2019年 12月 の投稿一覧

【DFFOO】第2部最終章~前編~コンプリート【攻略】

こんばんは、あよあんです。大晦日です。こちら、日中は20℃に達するという異常気象に見舞われました。そんな暑さに負けず、オペラオムニアを楽しみました。

明日はものすごく寒くなると予報では言ってましたが、体に気をつけて2020年を迎えようと思います。つたないブログでしたが、訪れてくれた皆様、本当にありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。

目次

  • パーティ構成
  • 戦闘
    ・1戦目
    ・2戦目
    ・リザルト

パーティ構成

今年最後に挑むのは、「ストーリークエスト第2部最終章~前編~」のHARD難易度の最難関ステージ「閉ざされた空間2」です。シングルで挑みました。

  • スコール・・・BT武器。LDあり。EX真化完凸。ボードオールマスター。
    スフィアなし。AF適当。
    アタッカー要員。最難関のクエストには、最も好きなキャラで挑みます。最も好きなキャラをパーティに入れて挑むのが、オペラオムニアです!
  • スノウ・・・EX真化完凸。ボード適当。スフィアなし。AF適当。
    ディフェンス要員。守り役で最も信頼しているキャラです。壁役最新キャラのナインではありません。中の人は同じなんですけどね。
  • ガーネット・・・EX真化完凸。ボードオールマスター。スフィアなし。AF適当。
    エンチャント要員。ノンAct行動が出来るアフマウと迷いましたが、2戦目の対策とフレンドキャラの都合で、ガーネットにしました。
  • フレンド・・・ノクトを採用。さすがにノンAct行動出来るキャラがいないとミッション達成は不可能なので、フレンド枠でノクトを使います。
  • 召喚獣・・・リヴァイアサンを選択。敵の素早さダウンとBRV供給を目的に採用しました。が、2戦目を考えると防御力ダウンのオーディンの方が良かったかなとも思いました。

ノクト入れないとAct面で辛いというのはわかります。しかし、それでもスコールを入れて挑みたい。最弱のBTと言われているスコールがどこまでいけるか挑戦するのも面白いと考えています。

戦闘

このステージの攻略の鍵は、やはり1Actでどれくらいダメージを与えられるか、つまり、攻撃力と素早さを求められます。

攻撃力はガーネットの属性弱点付与とエンチャント、BRV供給で上げて、スノウのライズガードで低下を防ぎます。

一方、素早さは、全体攻撃でまとめて倒すことで時間の短縮を狙いました。2戦目の終盤は、フレンド、バースト、召喚を全部使いきって、100Act以内に倒せるよう工夫しました。

・1戦目

敵3体出現。ノクト、ライトニング、ロックのイミテーションです。攻撃は全てスノウに向くよう、ライズガードで挑発します。最初はBRVダメージを多少受けますが、集中砲火を受けるためすぐ0になります。

ターゲットは回復するロックを最優先に倒し、ライトニング→ノクトと倒していきます。ライトニングの連閃が地味に厄介で、攻撃前にBRVが回復して当たればHPダメージを受けます。また使用後BRVリジェネのバフが付いてしまう為、早めに倒して、無駄なダメージを減らします。

最後のノクトはリキャストアビリティを使いますが、スノウのライズガードの前では、こけおどしのため、たいした脅威にはなりません。

・2戦目

43Act目で突入。敵はHPが減るとステータスが上がると同時にBRVダメージが通りにくくなるため、BRV供給がHPダメージをより多く与える鍵になります。

58Act目。ここで敵のステータスが上がりBRVダメージが通りにくくなりました。でも戦術は変えずに、スノウで守りつつ、属性弱点を付与して高火力で殴るのみです。

82Act目。ようやくHPを半分減らせました。ここでさらにステータスがアップし、BRVダメージもより与え辛くなりました。このタイミングでスノウとノクトを入れ替えます。

シフトサイクロンで、3人にシフトムーブを付けてノンAct行動させ、続けてバーストアビリティで、全キャラの攻撃後、ノクトの追撃が入るようにします。

84Act目。シフトムーブ効果が無くなったタイミングを見計らって、スコールのバースト発動。各攻撃後、ノクトも追撃してくれるため、総合ダメージが跳ね上がります。

バースト終了後の85Act目。ガーネットのAアビを使用後、リヴァイアサンを召喚。ノクトのバーストアビリティが尽きる前に、可能な限り追撃してもらいます。また、スコールのバースト効果により、シフトミーティア、裁きの鉄槌がダメージアップされてるので、より多くHPを削れます。

召喚終了後、ノクトが去ってスノウ帰還。敵の全体BRV攻撃からリキャストアビリティの流れが読めたので、無理にダメージは与えずに回復&防御に徹しました。スコールとガーネットは、ノクトが残してくれたシフトムーブのバフを切らしてから、BRV攻撃して被ブレイクを防止しました。

89Act目。敵のリキャストアビリティを食らったあとの状況です。ギリギリ生き残りました。スノウは不可視バフのHPリーブ効果で首の皮一枚繋がってる状態・・・。危ない危ない(滝汗)

倒せたとしても、ミッションの被ダメージが未達成になるだろうなと考えながら、スコールのAアビ使って、EXアビぶっ放しました。

90Act目。終わったと思ったら、しぶとく生き残るイフリート・・・。ガーネットのターン。都合よくEX溜まってました。即発動!

聖なる祈り使用後の状況。被ダメージのミッションもクリアしたということで、トドメ刺しました。

・リザルト

まさかのスコアカンスト。ギリギリアウトと予想してたのに。パーフェクトクリア出来て良かったです。

この結果は、弱い弱いと言われているスコールでも、まだまだ充分戦えるという証拠です。

【DFFOO】シェルロッタ断章カオスクリア【攻略】

こんにちは、あよあんです。昨日、シェルロッタ断章カオス難易度をクリアしました。

目次

  • パーティ構成
  • 戦闘
    ・1戦目
    ・2戦目

パーティ構成

2戦目のボスが、物理攻撃に耐性を持っていたため、必然的に魔法攻撃系パーティになりました。

  • アシェラ・・・真化完凸。ボードオールマスター。スフィアなし。AF適当
    ディフェンス要員。今回のキーキャラクター。デセンションによるHP攻撃沈黙のデバフに何度も助けられました。
  • アルティミシア・・・LDあり。真化完凸。ボードオールマスター。スフィアなし。AF適当。
    アタッカー要員。90Act以内のクリアというミッションを達成するためにも、活躍してくれました。
  • ガーネット・・・真化完凸。幻獣ボードオールマスター。スフィアなし。AF適当。
    エンチャンター要員。出てくる敵全員が、雷か水に弱いため見事に刺さりました。
  • フレンド・・・アミダテリオンを選択。行動遅延はやはり最強戦術のひとつ。彼(彼女)のおかげで終盤楽できました。
  • 召喚獣・・・リヴァイアサンを選択。弱点突くと同時にBRVリジェネを付与するのが目的でしたが、メンバー3人全員がBRVリジェネ出来るんですよね・・・。そのせいで、供給量が大変なことに・・・。

戦闘

1戦目はともかく、2戦目で何度も全滅していたので、敵の「チャージ」の行動に合わせて、アシェラのデセンションを使うことを意識しました。

・1戦目

1戦目は、敵のBRV量に気をつけつつ、ガーネットで弱点付けて、アシェラでBRV供給、ミシアで攻撃してました。

・2戦目

23Actで突入。2体出現。戦術は1戦目と同じ、ガーネットで弱点付与、アシェラ供給、ミシアで攻撃。敵がチャージ行動をとった時は、アシェラのデセンションでHP攻撃沈黙デバフを付けて、全体BRV攻撃→全体HP攻撃の連続行動を妨害します。

この連続行動は、ブレイクされなければ起きないようですが、BRV攻撃が多段ヒットするので、この面子だと防御力が足りません。しかしHPが0にならなければ死なないので、被ブレイクは諦めて即死を防ぐことに集中しました。

54Act目。敵HPを2体とも半分減らせました。このままのペースで削っていきます。

67Act目。HPが赤くなったところで召喚。間違ってアポカリプス発動しないよう、タイミングを見計らいました。

召喚終了して、70Act目。アシェラをアミダテリオンと交代。ここから相手に何もさせずに終わらせました。

トドメ刺すところです。アポカリプスによる連続行動中で、73Actで終わらせました。

【DFFOO】アフマウ断章カオスクリア【攻略】

こんにちは、あよあんです。アフマウ断章カオス難易度を(今更)パーフェクトクリアしたので、報告します。

目次

  • パーティ構成
  • 戦闘
    ・1戦目
    ・2戦目

パーティ構成

  • スコール・・・BT武器。LDあり。EX真化完凸。ボードオールマスター。スフィアなし。AF適当
    アタッカー要員。近接物理耐性を持っていなければ、カオス難易度のアタッカーは、この人でOKな気がするってくらい、連れ回しています。というか、来年実装される新難易度では使えませんって言われたくない・・・。
  • アフマウ・・・EX真化完凸。幻獣ボードオールマスター。スフィアなし。AF適当
    サポート要員。恩恵キャラということもあり大活躍。
  • エッジ・・・EX真化完凸。幻獣ボード&AF適当。スフィアなし。
    ディフェンス要員。何故入れたのか覚えてないです。雷弱点を突けるからというのがひとつの理由だった。
  • フレンド・・・アミダテリオンを選択。挑戦時、5Act動けるのがアミダだけだったので。でも、行動遅延出来るキャラって、ホント頼もしい。
  • 召喚獣・・・リヴァイアサンを選択。BRVリジェネできるのを理由に採用。召喚自体はしなかったです。

戦闘

今回の断章で、意識したことは正直あまりありません。被ブレイクは当然気をつけていたんですが、単体攻撃で「これやばいな」と思っていると、大抵エッジがいて、煙玉でやり過ごせてしまうという場面がチラホラ・・・。

・1戦目

敵2体出現。1戦目は、早く終わらせるよう意識しました。何かHP攻撃してきた記憶が無いです。やはり、恩恵と真化完凸は強い。

・2戦目

27Actで突入。3体出現。この手のタイプにありがちな、「取り巻きはボスの特定の行動後復活する」という構成です。敵の攻撃は、致命傷の単体攻撃は煙玉で、全体攻撃は雷分身殺法で回避してました。ほとんど使っていないエッジですが、使ってて結構楽しいです。

戦術はBに集中砲火。取り巻きのAとCは、スコールの連続剣、アフマウの変化HP攻撃(メネジン)で、巻き添えを食うようにダメージを与えます。HP攻撃も、ブレイクで防ぎつつ緊急用に煙玉を使っていれば、ほぼ問題ありません。

58Act目。BのHPを半分まで削りました。この後も変わらず、真ん中に集中砲火。敵のバフとか関係なく殴り続けました。

66Act目。スコールをアミダテリオンと交代。クリスタルアイドルで、敵のターンを消失。何かブレイク以外で行動順を遅らせられないようなこと書かれてましたが、ターン消失なら出来るのでメガフレアと併用して、遅らせられるだけ遅らせました。

83Act目。スコールのバーストで終わらせました。

【DFFOO】アルフィノ断章カオスクリア【攻略】

こんばんは、あよあんです。昨日クリアした、アルフィノ断章カオス難易度の報告をします。

目次

  • パーティ構成
  • 戦闘
    ・1戦目
    ・2戦目

パーティ構成

  • スコール・・・BT武器。LDあり。EX真化完凸。ボードオールマスター。スフィアなし。AF適当。
    アタッカー要員。今回の断章で不協和音な感じがしましたが、敵ボスが複数出る上で、最大火力が出るので採用。というのは建前で、好きなキャラだから入れました。
  • アルティミシア・・・LDあり。EX真化完凸。ボードオールマスター。スフィアなし。AF適当。
    今断章の攻略の鍵である、割合ダメージを与えられるキャラ。アルフィノも割合ダメージ出せて、ノンAct行動出来るけどこっちの方が使いやすかった。
  • アフマウ・・・EX真化完凸。幻獣ボードオールマスター。スフィアなし。AF適当
    サポーター要員。ノンAct行動が出来るため、アルティミシア同様ミッション達成にも貢献。
  • フレンド・・・ノクティスを選択。ノンActできるという理由で選びましたが、すごい失念をしていたことを呼んでから気づく。猛省・・・。詳しくは後述。
  • 召喚獣・・・アレクサンダーを選択。回復役として選びましたが、正直何でも良かったです。

戦闘

今回の攻略の鍵は、割合ダメージと敵の行動順。特に2戦目でそれらが重要でした。

・1戦目

敵3体出現。攻略法という攻略法は特に無いんですが、あえて言うなら、もたつかない事。とにかく真ん中に集中砲火。全体攻撃が出来るなら使っていきましょう。取り巻きのAとCは、巻き添えを食らうような形で倒せます。

・2戦目

17Act目で突入。2体出現。戦闘開始時、ガードレゾナンスによって敵の防御が異常に高くなり、HPダメージがアップするという厄介な不可視バフ。ただし、ブレイクすることで解除できます。

ここで活躍するのが、アルティミシアのヘルジャッジメント。割合ダメージなので、防御力やガードレゾナンスの効果を無視してBRVを一気に奪えます。アポカリプスが既に使える状態なので、アポカリ→ヘルジャッジ→流転の剣→HP攻撃ⅹ2を、HP50%辺りになるまで繰り返します。

スコールとアフマウは、なるべく均等にHPを減らすよう勤めます。

43Act目。やっと片方がHP半分切りました。この辺りでひとつの関門が・・・。BのBRVが異常に高い状態で全体攻撃をスタンバイ、しかもガードレゾナンス中・・・。スコールとアフマウでどう対処したのかというと・・・

単純に力ずくでブレイクしました。

スコールのLDとアフマウのEXで、無理やりブレイク。行動順がミシアと入れ替わるので、ヘルジャッジ撃ってAもブレイクして、バフを解除しました。

61Act目。第2関門。AとBの行動順に注目。Aがガドレゾ使って、Bが全体攻撃を撃つという状況です。ガドレゾは発動時、双方のBRVを1万以上持たせます。またHPダメージをアップする効果もあるため、ガドレゾ→HP全体HP攻撃の流れは絶対阻止しなければなりません。

HPが赤くなったのに、それを食らえば全ておじゃんなので、ここでノクト呼びました。ノンActの3連続行動するミシアと、味方にノンAct行動の固有バフを与えるノクトは、パーティに並列させると相性悪いですが、フレンドとして入れ替えれば、デメリットは避けられます。

シフトサイクロン使って、パーティに連続攻撃させて畳み掛けようと思ったんですが、とんでもない失念をしていました。しかも2つも!それは・・・

敵が遠距離物理攻撃耐性を持っていた事

ノクトは、EXアビリティを除く全ての攻撃が遠距離物理攻撃タイプのため、味方にバフは付けられても、ノクト自身はダメージを与えられない・・・。ただバフを付ける為だけに呼んでしまいました。

そして、もう1つの失念。それが・・・

フレーム付バフを付けすぎて、シフトムーブが付けられなかった事

アフマウの付与するバフは、全てがフレーム付バフのため、全部埋まってしまったスコールが、ノンAct行動できない状態になってしまいました。

一番連続行動して欲しいキャラが出来なかったため、ノクトが去るまでの5Act、無駄にAct加算しないよう、サイクロンメインで過ごしていました。

66Act目。やらかしたとは言え、敵の行動順を全体攻撃→ガドレゾの順番に入れ替えることに成功し、全滅逆転は免れました。

ミシアが帰還して即召喚。ヘルジャッジ&連続攻撃でブレイクしてから、あとはラストスパート。69Actで終わりにしました。

トドメ刺すところです。

【DFFOO】プロンプト断章カオスクリア【攻略】

こんばんは、あよあんです。シンク断章に続いて、プロンプト断章カオスに挑んできました。

目次

  • パーティ構成
  • 戦闘
    ・1戦目
    ・2戦目

パーティ構成

  • スコール・・・BT武器、LDあり、EX真化完凸、ボード系オールマスター。スフィアなし、AF適当
    アタッカー要員。XV勢の断章だからノクトじゃないのか?という問いには、「ノクトは強すぎるから封印」と私は答えます(笑)
  • スノウ・・・EX真化完凸、ボード3つマスター。スフィアなし、AF適当
    壁役要員。プロンプトも似たようなことは出来ますが、こっちのほうが強かった。というか、私のプロンプトちゃんと育ててない(泣)
  • マキナ・・・LDあり、EX真化完凸、幻獣ボードオールマスター。スフィアなし、AF適当
    アタッカー要員。スコールと違い、こちらはノンAct行動が出来るため、Act節約して攻撃することが出来ます。
  • フレンド・・・アーデンを選択。しかし、終始使いませんでした。
  • 召喚獣・・・アレクサンダーを選択。パーティ構成上、回復役がいないため。

このメンバーでクリアする前に、スコール、プロンプト、イグニスで挑んでみました。クリアはしたけどActオーバーでパーフェクトなりませんでした。

戦闘

このステージでパーフェクトを獲るために必要な点は、被ブレイクとノンAct行動です。被ブレイクは大ダメージを防ぐために、ノンActはミッションの90Act以内にクリアするために必須でした。

・1戦目

2体出現。初っ端から厄介な敵で、HPを20%くらい削った辺りから、「被ブレイクしたら追撃でドレイン」という戦闘スタイルになります。奪われたBRV量が必然的に一撃必殺の量になっているので、かなり面倒。

そのため、壁役としてスノウでBRVダメージを0にしたり、プロンプトで攻撃を回避したり出来るキャラが必須になります。

ちなみに、魔法攻撃に対してはカウンター飛ばしてきて「呪い」デバフ付けられるので厳禁です。常連エンチャンターのガーネット入れてないのはそれが理由。

被ブレイク対策をしっかりしてれば簡単に倒せる敵ですが、90Actという短時間でステージクリアしないといけないので、大急ぎで倒しました。

・2戦目

2体出現。26Actで突入。この敵は、片方がアタッカー、もう片方がバッファーという役割分担を行います。バッファー役(写真ではB)は、自身にはバフを付与しないため、バッファー役を優先して攻撃します。

しかし、Act数の問題もあるため、もう片方にもダメージを与える手段が必要。そこでスコールの連続剣やラフディバイドによる全体攻撃、マキナのスタンブレイドと、それで付与できる「螺旋の楔」効果による追撃で攻めます。

39Act目。どちらかの敵HPを80%辺りまで減らすと、アタッカー役とバッファー役が入れ替わります。こちらもターゲットをダメージを与えやすいバッファー役を狙います。

60Act目。敵2体のHPをほぼ同時に50%まで削りました。ここから両方アタッカーになります。この辺りで厄介なのが敵の全体攻撃です。

全体攻撃は全体BRV+全体HP攻撃。BRVダメージはさほど大きくはありませんが、全体HPダメージが等倍のため、1人でも被ブレイクされると大ダメージを受けて一発で全滅なんてこともあります。なので、敵が全体攻撃してくる際は行動順とBRVに気を配り、被ブレイクされそうならBRV攻撃でブレイクだけでも防ぐようにします。

68Act目。マキナの行動後にBが全体攻撃を仕掛けてくるつもりだったので召喚発動。時間を稼ぎつつHPを削り、被ブレイクによる全滅を防ぎます。

召喚で時間を稼ぎ、全体攻撃を退けて77Act目。スコールバースト発動して、トドメ刺しました。もっと早いタイミングで発動しても良かったです。反省。

リザルト画面。被ブレイクを避けつつAct達成できました。

【DFFOO】シンク断章コンプリート【攻略】

こんばんは、あよあんです。昨日から過去に実装された断章カオス難易度に挑戦していました。何度もずっこけたシンク断章ですが、今日ようやくコンプ出来ました。

目次

  • パーティ構成
  • 戦闘
    ・1戦目
    ・2戦目

パーティ構成

  • スコール・・・BT装備。LDあり。EX真化完凸。幻獣&育成ボードオールマスター。スフィアなし。AF適当。
    アタッカーとして採用。ノクトのBT/LD武器が実装された時期ですが、好きなキャラなので採用しました。
  • スノウ・・・EX真化完凸。幻獣ボード3つマスター。スフィアなし。AF適当。
    この断章の恩恵キャラ。壁役として採用。実は彼を入れても、何度も失敗しました。
  • ガーネット・・・EX真化完凸。幻獣ボード8つマスター。スフィアなし。AF適当。
    エンチャンターとして採用。出現する敵は全て氷属性が弱点ですが、他の属性は普通ということで、無理やり弱点くっつけて殴り倒します。
  • フレンド・・・レオ将軍を採用。最後の敵が1体だけということで、遅延しようと考えていましたが、そうは問屋がおろさなかった。
  • 召喚獣・・・リヴァイアサンを選択。BRVリジェネってやっぱり便利。

戦闘

・1戦目

2体出現。死に際に、剣の雨という全体攻撃やってきて、何度も全滅しました。二戦目のボスより、こっちのほうが強かったです。スノウのライズガードで、敵の攻撃を全てスノウに集中させて無駄なダメージを抑えつつ、敵が剣の雨(ALL攻撃)してくるまでひたすら殴ってました、片方のみを。

19Act目で、リヴァイアサン召喚。死に際の剣の雨は、召喚中であれば撃ってこないという情報を得たので実践したところ本当でした。召喚中にAの方を倒したんですが、Bの方は倒せず(HPの多さに注目)。死に際にレオ将軍をスコールとチェンジしてトドメ。一応3人とも死なずに、二戦目いけました。

・2戦目

1体のみ出現。しかし自軍は満身創痍。エルドナーシュがいれば「テラー」で攻撃させずにいけるんですが、フレンド選択時にいなかったので。

敵が出てからは、レオ将軍はずっとマスターブレード。Actがなくなるまで、敵に手番を回さずに、味方2人は将軍のフレームバフでHPリジェネ。全快して仕切り直しです。

レオ将軍のAct全て使い切り、スコール帰還。このまま、敵HPが半分になるまで殴り合いです。

スコール帰還から10Act。敵HPがようやく半分切りました。というところで、敵の厄介な3回連続攻撃がきます。全体BRV攻撃2種&全体HP攻撃を、このあとやってくるので、BRVを大量に持っていないと即死します。

で、ギリギリ生き残りました。このあとHPを回復しつつ、62Actまで殴り合いです。殴り合いといっても、スノウに全部攻撃行くんですけど、ライズガードの効果で、BRV攻撃は通りません。が、敵はこのあと、ずっと3回攻撃してきたのでスノウのHP管理だけは怠れませんでした。

62Act目。スコールバースト発動。全アビ叩き込んで終わらせました。

パーティー構成の段階で、いろいろミスってるなと終わった後に思いました。しかし、召喚も最後まで取って置くという自分の中の固定概念を無くす事も出来たので、興味深いステージだったと思っています。

【DFFOO】アーデン他7名育成中

こんばんは、あよあんです。会社が年末年始の連休に入ったので、「一日中オペラオムニアできる~♪」と思ってましたが、この時期、家でも忙しいんですよね(泣)。
「(家の仕事など)さっさと終わらせてやる」byスコール

現在、恩恵キャラとなっているアーデン、マリア、リリゼット、バッシュ、セラ、ナイン、バレット、風神を育成中です。

キャラのレベルは70まで上がったので、次はクリスタルと幻獣ボードです。クリスタルを70に上げるのは、装備が整っているキャラを優先しています。8人の中で武器が揃っているのは、リリゼット、バッシュ、セラ、ナイン、バレット、風神になります。が、ハイシャードとハイクリスタルが足りない・・・。特に黄色。

アーデンとマリアは、毎日1~2回ほどジェム回して狙っています。アーデンの相性、専用、LD武器が当たり、残るはEXとBT。マリアは既に相性と専用を持っているのでEXを当てるのみです。爆死は勘弁(泣)。

【DFFOO】アーデン参戦【イベント】

こんばんは、あよあんです。本日、サプライズでストーリークエストが追加され、FFXVよりアーデンが実装されました。Youtubeから動画拾ってきました。

共闘で戦うところを見せてもらいました。印象としては、ノクトの追撃にライトニングの追加行動が加わった感じです。そして動画を観るとわかるんですが、0:45辺り、自らHPを0にして戦ったりします。攻撃受けても死なない・・・。リノアや暗黒騎士セシルも真っ青な自傷行為です。いや、HPが0だから自殺行為か・・・?
「ファントムギアによる追加攻撃」が尽くカットされてて「残念」みたいな?

ストーリークエストは、ノーマル難易度をクリアしてハードを開放したところです。アーデンの育成もこれから。

明日仕事が終わったら連休なので、思いっきり遊びます。その前にバッシュ断章とナインイベント終わらせます

【DFFOO】アーデン参戦&年末年始もイベント盛りだくさん【イベント】

こんばんは、あよあんです。あと数時間で、ウインターキャンペーンが終了します。さらば、サンタジャボテンダー!さらば、特別恩恵!

目次

  • 真の王が紡ぐ未来
  • ニューイヤーキャンペーン
    ・お正月 毎日ログインボーナス!
    ・リノアのキャラクタースタンプ
    ・ゴールドジャボテンダー
    ・ニューイヤーキャンペーンパネルミッション
    ・新年レイドミッション「深淵より集いし絶望」
    ・新キャラ&断章復活キャラ
    ・キャラ調整&育成ボード実装&アンロック撤廃

真の王が紡ぐ未来

今日の会社の昼休み、何気なくオペラオムニアの情報サイトを開いたら告知されていました。第2部ストーリー・・・その最終章(前編)です。これがサプライズイベントというやつか。

DFFACでアーデンが実装されましたが、ほとんど間をおかずにオペラオムニアでもアーデン参戦です。しかも、今回初めて顔を見せるのに、仲間になります!

対峙するノクトとアーデン。内容は扉絵どおり、FFXVを中心に展開されるのは想像に難くないです。youtubeから動画拾ってきました。

また、アーデンには、バースト&リミテッド武器が同時実装。ヴィラン勢初のバースト武器実装です。果たしてどのような性能になるのか。

開催されるのは、12月27日の15時から・・・

って、明日じゃん!!!

ニューイヤーキャンペーン

続いて、年始から始まるイベントのご紹介。イベントで非常に忙しいですw

FFファンの見る初夢は

一グルグ火山、二モーグリ、三ボテンダー ってかw

サポテンダー出現率2倍とサイクルクエスト報酬2倍、幻獣界カーバンクル、またやるんですね。育成が捗ります。オペラオムニアを始めるなら、この時期がチャンスかもしれませんね。

・お正月 毎日ログインボーナス

元日の朝4時~4日の朝4時まで(てか、写真の日時)に、ログインするだけでジェムが貰えます。お年玉ならぬお年ジェムです!絶対貰いましょう!!

・リノアのキャラクタースタンプ

リノアの4つ目のスタンプになります。可愛い!!

・ゴールドジャボテンダー

元日から6日の朝4時まで、毎日メダルコレクトバトルに、ゴールドジャボテンダー出現。EXオーブが手に入ります。真化EX武器やバースト武器の強化がお手軽になります。

以前にも同じような感じで報酬貰ってましたが、確か確率で貰えたり貰えなかったりでした。何度も挑戦してぶんどります。

・ニューイヤーキャンペーンパネルミッション

さらに、パネルミッションでナゲットが20個ずつ貰えます。列達成報酬は、通常のパネルミッションと同じ内容ですね。破壊と庇護のインゴットは2個ずつ手に入るということですね。バーストメダルとかでもよかったんじゃよ?w

・新年レイドミッション「深淵より集いし絶望」

まだまだイベントが続きます。元日からレイドミッション。扉絵どおりだとエクスデスとセフィロスに神竜が付いて回るようですね。第2部10章での敵キャラの動向が気になりましたが、こういうことだったんでしょうか?
シェルロッタじゃないけど「うっとうしいわ!!」

・新キャラ&断章復活キャラ

大盤振る舞いなイベントだけでなく、通常の新キャラ追加イベント&断章イベントもあります。運営の方々、本当にお疲れ様です。

1月に参戦する、新キャラは吟遊詩人とモンスター大好きな方・・・。FFⅣからギルバート、FFⅥからストラゴスの参戦ですね。ギルバートは歌をうたうから、サポートキャラだとは思いますが、ストラゴスはどう動くか予想しづらいです。原作では青魔導師なので、敵の技(?)でも使うんでしょうか?

1月の断章では、皇帝(FFⅡ)とキマリ(FFⅩ)が再登場。今までの断章の流れから察するにリミテッド武器を引っ提げて帰ってくるでしょう。

皇帝はトラップによる時間差攻撃。キマリはEXアビリティで与える真暗闇による完全回避。リミテッド武器によってどのように強化されるのか?楽しみでもあり、恐ろしくもあります。

・キャラ調整&育成ボード実装&アンロック撤廃

最後に、キャラ調整&育成ボードが入ります。

まずは、キャラ調整。6人入ります

リノア調整来ますね。確か真化開放されたときは調整無しでブーイングが飛んでたような・・・。満を持して、調整入ります。Ⅷ勢好きな私にとっては待ちに待った調整です。

次に育成ボード実装キャラ。全部で18人。多すぎて写真が2分割に。明らかにポイントが足りなくなる・・・。厳選するしかないか。

そして、サイクルクエストに仕様変更。これは手間が省けて良い調整だと思います。30分だけ開放するというのも、あまり意味がないのでは?と感じていましたし、今手に入る倍書の制限時間は15分なので、特にギル稼ぐ際、結構面倒くさかったです。

ウインターキャンペーンもあと4時間で終わります。取り忘れた報酬とかないか確認して、明日から始まるイベントをわくわくしながら待つことにします。

【DFFOO】オーディンチャレンジクエスト制覇【攻略】

こんばんは、あよあんです。昨日、ブログ書くのを忘れるほどオーディンのチャレンジクエストをやっていました。しかし、何度やっても倒すことが出来ませんでした。そして、今日ようやく倒すことが出来ました。

動画を出している方々の戦術を参考にしました。ありがとうございます。何度も失敗しましたが、オーディンの戦術パターンを把握しつつ諦めずに挑戦しました。

目次

  • パーティ構成
  • 戦闘

パーティ構成

参加メンバーの装備は、12月25日現在で最強の状態。幻獣ボードも全員全部マスター。育成ボードは、ノクティスだけマスターです。

  • ノクティス・・・「彼がいなければクリア絶対不可能だろう」というくらい、今回の難易度は最凶。Act&スコア問題を、アビリティの仕様(+化するとノンAct)と吹き飛ばしで解決してくれます。
  • セシル(パラディン)・・・斬鉄剣対策で採用。固有バフ「光輝の剣」で変化するBRV攻撃が、斬鉄剣からパーティを救います。また継戦能力の高さと聖属性による弱点を突けるので、終盤でも息切れしづらいアタッカーとしても動けます。
  • アーヴァイン・・・自由枠ではありますが、私はⅧ勢が好きなので連れて行きました。ただ好きなだけでなく、遠距離物理の弱点を付けられるので、パーティ全体の火力の底上げしてくれる、正にThe サポーター。
  • 召喚獣・・・リヴァイアサンを採用しました。目的は終盤の追い込みですが、敵の素早さを下げられるからというのも選択の理由です。

戦闘

今回の戦闘で鍵となるのは、如何に被ブレイクしないかと、死の宣告デバフを付けられてから発動するまで、どう過ごしたかで勝負が分かれます。カオス難易度では、Act無消費のキャラを入れれば強引に進めますが、チャレクエの場合、そうは行きません。

最初の斬鉄剣を凌いだ直後です。オーディンが単体攻撃を仕掛ける際、ターゲットになっているキャラ(この場合、アーヴァイン)は、無理にHP攻撃せずに、BRV攻撃して被ブレイクを防ぎましょう。
※八相斬が飛んできた場合は、回避しても強制ブレイクさせるので諦めましょう。

運悪く、八相斬が飛んできてブレイクされました(泣)。そのあとにALL攻撃である、グングニルが来ます。BRVを0にされて死の宣告を付与する技です。この死の宣告を遅めに発動させるかで、その後の展開が楽になります。

※ここの過ごし方が非常に難しく、運も絡んでくるため何度も失敗しました。

死の宣告を付けられてから各キャラ1ターン目の行動は、被ターゲットはBRV攻撃で被ブレイクを防ぎます。他の2人は、行動負荷の低い攻撃は使わず、行動順をなるべくそのままの状態にします。

死の宣告を急いで解除しようと、連続行動すると死の宣告によるブレイクでオーディンのリキャストが溜まってしまい、斬鉄剣で即死する可能性が跳ね上がるのでやめましょう。

※この時点で、ノクトのシフトミーティアを+化しておくと、2回目の斬鉄剣使用後に発動する「神馬一体」を早期解除することが出来るので、やっておきましょう。

敵の攻撃を凌いで、デバフ付与されて2ターン目。行動負荷の低いをするか、HP攻撃するか、その時の行動順によって変わります。

敵は単体攻撃後、リキャストがMAXでなければ、2度目の単体攻撃を仕掛けてきます。このタイミングで被ブレイクして、ゲージがMAXになっても斬鉄剣は使ってきません。ちょうど下の写真のような(溜まってても単体攻撃するまで斬鉄剣使わない)状態になります。

単体攻撃後、2度目の斬鉄剣を使ってくるので、セシルのライトスラッシュでBRV分配して耐えます。

オーディンが2回単体攻撃して斬鉄剣を撃った場合、斬鉄剣後の攻撃がグングニルに変わるので、非常に戦いやすくなります。

  1. 被ターゲットは、BRV攻撃で被ブレイクを防ぐ
  2. 死の宣告中、連続行動は極力控える(被ブレイクによるリキャスト対策)
  3. 死の宣告中、オーディンに2回単体攻撃をさせる。
  4. 斬鉄剣前に10000BRV以上は確保する

これを繰り返しつつ、どうしても斬鉄剣を使われてしまうと思ったときは、緊急手段として、ノクトのシフトサイクロンで行動順に割り込ませます。死の宣告2ターン目に入ったときに使うか否かを判断します。

何だかんだ繰り返して、オーディンのHPを赤くしました。このあと、ノクトバーストして、各キャラの攻撃後に追撃が入るようにしたあと、リヴァイアサンを召喚してさらなる連続行動。

このあとシフトサイクロン使って、とどめさしました。

リザルト

カンストはしませんでしたが、パーフェクトクリア。報酬は、クリスマスプレゼントと洒落込みます。