ストーリークエスト第3部4章~前編~LUFENIA難易度クリアメンバー3名紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本記事では、12/28に実装されたストーリークエスト第3部4章~前編~「夢の続きを照らす幻光」のLUFENIA難易度に出現する敵の対策とクリアメンバーを記載しています。

出現する敵

聖地のガーディアンⅹ2

特徴と対策

弱点・耐性

属性弱点・耐性なし
デバフ弱点・耐性かからない:最大BRVダウン・熱傷・追い打ち・受けるHPダメージアップ

カウント

出現条件HP80%未満になった時
消滅条件なし
増加条件プレイヤーのデバフが0の時1増加
プレイヤーがデバフを解除すると15増加(上限:20)
減少条件プレイヤー行動時1、カウント対象行動時2減少

特徴と対策

〇デバフを解除できるキャラを編成

 本クエストの敵は、防御力ダウンや熱傷など、全部で8種類のデバフを付与してきて、内5種類は銀フレームデバフです。どれも付与されると厄介なので、デバフを解除できるキャラを編成して、カウントと同時に対策を取ります。

〇行動順と敵HP量を考慮して追い打ち対策

 敵のHPが80%・50%を切ると、パーティ全員に「追い打ち」デバフを付与してきます。効果はエルドナーシュが付与する「ワープ」デバフと同じです。

 敵のHP量と味方の行動順に気を配り、付与された直後にデバフを解除できるキャラにターンが回るよう調整すると楽になります。メンバー全員にデバフ解除の効果があるCアビリティをセットするのもありです。

〇ケアルガの使用後は敵にターンを回さない

 敵のHPが50%を切るとケアルガを使い、HPを180万回復&HPリジェネバフが付与されます。リジェネバフは放置しておくとHPが全然減らなくなってしまうので、デバフで押し出すかバフを解除するCアビリティをセットして対策を立てておきます。

 ケアルガ使用後、敵のHPが39%・29%を切り敵にターンを回すと、行動終了後にケアルガを使ってくるので、HPを40%未満まで減らしたら、敵にターンを回さず一気に勝負を決めましょう。強制ブレイクしたり、行動順を遅らせたり出来るキャラを編成すると良いでしょう。

※条件不明ですが、HPが50%以上の時でもケアルガを使ってくる時があったため、そちらは検証中です。

パーティメンバー

 上記の対策を考慮して、メンバーはユウナ・ティーダ・WOLを選択。フレンドはちゅんさんのユウナを連れていきました。ちゅんさん、ありがとうございました。

 私の発想力無さゆえに、ファミ通サイトの攻略パーティと同じ構成となっています。

ユウナ

恩恵 LD/真化完凸/第2防具真化完凸 ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:パンネロ

サポーター役。カウント対策キャラ。デバフが付与されたらエスナを使って早々に解除します。

CアビリティのパンネロはLDコールすることで、パーティ全員のデバフを解除できるので、カウント対策出来ます。

ティーダ

BT/LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:セオドア

アタッカー役。後半戦のケアルガ対策に採用。LDアビリティで連続行動し、追撃のジェクトシュートを発動させることで、敵のブレイク状態を強制解除、その後ブレイクして敵のターンを遅らせます。

Cアビリティのセオドアもパンネロ同様、LDコールすることでパーティ全員のデバフを解除できます。

WOL

BT/LD/真化完凸/☆7防具(未真化) ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:ファリス

ディフェンダー役。敵の攻撃をBRVシールドと守護者の盾で防いでもらいます。

Cアビリティのファリスは、敵に付与されるHPリジェネバフを解除する目的で採用。ファリスが完全体だった場合、コールするだけで銀フレームの攻撃力・防御力・素早さダウン・毒のデバフが敵全体に付与されます。

フレンド(ユウナ)

呼び出したら「はげます」を使用後バースト発動。デバフが付与されてない時、パーティ全員の与えるBRV・HPダメージがアップします。

実戦

ユウナ

ソニックウイング++……あまり使用しません。

シューティング・レイ++……キャラ調整後、メインに使われる攻撃手段です。パーティを回復する必要がない時に、とりあえずぶっ放します。

エスナ……デバフを解除する際に使用。

はげます……シューティング・ノヴァ使用前などの大技を使う直前に使用。Act加算無し&行動負荷0で連続行動が出来るので、即次の行動が可能です。

シューティング・パワー……バフの掛けなおしに使用。シューティング・レイの方が大きくダメージを与えられるので、キャラ調整後はそれ以外にあまり使われなくなりました。

シューティング・ノヴァ……味方全員の最大BRV・攻撃力・BRV&HPダメージを上げる固有バフ「わたしは飛べる」を付与する際に使用。デバフが付与されていないと、さらに効果が上がります。

ティーダ

クイックトリック……敵にターンを回さないAct加算無しの攻撃。序盤~終盤まで使えるアビリティですが、使いすぎに注意

スラッシュコンボ……敵に3種類の銀デバフを付与するアビリティ。デバフを掛けなおしたり、敵全体にダメージを与えたい時に使用。

エナジーレイン……固有バフ「エースの意地」を付与する際に使用。このバフが付与されないと追撃のシュートが発生しません。ティーダ自身が付与出来るバフは期間が短いので、残り期間に注意しましょう。

チャージ&アサルト……終盤に使用。敵がケアルガを使用後、敵にターンを回さないために使います。LD武器をパッシブ化出来ていれば特殊効果「ブリッツ・オフ」でジェクトシュートが発生するようになるので、連続行動を最大限活用して、敵のターンをどんどん遅らせます。

エース・オブ・ザ・ブリッツ……フレンドユウナのBT発動後に使用。フィニッシュバースト使用後、追撃のシュートが1行動後に2回発生するようになります。

WOL

シャーんシールド……特殊効果「守護者の盾」と併用で使います。メンバー2人は連続行動するのでシールド効果期間が切れるタイミングが早いので、こまめに掛けなおしましょう。

スローバックラー……本クエストでは使う意味があまりありませんが、ターゲット固定デバフを付与出来るので、シールド効果が切れた2人の被ブレイクを防止するために役立ちます。

シャイニングウェーブ……溜まったら使用します。

エンドオール……最初のターンに使い、それ以降はバフなどの掛けなおし時に使います。

55Act。ユウナのターンでトドメです。

まとめ

 年末に実装された本クエストは、攻守だけでなく、バフ・デバフ対策、Actミッション……全てを対策しないとクリアが困難でした。不確かなギミックがまだあるので、稀に検証がてら挑んでみようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*