【DFFOO】恐怖の機械触手LUFENIAクリアメンバー3名紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あよあんです。本ブログに来ていただき、ありがとうございます。

みんなでメダルチャレンジイベント「恐怖の機械触手」LUFENIAクリアパーティを紹介します。

敵情報

ヘレティック・カウント・スチームⅹ2

この敵の最も警戒すべき攻撃は、「マルチスラッシュ+」です。この攻撃は、敵2体どちらかのHPが、80%・50%を切った後の敵ターンに使ってきます。

HPが上記の割合を切った際、ステータスアップと同時に「強力な攻撃をしようとしている!」のメッセージが流れます。その時、掛かっているデバフを全て解除。そして「マルチスラッシュ+」を使ってくるまで、全デバフに掛からなくなり、ブレイク・効果による行動順の遅延・消失が出来なくなります

この攻撃を使ってくる際、ブレイク解除&BRV加算、複数回BRVダメージを与えた後、HPダメージを与えるので、対策が万全でないと狙われたキャラは即死します。

この「マルチスラッシュ+」は、敵のターンになった時点で現在HPが最も高いキャラに向かって撃ってきます。「強力な~」のメッセージが流れた後に、「体力の多いキャラを狙っている」ようなメッセージも流れます。敵2体のターゲットがこちらのキャラ1人に集中していたのに、後に撃ってくる敵のターゲットが急に別キャラに変更されるので、初見の場合かなり戸惑います。

マルチスラッシュ+の脅威をつらつら書きました。当たると必死確定ですが、必中攻撃ではないので、バフによる回避か、HPリーブパッシブ(HPが0になる攻撃をHP1で生き残るパッシブ)で対策出来ます。

バフを付与して回避するキャラは、エッジ(Ⅳ)、シャドウ(Ⅵ)、エイト(零式)などがおります。物理攻撃限定で回避できるガラフ(Ⅴ)もいます。

エッジは、攻撃に合わせてEXアビリティを使うことでパーティ全員が確定回避します。シャドウもパーティ内で最も多いHPを準備できれば、Aアビリティを使うこと回避しやすくなります。エイトは回避後2つのカウンターを叩き込むことが出来るので、Act面でも活躍してくれます。

HPリーブによる耐えるキャラは、恩恵キャラであるヤ・シュトラ(XⅣ)、他にセリス(Ⅵ)、エアリス(Ⅶ)、バッシュ(Ⅻ)などがおります。

ヤ・シュトラとエアリスは、耐えるだけでなくHPの大量回復によるカウント対策になるので、そっち方面でも活躍します。セリスは、耐えた後にLDアビリティを使うことで、デバフによるカウンターと氷エンチャントによるパーティの火力アップで活躍します。バッシュは、HPダメージを自身が引き受けるバフを持ち、LDアビリティでHPが勝手に半分まで回復するという不死身キャラとなっています。

パーティメンバー

敵と味方の特徴を考えて、メンバーをスコール、セリス、エアリスに。フレンドは、クラウドさんのクジャを選びました。クラウドさんありがとうございます。

スコール

BT/LD/真化完凸/第3防具 ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:カムラナート

アタッカー役。セリスの氷エンチャントとエアリスの不可視バフの攻撃力アップを活かして、常に上限近くのHPダメージを叩き出します。敵の対策として、パーティ内で最もHPを低くなるよう、HPアップ系パッシブを全て外しました。

Cアビリティのカムラナートは、スコールのバースト発動の直前に使用。敵に与えたHPダメージに依存したBRVを回復して次の攻撃を仕掛けられるので、こちらも上限近くのダメージを叩き出します。

セリス

LD/真化完凸/第2防具 ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:クラウド

エンチャンター兼カウンター役。ターゲット固定で敵の攻撃を自身に向けさせ、LDアビリティで味方の火力を上げつつデバフカウンターで敵のターンでもダメージを与えます。敵の通常攻撃は、ブレイク状態だと大抵ライトスチーム・レフトスチームです。この攻撃は魔法攻撃扱いのため、セリスの魔封剣効果でBRVを大幅に回復します。さらにそれがカウンターで即跳ね返るので、このクエストでは、ブレイクされることはまずありません。

Cアビリティのクラウドは、適当に選びました。

エアリス

LD/真化完凸/第2防具 ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:ジャック

ヒーラー役。敵のカウントが10近くになった時と、マルチスラッシュ+を耐えきった後に癒しの風を使うことでHPを大回復させます。敵のカウントはHPが50%回復したキャラx5増加します。ちなみに、HPが最大の状態でも最大HPの50%分回復出来ればカウントは増加します。

Cアビリティのジャックは、フレンドのクジャを呼び出す前に使います。刀傷デバフを付与して与えるダメージを増やすことが目的です。

実戦

序盤から一気に攻めます。

スコールは、常に最大ダメージを与えられるよう立ち回ります。そのため、セリスのLDアビリティ使用を待つ必要があります。

セリスは、LDアビリティを使って氷エンチャントとターゲット固定、デバフカウンターを付与します。敵のHPが80%・50%を切ると全てのデバフが解除されてしまいますが、マルチスラッシュ+を使った後はデバフ耐性が解除されるので、そのタイミングを見逃さずに再度LDを使います。

エアリスは、序盤~終盤までLDで付与されるバフを切らさないよう立ち回ります。稀に敵が全体攻撃でHPダメージを与えてきますが、ブレイクされない限り大ダメージは受けません。

敵のHPが80%を切り、カウントが出現しました。同時にマルチスラッシュ+を撃ってくる状態となるので、パーティのHPは全員最大まで回復しておきます。これはHPが50%になった時も同様です。

写真の状況はエアリスのターンですが、行動負荷の関係で行動順が敵より先に回ってくることがあるので、癒しの風の使用タイミングは気を付けましょう。

マルチスラッシュ+を耐えきったら、セリスはLDアビリティを、エアリスは癒しの風を使って、HP80%以上の時と同じ戦況にします。

61Act。もっと早くフレンドクジャを呼びたかったのですが、タイミングが合いませんでした。

エアリスにセットしていたジャックのCアビリティ2種を使ってデバフを付与した後にフレンドクジャと交代し、BT発動

その後のスコールのターン。こちらもカムラナートのLDコールでCバフを付けた後にBT発動。フレンドクジャのBTバフの影響もあったのか、常にBRVダメージが上限でした。

スコールBT終了後、オーディン召喚でダメ押しです。

オーディン召喚して6Act目。セリスのEXでトドメです。

自前キャラは全員非恩恵でしたが、無事パーフェクト達成できました。

まとめ

今回のクエスト攻略のコツを記載します。

・HP80%と50%を切った後の敵の攻撃に要注意。
・回避できるキャラかHPリーブパッシブを持つキャラを編成。その際、HPは最も高くパッシブで設定しておく。
・HPを一度に半分以上回復できるキャラを1人入れてカウント対策。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*