【DFFOO】メダルチャレンジ「機空兵迎撃作戦」LUFENIA難易度攻略メンバー3名紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あよあんです。ブログを見ていただき、ありがとうございます。

本記事では、みんなでメダルチャレンジイベント「機空兵迎撃作戦」のLUFENIA難易度をクリアしました。出現する敵の対策とパーティメンバーを紹介します。

目次

敵紹介
・シフトフレーム
・デスマシーン
・対策まとめ
パーティメンバー
・アルティミシア
・パンネロ
・グラディオラス
・アミダテリオン(フレンド)
実戦
終わりに

敵紹介

シフトフレームType-BW

LUFENIAでは、いきなりシフトフレームから出てきます。これまでの難易度と同じく「着地」するとデスマシーンを2体出現させます。

カウントアビリティも健在で、HPが80%を切ると出現し、50%で一時消滅、30%で再び出現します。

増加条件が設定されており、カウント出現中に、BRVが20000未満の場合にカウントが1増加します。減少条件に、こちらのターン終了時に1減少とあるので、プラマイゼロとなります。

「オイル注入」を使われると50000近くのBRVになるので、割合ダメージや強制ブレイク出来るキャラを編成しておくと対策になります。

デスマシーン

シフトフレームが着地した時にカウント出現状態で2体出てきます。

デスマシーンのカウントは、増加条件も停止条件もないので、大急ぎで倒します。敵全体にダメージを与えるアビリティを持つキャラを編成しておくと、シフトフレームにもダメージが与えられて比較的楽に戦えます。

対策まとめ

シフトフレームの対策は

・大量のBRVを持たれないように、集中的に攻撃する。
・割合ダメージや強制ブレイク出来るキャラを編成。

デスマシーンの対策は

・全体攻撃が出来るキャラを編成して、まとめて片付ける。

パーティメンバー

対策内容を考慮して、アルティミシア、パンネロ、グラディオラスを選択。フレンドはアミダテリオンを拝借しました。

アルティミシア

恩恵 BT/LD/真化完凸/第2防具 ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:マキナ

スピードアタッカー役。本イベントでBT武器が実装されました。バースト効果がアミダテリオンのLDアビリティと同じく、自身の攻撃時、敵のターンを消失させるというものなので、後半のトドメに活用します。

また、EXアビリティによるAct加算無しの連続攻撃でActミッションにも貢献します。

パンネロ

恩恵 LD/真化完凸/第2防具 ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:ラムザ

サポートアタッカー役。こちらも、本イベントでLD武器が実装。デバフを解除しつつ、3つのフレームバフを付与して、さらに敵全体にダメージを与えます。

グラディオラス

LD/真化完凸/第3防具 ボード13種マスター スフィアなし

カウンター役。LUFENIA難易度ではほぼ常連のグラディオ。全体攻撃がやや弱めな分、カウンターでダメージを補います。デスマシーン対策として、カウンターは結構活用できました。

アミダテリオン(フレンド)

アルティミシアのバースト効果と、アミダのLDアビリティとバハムートを合わせることで、敵のターンをはるか彼方に吹き飛ばすことが出来ます。

実戦

敵の素早さが高く、先手を取られて一撃死・・・。こちらのキャラが先手を取るまでやり直しました。幸い、すぐ取れました。

アルティミシアは、マレフィキウムバフを最大にすることを優先します。敵が単体の時は、流転の剣で。複数になったら、LDとヘルジャッジで全体にダメージを与え、EXアビリティは優先的に使っていきます。

パンネロは、2種の段階式バフを最大にしたら、回復とBRV分配役に回ります。敵がデバフを付けてきたら、LDアビリティを使って解除します。

グラディオラスはメンバーを庇う準備が出来たら、LDアビリティを使ってカウンターを仕掛ける状態にします。敵ボスやパンネロのLDが付与するバフ・デバフは全てフレーム付なので、ジャストガードバフを早めに付けておかないとカウンター出来なくなります。最悪、王都警護隊の意地バフを諦めて戦闘に臨みます。

デスマシーンが出現した時の状況。かなり早い段階で着地しました。

この状況で、アルティミシアは全体攻撃が出来るアビリティ(ヘルジャッジorLDアビリティ)を、グラディオはターンが回ってきたらLDアビリティを使って、カウンターが出来る状態にします。

15Act。HPが80%を切ったので、カウントアビリティが出現しました。敵のBRVを常時ブレイク状態になるよう立ち回ります。

40Act。HPが50%を切り、カウントが一時消滅。取り巻きのデスマシーンをさっさと倒して、カウントを再出現させます。

この段階で気づいたんですが、敵が付けてくるデバフは、こちらがフレームバフで全て埋め尽くしていたとしても、3つ上書きして付与してくるというチート仕様でした。グラディオのジャストガードバフも上書きで消されました・・・。
チクセウ(´;ω;`)

56Act。アミダを呼んだところを撮影し忘れました。

敵のHPが30%を切ったのでカウント再出現。ターンを吹き飛ばせるだけ吹き飛ばしてもらいました。

68Act。パンネロが帰還しています。LDアビリティでデバフを解除してもらってから、アルティミシアのバースト発動。かなり遅くなりましたが・・・。

71Act。アルティミシアの全アビリティを使い切り、Act加算無しの効果が乗った状態でのトドメとなりました。

終わりに

アルティミシアのアビリティ切れ、グラディオのカウンター不能状態とかなり危なっかしい展開でしたが、何とかクリア出来ました。

グラディオは自身に4つもバフを付けるため、LDが使えるパンネロとは相性があまり良くないこともわかりました。強制ブレイク出来てAct加算無しの追撃、さらにバフ枠を2つしか使わないアーデンの方が無駄がなかったかもしれません。

色々と反省させられるLUFENIAでした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*