【DFFOO】復刻イベント「竜虎轟く旋回廊」チャレンジクエストクリアメンバー3名紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あよあんです。復刻イベント「竜虎轟く旋回廊」のチャレンジクエストをクリアしました。クリアしたパーティメンバーを紹介します。

目次

パーティ構成
・アーデン
・ヴァン
・レナ
実戦
・1戦目
・2戦目
終わりに

パーティ構成

今回のメンバーは、アーデン、ヴァン、レナ。召喚獣はアレクサンダーを選びました。

アーデン

恩恵 BT/LD/真化完凸/第2防具 ボード13種マスター スフィアなし

アタッカー役。高い攻撃力とブレイク成功時に追加のターンを得て、Actミッション達成に貢献します。

ヴァン

恩恵 LD/第2防具 ボード13種マスター スフィアなし

アタッカー役。LDアビリティを使うことで、3ターンの間、通常アビリティ・Aアビリティを消費せずに使えます。また、使用するアビリティの中に、攻撃後に自身のBRVを加算する効果があるものがあるので、本クエストで最も注意すべき被ブレイクの対策にもなります。

レナ

恩恵 真化無凸/第2防具 ボード10種マスター スフィアなし

サポーター役。主に被ブレイクしそうなキャラがいた時に、BRV攻撃で分配し、それを防ぎます。他2名がダメージを稼いでくれるので、装備が中途半端な真化でも、クリア出来ました。

実戦

1戦目

CHAOSと違い、フレンドが呼べないので、破滅の意思による最大HPダウンは甘んじて受けます。その代わり、大量のBRVを持たれないよう立ち回ります。

ただ、アーデンがLDアビリティを持っていて、写真の敵Cのようにアーデンを狙っているならば放置しても大丈夫です。バフが付与されている状態なら死にませんから(笑)

19Act目。ヴァンのディープハザードでトドメを刺し、2戦目に臨みます。

2戦目

20Actで、2戦目突入。CHAOSの時と同様、敵の最初のターンは、カウンター体当たり+を使うための狙い撃ちデバフを付けてきます。写真では、2体ともアーデンを狙っていますね。

写真のように、アーデンだけにアーダーを使ってくるよう、2戦目を再挑戦するという手段を使うと、デバフを短期間で解除することが出来ます。

狙い撃ちデバフを付けられたアーデンが、ブレイク成功で追加のターンを得た場合、敵2体からカウンターを貰いますが、ブレイクされても行動順は下がりません。追加のターンは、Act加算されませんが、自身に付与されたバフ・デバフの残りAct数は減るので、行動順を下げられることなく、狙い撃ちデバフを1Act分早く消すことが出来ます。

27Act目。敵2体のリキャストを耐えきった後のターンです。アーデンはバフの効果で死にませんが、ヴァンが少し危なかったです。敵リキャストが溜まったあと、大量にBRVを持っていたおかげで、被害を最小限に抑えられました。(ヴァン瀕死だけど)

ダメージはレナとアレクサンダーの加護で回復させました。

リキャストを使われた後は、どちらでも良いので片方の敵に攻撃を集中させます。敵は頻繁にHP攻撃を仕掛けてくるので、数を減らしてこちらの被害を減らします。攻撃力に反比例して、HPと防御力はCHAOSの割に低いため、ステータスアップされてもあまり手こずりません。

39Act目でアレクサンダー召喚。敵のHP差がすごい開いていますが、これで問題ありません。HPが多い方は、大量のBRVを持たれた時に攻撃する程度で良いので、HPが少ない方へ攻撃を集中します。

40Act目。召喚終了後のアーデンのターンでバースト発動。バーストモード中は、HPが多い方に攻撃を集中します。アーデンは、敵全体にダメージを与えるアビリティを多く持っているため、巻き込む形でHPが少ない方にダメージを与えていきます。

バーストモード終了後の状況です。フィニッシュバーストで、Bを倒すことが出来ました。あとは、敵にターンを増さないよう、アーデンでブレイクリセットして、ターンを遅らせつつBRV分配して、大ダメージが与えられるよう立ち回ります。

43Act目。アーデンのシフトブレイクでトドメです。

終わりに

過去におこなれた時は、アーデンが実装されておらず、恩恵キャラも育っていなかったためクリア出来なかったのですが、今回リベンジを果たすことが出来ました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*