レイドボス「崩落の主」LUFENIA難易度クリアメンバー3名紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本記事では、12/11に開催されたレイドボス討伐チャレンジ「崩落の主」のLUFENIA難易度に出現する敵の特徴とクリアメンバーを記載しています。

敵情報

アンダグランダⅹ2

弱点・耐性

属性弱点・耐性近距離物理攻撃弱点
かからないデバフ百毒・苦毒・属性耐性ダウンを含むデバフ

カウント

出現条件バトル開始時・HP50%未満になった時
消滅条件HP80%未満になった時
増加条件プレイヤーが行動負荷0のアビリティを使用時2増加(上限8)
減少条件プレイヤー行動時1、カウント対象行動時2減少

特徴と対策

防御力ダウンデバフを付与してBRVダメージが通るようにする

出現する敵は、防御力が異様に高く、近距離物理の弱点を突いても防御力ダウンのデバフを付与しないとBRVダメージがまともに通りません。

パーティメンバーかCアビリティに防御力中ダウン以上のデバフを付与出来るキャラを入れて戦闘に臨みましょう。

リキャストのバフ解除は左側が消される

敵が使ってくるリキャストアビリティ「大じしん」は、こちらのキャラに付与されているバフを1つ解除するとあります。解除されるバフはランダムではなく一番左側のバフが消されます。

3連続行動が出来るキャラを2人以上編成してカウント対策

カウントの増加条件である「行動負荷0のアビリティ」を使えるキャラを2人編成すると比較的楽にクリア出来ました。

恩恵でBT/LDが実装されたティーダ以外に、6連続攻撃が出来るティナ、メテオクラッシャーを使用した次のターンのティファなど、結構人数います。また、AアビリティやCアビリティも行動負荷0なので、それらも使いこなすことでより楽に攻略できます。

しかし、名前が「ティ」から始まるキャラは、行動負荷0のアビリティをもつ傾向にあるんでしょうか?(笑)

パーティメンバー

上記の対策を考慮し、メンバーはスコール、ティーダ、ティファを編成。フレンドは村民ちえるさんの暗闇の雲を選びました。村民ちえるさんありがとうございました。

敵の防御力を下げつつ、行動負荷0の攻撃が出来るキャラを編成し、封殺することが攻略のカギでした。

スコール

BT/LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:セッツァー

アタッカー役(自由枠)。カウント対策はA・Cアビリティを使うことでしか出来ませんが、セッツァーLDが当たったため、LDコールがどれほどのものか見たかったため推しキャラを採用。他に理由として、ティーダBTが当たらなかったため連れていきました。

Cアビリティのセッツァーは、LDコールの試し打ちでセット。効果はアタッカーと相性が良いですが、BRVダメージが高確率で上限に達する「イカサマのダイス」はLDコールでは付与されないことがわかりました。

ティーダ

恩恵 LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:ジャック

アタッカー役。カウント対策として採用。カウントの出現タイミングに合わせてLDアビリティで攻撃し、カウントを減らさないように立ち回ります。

Cアビリティのジャックは、スコールのBT発動前にLDコールし、バーストモードに与えるBRVダメージを上昇させます。

ティファ

LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:ファリス

アタッカー役。ティーダとおなじくカウント対策で採用。動き方もティーダとほぼ同じです。

Cアビリティのファリスは、コールするだけで敵に防御力大ダウンのデバフを付与します。副次的効果でカウントも増やしてくれます。

暗闇の雲(フレンド)

敵のカウントが消えている状況で交代し、即バースト発動各キャラの攻撃後に追撃して1行動中に与えるHPダメージを底上げします。

実戦

スコール

ソリッドバレル……メインで使用。敵のカウント対策としてスコール自身の連続行動は控えたいので、連続剣で行動順が変わらない限りはこれを使います。パッシブのソリッドバレルライトは外しておきます。

連続剣……カウントが一時消滅した時、バフを付与しなおす時に使用。装備パッシブで行動負荷ダウンが付与されてますが、外すと火力が下がるため装備した状態で使います。

アサルトトリガー……ゲージが溜まったら使用。

ラフディバイド……使用タイミングは自由。ただ、段階3にしておくと、攻撃力が60%・最大BRVが30%上昇します。BTモードに入る際、段階3にしておくと良いでしょう。

ブラスティングゾーン……フレンド暗闇の雲のBT効果適用中に使用すると、攻撃する度に追撃が発生し、与えるダメージが増えます。

ティーダ

クイックトリック……固有バフ「エースの意地」付与中に使うことでカウント対策と同時に与えるダメージを与えられます。

スラッシュコンボ……使用すると敵に攻撃力・防御力・素早さダウンのデバフを付与します。このデバフを切らせると敵に与えるBRVダメージが激減するので、切らさないようにします。

エナジーレイン……エースの意地バフを付与する際に使用。キャラ調整でバフの仕様が変化しました。これを切らすと追撃のシュートが発生しなくなるので、切らさないように他のアビリティを使っていきます。

チャージ&アサルト……本クエストで大活躍するアビリティです。使用後2ターン、ティーダが使うアビリティ3種にアスピル効果が付与されます。

ティファ

掌打ラッシュ……カウント消滅時に使用。

気合……カウント対策で使用。これを使用後、メテオクラッシャーに繋げて大ダメージを与えます。その際、防御力ダウンデバフが付与されいることを確認します。デバフが付与されてないと1BRVダメージを量産してしまいます。

ドルフィンブロウ……固有バフ「フィーバータイム」を付与する際に使用。本クエストの敵は吹き飛ばせないので、正直使う機会はほとんどありません。

メテオクラッシャー……気合と併用して使用。使用後、HP攻撃が「HP攻撃フルスロットル」に変化。これを使うと行動負荷0でティファのターンになり、気合を使うことでカウント対策を施した3連続行動が出来ます。

フレンド暗闇の雲

敵2体のHPが60%辺りでティファとチェンジ。BTを使用後、LDアビリティを使って敵のターンを回さないよう立ち回ります。

32Act目。ティーダのターンでトドメです。

まとめ

行動負荷0と敵の防御力を大幅に減らすデバフを付与出来るキャラがいないと、クリア不可能なイベントでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*