【DFFOO】メダルチャレンジ「嘲笑う悪魔」LUFENIA難易度クリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あよあんです。みんなでメダルチャレンジイベント「嘲笑う悪魔」のLUFENIA難易度をクリアしました。

目次

敵情報
パーティ構成
・ライトニング
・サッズ
・グラディオラス
・フレンド
・召喚獣
戦術
終わりに

敵情報

名前:ヘレティック・サージェントインプ 2体で出現

弱点耐性:聖属性吸収 魔法攻撃:堅固

カウントアビリティ:カラミティボマー++
出現条件:バトル開始後30カウントで出現。HP50%を切る・片方の敵を倒すと35カウントで出現。
消滅条件:HP80%を切る
減少条件:こちら側のキャラが行動すると1カウント、敵が行動すると2カウント
停止条件・増加条件:無し

リキャストアビリティ:なし

その他・要注意行動
アタックパワー:被BRVダメージを全て1にする。見た目赤いオーラを纏っているのが特徴。カラミティボマー(+も含む)を使うと解除
サポートパワー:使用者自身に6万~7万のシールドバフを付与。

パーティ構成

敵の弱点耐性を考慮して、魔法で攻撃するメンバーは必然的に除外。Act数を節約しつつ高火力が出せるメンバーを選びました。

ライトニング(Cアビリティ:セフィロス)
BT/LD/真化完凸/第3防具あり ボード13種マスター スフィアなし
スピードアタッカーとして採用。ミッションの80Act以内クリアと火力を考えて選びました。

サッズ
恩恵 真化完凸/第2防具 ボード13種マスター スフィアなし
サポーターとして採用。バフ効果の延長と攻撃力強化、地味ながら通常攻撃でのデバフ付与、そしてEXアビリティの全体攻撃。火力・支援共に立ち回ってもらいました。

グラディオラス
LD/真化完凸/第3防具 ボード13種マスター スフィアなし
カウンターパンチャーとして採用。敵のターンでもHPダメージを与えるカウンターはAct数ミッション達成に一役買ってくれます。また、短いバフ期間もサッズのアビリティで1Act分延長されるので、弱点をある程度補えます

フレンド
ライトニングを採用。終盤に呼び出して活躍してもらいました。

召喚獣
オーディンを採用。敵の防御力をダウン、さらに敵は全体攻撃でこちらのHPを減らしてくれるので、中盤辺りから攻撃力を上げて挑むことが出来ます。

戦術

ミッション達成と敵のカウントアビリティ対策と考慮すると、序盤から高火力を出すためLDアビリティも使っていきます。

序盤(HP100%~80%)

戦闘開始時、攻撃すると敵2体にカウントアビリティ(カウント30)が出現します。消滅条件である「HPを80%まで減らす」を達成できるようダメージを与えていきます。

ライトニングは、グラディオのカウンターを阻害しないよう敵の行動順を入れ替える感じでブレイクしていきます(B→Aの順に行動する時、A→Bの順になるように)。また、LDアビリティも使って火力を上げつつ攻めていきます。

サッズは、BRV/HP攻撃が+の時、ターゲットに攻撃力・防御力をダウンさせるデバフを付与できるので、ライトニング・グラディオの火力アップのために、付与していきます。EXアビリティもリキャストが貯まったら積極的に使っていき、大急ぎでHPを80%まで削ります。

グラディオは、テンペストで味方を庇える状態にした後、LDアビリティでカウンター出来る状態にします。

アタックパワー状態の敵は基本放置します。BRVを奪おうとしても1しか与えられませんので、サッズやグラディオのEXで巻き込むようにHPダメージを与えていきます。

序盤15Act目。HP80%切れなかったので、召喚使いました。どちらの敵もカウント1・・・。

召喚中の行動で4Act目。Aの方のカウントが消滅。このグラディオのターンでBを攻撃。カウントを消すことに成功しました。

中盤(HP79%~50%)

敵2体のカウントが消滅してからの行動は、片方の敵のHPを60~70%前後、もう片方の敵を50%以下まで減らします。

何故60~70%なのかというと、カウントアビリティを出現させた敵を集中攻撃する際、サッズのEXはもちろん、グラディオのEXとLDも使い、敵全体にダメージを与えるため、70%の敵にもダメージを与えてしまうためです。両方ともカウントアビリティを出現させてしまうと、終盤に逆転負けします。私の場合は、Aを70%に、Bの方を50%にしました。

ちなみに、60~70%前後とは、↓の敵Aくらいの量(赤丸)です。(わかんねえよ!)

戦術の変更点として、グラディオは敵のHPが50%を切るまで、カウンターを封印します。

終盤(49%~0%)

38Act目のライトニングの攻撃で、敵BのHPを50%以下にしました。ここからBを集中攻撃します。基本的にAは無視、Bを援護する状態ですし。

54Act目。倒しきれなかったのでライトニングBT発動。Bを集中的に狙います。

BTモード終了後、1発殴った後のライトニングの追加ターンで、Bが倒れます。その直後、Aにカウント(35)が出現します。またブレイク以外では、行動順が下がらないようになっています。

ここまで来たら、残りのアビリティ全部使います。BT効果でパーティの火力は上がっているので、10:0の特攻ぶちかまします。

64Act目。敵がサポートパワーを使って6万シールドを張ったため、フレンドのライトニングを召喚。シールドを割るために、スパークブロウ→シーンドライブ+→BTアビリティと攻め続けます。

次の自前のライトニングのターンでLDアビリティを発動。行動順を遅らせつつ攻め立てます。

68Act目。フレンドのライトニングのLDでトドメ刺しました。

終わりに

この難易度は、イベント開催から早めの段階でクリアしていたのですが、どさくさ紛れにクリアした感じなので、何度かやり直しました。

ただ、今月に入ってから、各イベントのLUFENIA難易度が相当難しくなりました。レノイベント然り、このイベント然り・・・BT武器を持っていたとしても、全滅したり、ミッション条件を達成出来なかったり。

BT/LDが実装された恩恵キャラ(本イベントではセフィロス)を入れないと今後のLUFENIAは主に火力面で辛いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*