【DFFOO】復刻イベント「竜虎轟く旋回廊」CHAOS難易度クリアメンバー3名紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あよあんです。本日より始まった復刻イベント「竜虎轟く旋回廊」のCHAOS難易度をクリアしました。敵の対策とパーティメンバーの役割を紹介していきます。

目次

敵対策
・ホロウライダー
・アヴェンジャー
・対策まとめ
各キャラの役割
・スコール
・クラサメ
・アフマウ
・アミダテリオン(フレンド)
実戦
・1戦目
・2戦目
終わりに

敵対策

ホロウライダー

ホロウライダーは、1戦目に3体出現します。

ここで一番嫌だったのが、こちらのキャラの最大HPをダウンさせてくる行動です。「破滅の意思」と「ソリッドブレイク」がそれにあたります。

破滅の意思は、戦闘開始直後、写真の敵Bのように自分自身をターゲットしている時に使ってきます。敵情報に書いてある通り、必中でしかも不可視デバフなので、発動したら戦闘が終わるまで下がりっぱなしの状態になります。

ソリッドブレイクは、デバフとして付与されます。敵全体を対象にする行動なので、ALLとなっていれば使ってきます。

HPダメージは受けませんが、破滅の意思と重複するので、余計に最大HPを減らされるため、敵の全てのHP攻撃が致命傷になりかねません。

これらの行動対策として、破滅の意思を使おうとしている敵に集中攻撃を仕掛け、敵にターンを回さないようアミダテリオン(フレンド)で行動遅延してもらいました。

2戦目も、勝手がわからないと苦戦するので、HPを高く保つことが出来るならば、保った状態で2戦目に臨んだほうが良いと判断しました。

アヴェンジャー

2戦目に2体出現します。

注意すべき敵の行動は3つ。リキャストアビリティとアーダー、そして、カウンター体当たり+です。

まず、リキャストアビリティは、被ブレイクもしくは、ブレイク中のキャラに攻撃した場合「強敵の証」のバフが付与されます。これが付いてしまうと手が付けられなくなります。ブレイクボーナスが加算されたリキャストアビリティのダメージ共々かなり痛いので、発動前にはBRVを多く持ってブレイクされないようにします。

次にアーダー。これは、カウンター体当たり+を発生させる「狙い撃ち」デバフを付与する攻撃で、HPダメージはありませんが避けられません。

この攻撃は、2戦目開始後の最初の敵のターンに必ず使ってきます。

対策は、最初のターンに使ってくるということで、敵2体が同じキャラをターゲットするまで2戦目をリセットするというインチキ技(笑)がありますが、真っ向から挑む場合は、狙い撃ちデバフが消えるまでBRV攻撃を繰り返します。デバフ期間があと1~2Act辺りになったら、召喚など発動してその間にデバフを解除しても良いです。

焦ってHP攻撃を行い、カウンターでブレイクされると、敵のリキャストが早く溜まってしまうので、かえってパーティ全体のダメージが高くなってしまいます。解除する手段を持っていない場合は、BRV攻撃で耐えましょう。

対策まとめ

1戦目の対策は

・破滅の意思を使ってくる敵に集中攻撃しつつ、行動遅延して敵にターンを回さないように立ち回る。

2戦目の対策は

・狙い撃ちデバフを付けられたら、焦らずBRV攻撃で耐え忍ぶ。

・リキャストでブレイクされないよう、事前にBRVを多く持つ。

各キャラの役割

今回のクエスト攻略メンバーは、スコール、クラサメ、アフマウ。フレンドにアミダテリオンを選びました。

スコール

BT/LD/真化完凸/第2防具 ボード13種マスター スフィアなし

アタッカー役。敵が1・2戦共複数で出現するので、全体攻撃が出来るため採用。

クラサメ

LD/真化完凸/第2防具 ボード13種マスター スフィアなし

デバフアタッカー役。氷牢で氷弱点を付与しつつ、パーティ全体の火力アップに貢献します。

アフマウ

真化完凸/第2防具 ボード10種マスター スフィアなし

サポーター役。久々のパーティ参戦。Act対策とBRV分配による被ブレイク対策で採用しました。
余談・・・EX使用後に使える、アウゼンとメネジンのHP攻撃使用後に変な声が聞こえるようになりました。

アミダテリオン(フレンド)

1戦目の最大HPダウン対策に採用。LDアビリティで、敵全体のターンを消して、敵をサンドバックにします。

実戦

1戦目

早速、敵Bが破滅の意思を使おうとしてきてるので、敵全体をブレイクして行動順を遅らせた後、フレンドアミダを呼び出します。

3Act目。アミダはLDアビリティを3回とも使って、敵を遅らせられるだけ遅らせます。他の二人は、敵Bが倒れるまで集中攻撃します。

ちなみに、ホロウライダーは、HPが80%を切ると「滅びの定め」を使ってステータスアップしつつ、全てのデバフに掛からないようになるため、デバフ中心で攻められなくなります。クラサメに関しては、敵が元々氷弱点のため、ダメージダウンという心配はありません。

17Act。スコール帰還。敵Bを倒したら、今度は敵Cが破滅の意思を使おうとしてるので、急いで倒します。

20Act。アフマウのEXで敵Cにトドメを刺し、2戦目に突入です。

2戦目

21Actで2戦目に突入。敵の行動を遅らせつつ、被ブレイクに気をつけてHPを削っていきます。

30Act。敵2体のリキャストが溜まった直後に、オーディン召喚。召喚中は、敵はカウンターを含むすべての攻撃をして来ないので、この間に狙い撃ちデバフを解除します。

召喚終了後に敵はリキャストを発動するので、BRVが少ないと感じた時はBRV攻撃で多く溜めて、被ブレイクを防ぎます。

43Act。敵2体のHPが50%を切りました。敵味方のHP量に気をつけながら、スコールのバーストを発動します。

49Act目でバースト発動。氷牢デバフも5段階になっているので、与えるHPダメージも上昇します。

バースト終了して、54Act。敵のHPがもうないです。この後、メネジンのHP攻撃を2回使って、パーティのHPを回復しつつトドメを刺しました。

終わりに

グラディオなどの、カウンター役を入れればもっと楽に勝てたと思いますが、CHAOS難易度にカウンターはもう良いかなと思い、今回は外しました。入れたら入れたで、アヴェンジャーのカウンターに対してカウンター使いそうでちょっと面白そうではありますが(笑)

チャレクエも、クリア出来たら上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*