【DFFOO】第2部最終章~前編~コンプリート【攻略】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、あよあんです。大晦日です。こちら、日中は20℃に達するという異常気象に見舞われました。そんな暑さに負けず、オペラオムニアを楽しみました。

明日はものすごく寒くなると予報では言ってましたが、体に気をつけて2020年を迎えようと思います。つたないブログでしたが、訪れてくれた皆様、本当にありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。

目次

  • パーティ構成
  • 戦闘
    ・1戦目
    ・2戦目
    ・リザルト

パーティ構成

今年最後に挑むのは、「ストーリークエスト第2部最終章~前編~」のHARD難易度の最難関ステージ「閉ざされた空間2」です。シングルで挑みました。

  • スコール・・・BT武器。LDあり。EX真化完凸。ボードオールマスター。
    スフィアなし。AF適当。
    アタッカー要員。最難関のクエストには、最も好きなキャラで挑みます。最も好きなキャラをパーティに入れて挑むのが、オペラオムニアです!
  • スノウ・・・EX真化完凸。ボード適当。スフィアなし。AF適当。
    ディフェンス要員。守り役で最も信頼しているキャラです。壁役最新キャラのナインではありません。中の人は同じなんですけどね。
  • ガーネット・・・EX真化完凸。ボードオールマスター。スフィアなし。AF適当。
    エンチャント要員。ノンAct行動が出来るアフマウと迷いましたが、2戦目の対策とフレンドキャラの都合で、ガーネットにしました。
  • フレンド・・・ノクトを採用。さすがにノンAct行動出来るキャラがいないとミッション達成は不可能なので、フレンド枠でノクトを使います。
  • 召喚獣・・・リヴァイアサンを選択。敵の素早さダウンとBRV供給を目的に採用しました。が、2戦目を考えると防御力ダウンのオーディンの方が良かったかなとも思いました。

ノクト入れないとAct面で辛いというのはわかります。しかし、それでもスコールを入れて挑みたい。最弱のBTと言われているスコールがどこまでいけるか挑戦するのも面白いと考えています。

戦闘

このステージの攻略の鍵は、やはり1Actでどれくらいダメージを与えられるか、つまり、攻撃力と素早さを求められます。

攻撃力はガーネットの属性弱点付与とエンチャント、BRV供給で上げて、スノウのライズガードで低下を防ぎます。

一方、素早さは、全体攻撃でまとめて倒すことで時間の短縮を狙いました。2戦目の終盤は、フレンド、バースト、召喚を全部使いきって、100Act以内に倒せるよう工夫しました。

・1戦目

敵3体出現。ノクト、ライトニング、ロックのイミテーションです。攻撃は全てスノウに向くよう、ライズガードで挑発します。最初はBRVダメージを多少受けますが、集中砲火を受けるためすぐ0になります。

ターゲットは回復するロックを最優先に倒し、ライトニング→ノクトと倒していきます。ライトニングの連閃が地味に厄介で、攻撃前にBRVが回復して当たればHPダメージを受けます。また使用後BRVリジェネのバフが付いてしまう為、早めに倒して、無駄なダメージを減らします。

最後のノクトはリキャストアビリティを使いますが、スノウのライズガードの前では、こけおどしのため、たいした脅威にはなりません。

・2戦目

43Act目で突入。敵はHPが減るとステータスが上がると同時にBRVダメージが通りにくくなるため、BRV供給がHPダメージをより多く与える鍵になります。

58Act目。ここで敵のステータスが上がりBRVダメージが通りにくくなりました。でも戦術は変えずに、スノウで守りつつ、属性弱点を付与して高火力で殴るのみです。

82Act目。ようやくHPを半分減らせました。ここでさらにステータスがアップし、BRVダメージもより与え辛くなりました。このタイミングでスノウとノクトを入れ替えます。

シフトサイクロンで、3人にシフトムーブを付けてノンAct行動させ、続けてバーストアビリティで、全キャラの攻撃後、ノクトの追撃が入るようにします。

84Act目。シフトムーブ効果が無くなったタイミングを見計らって、スコールのバースト発動。各攻撃後、ノクトも追撃してくれるため、総合ダメージが跳ね上がります。

バースト終了後の85Act目。ガーネットのAアビを使用後、リヴァイアサンを召喚。ノクトのバーストアビリティが尽きる前に、可能な限り追撃してもらいます。また、スコールのバースト効果により、シフトミーティア、裁きの鉄槌がダメージアップされてるので、より多くHPを削れます。

召喚終了後、ノクトが去ってスノウ帰還。敵の全体BRV攻撃からリキャストアビリティの流れが読めたので、無理にダメージは与えずに回復&防御に徹しました。スコールとガーネットは、ノクトが残してくれたシフトムーブのバフを切らしてから、BRV攻撃して被ブレイクを防止しました。

89Act目。敵のリキャストアビリティを食らったあとの状況です。ギリギリ生き残りました。スノウは不可視バフのHPリーブ効果で首の皮一枚繋がってる状態・・・。危ない危ない(滝汗)

倒せたとしても、ミッションの被ダメージが未達成になるだろうなと考えながら、スコールのAアビ使って、EXアビぶっ放しました。

90Act目。終わったと思ったら、しぶとく生き残るイフリート・・・。ガーネットのターン。都合よくEX溜まってました。即発動!

聖なる祈り使用後の状況。被ダメージのミッションもクリアしたということで、トドメ刺しました。

・リザルト

まさかのスコアカンスト。ギリギリアウトと予想してたのに。パーフェクトクリア出来て良かったです。

この結果は、弱い弱いと言われているスコールでも、まだまだ充分戦えるという証拠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*