがありました。

ひとつは、行動遅延するのが単体でもカウントは増加します。ただし増加するのは行動遅延したカウント対象のみとなります。

もうひとつは上限。20と表記されていますが、何度遅延しても15以上にはなりませんでした。なので、カウント上限は15になります。

特徴と対策

マッシュもしくはエンチャンターと行動遅延出来るキャラの編成は必須

カウントの増加条件である「属性弱点を突いた行動遅延攻撃」は、恩恵であるマッシュを編成するか、エンチャンターと行動遅延アタッカーの編成が必須となります。

前者ではメンバー構成の自由度が上がり、後者だとエンチャンターがいる分パーティ全体の火力が上がります。

防御態勢への対策はBRV0に出来るキャラをコール

敵はバトル開始時と、HPが70%・40%まで減ると防御態勢を取り、こちらが与えるBRVダメージが大幅に減ります。

ブレイクすることで防御態勢を崩すことが出来るので、BRVを0に出来るコールアビリティをパーティ全員にセットすることで対策出来ます。

BRVを0に出来るお薦めコールキャラは、ギルバート(Ⅳ)、バッツ(Ⅴ)、アミダテリオン(CC)です。

パーティメンバー

上記の対策を取りつつ、パーティメンバーはエルドナーシュ、アーシェ、ガーランドを選択。フレンドはMaple_Owlさんのガーランドを連れていきました。Maple_Owlさん、ありがとうございます。

エルドナーシュ

BT/LD/真化完凸/第2防具真化完凸 ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:アミダテリオン

デバフアタッカー役。敵がターゲット固定に掛からないためミスマッチと思いますが、何度か挑んで攻撃パターンを把握しました。3回目のターンで全体攻撃を仕掛けてくることがわかったので、そのタイミングでフェイズシフトして「テラー」を付与します。その後「ワープ」を付与し、敵の攻撃を封じつつ敵の行動後に割り込みダメージを稼いでいきます。

Cアビリティのアミダテリオンは、防御態勢を取った直後にLDコールしてBRVを0にします。

アーシェ

LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:バッツ

エンチャンター役。カウント対策に採用。聖雷弱点を敵に、パーティに物理攻撃力アップバフをそれぞれ付与して、火力を底上げします。

Cアビリティのバッツは、防御態勢対策です。

ガーランド

BT/LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:ギルバート

ディレイアタッカー役。カウント対策に採用。その他にLDアビリティ使用時に付与される特殊効果「時の鎖」で敵の素早さと防御力をバフ扱いで下げられるので、アーシェのアビリティと合わせてさらなる火力アップが見込めます。

Cアビリティのギルバートも他の2人と同じ防御態勢対策に採用しました。

フレンド(ガーランド)

終盤にエルドナーシュと交代して、バースト発動し終盤のダメージ減少対策に使います。

実戦

初っ端からエルドナーシュを狙ってきてくれたので、早々に「テラー」と「ワープ」を付与して封殺します。

エルドナーシュ
HP攻撃……敵の行動順にワープで割り込んだ時に使用。スリップと「エクシードランス」バフで敵のBRVをわざわざ削らなくても高いHPダメージを期待できます。

フェイズシフト……敵がエルドナーシュを攻撃対象にしたときにAアビリティを使った後に使用。敵に「テラー」デバフが4Act分付与されます。

ステラバースト……デバフアクトロングスローの効果中に使用することで、HPダメージと共に素早さダウンのデバフを期間延長した状態で付与出来ます。

オメガジャベリン……「ワープ」デバフを付与する時に使用。「ワープ」デバフは割り込む以外にも防御力ダウンの効果があるので、切らしてしまうと与えるダメージが落ちてしまうため、残り1Actの時に付与しなおす形で使うと無駄がありません。

ヴォーテクス+……敵に「テラー」デバフを付与する際に使用。「ワープ」と同じように付与します。

エクシードランス……使用後、通常アビリティ2種とAアビリティの使用回数が減らなくなります。主に、Aアビリティの効果を付与したい時に使うと敵を長期間攻撃出来なくなります。

デバフアクトロングスロー……自身のアビリティで付与されるデバフの期間を2Act延長します。Aアビリティの効果期間中は、デバフを付与出来るアビリティは惜しまず使います。

アーシェ
HP攻撃……LDアビリティ使用後に変化するクイーンオーダーの方を使用。使用時にパーティメンバー2名のターンを自身のターン後に割り込ませ、EXアビリティを発動できる状態にしてくれます。

聖光爆裂斬……魔法攻撃力アップのバフを付与する際に使用。主に自分自身の火力を上げるために使います。

北斗骨砕斬……物理攻撃力アップのバフを付与する際に使用。エルドナーシュとガーランドは物理攻撃タイプのため、相性は良いです。

天鼓雷音稲妻斬……リキャストゲージが溜まった時に惜しみなく使います。エルドナーシュのテラーと被ってしまいますが気にせず使います。

金剛夜叉無明斬……自身に付与されるバフ「高貴なる誓い」を付与しなおすタイミングで使用。このバフが付与されていないとパーティに雷聖属性が付与されず、カウント対策が出来ません。

ガーランド
ラウンドエッジ……敵全体を遅延したい時に使用します。

ソウルオブカオス……敵単体を遅延したい時に使用します。

ディザスターオブカオス……リキャストゲージが溜まったら使用します。発動時に、行動遅延するバフ「闘争の魂」が付与されます。

バインドオブカオス……初手で使って、敵の防御力・素早さをダウンさせつつガーランド自身の攻撃後に追撃が発生する「時の鎖」を付与します。

究極の闘争……終盤に使って、パーティ全体が与えるダメージを底上げします。

フレンド(ガーランド)
終盤にワープで敵ターンに割り込んだエルドナーシュと交代することで合計6Act行動が出来るようになります。

交代後はLD→BT→あとは全てLDでダメージを稼いでもらいます。アーシェのエンチャントも適用しているので、BT効果と相まって大ダメージが期待できます。

敵に終始攻撃させずに、83Actでトドメです。

まとめ

グラディオの断章なのに、グラディオが活躍できない・・・。それどころか行動遅延されてLDカウンターが全く生かせないという、グラディオ涙目なLUFENIAでした。そのうち、グラディオ入れてクリアしたいな

本クエストの対策をまとめると

・マッシュもしくは、エンチャンター&ディレイアタッカーのペアでカウント対策
・敵の防御態勢は、BRVを0に出来るコールアビリティで対策。
・敵の行動パターンで3回目のターンに全体攻撃を仕掛けてくる。エルドナーシュがいれば、そのタイミングでテラー&ワープを付与して封殺可能

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。