【DFFOO】ザンデイベントCHAOS難易度クリアメンバー3名紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あよあんです。ザンデ参戦イベント「闇に魅入られし魔王」のCHAOS難易度のクリアメンバーと敵の対策を紹介します。

目次

パーティ構成
・スコール
・ガーネット
・グラディオラス
・フレンド
・召喚獣
敵情報
・ジュエルタートル
・アサルトドック
・対策まとめ
戦術
・1戦目
・2戦目
リザルト

パーティ構成

パーティメンバーは、スコール、ガーネット、グラディオラスの3名。フレンドはクジャ、召喚獣はオーディンを選択しました。

スコール

BT/LD/真化完凸/第2防具 育成ボード13種マスター スフィアなし

アタッカーとして採用。1.2戦共に複数出現するので、均等にダメージ与えられるキャラとして選びました。

ガーネット

真化完凸/第2防具 育成ボード13種マスター スフィアなし

エンチャンターとして採用。2戦目のボスが使ってくる「炎狗」は、弱点属性を付くとダメージが上昇します。弱点属性を付けられるなら誰でも良かったのですが、一番扱いやすいガーネットを選びました。

グラディオラス

LD/真化完凸/第3防具 育成ボード13種マスター スフィアなし

カウンターパンチャーとして採用。敵の攻撃に対して、弱点属性の付いたカウンターを叩き込み、大ダメージを狙います。さらに、いるだけでHPを回復してくれるので、ヒーラーとしても活躍してくれます。

フレンド

クジャを選択しました。ガーネットの代替としてエンチャンター役として誘いましたが、メンバーが強すぎたため、呼び出さずに終わってしまいました。

召喚獣

オーディンを採用。敵の防御力を下げて、ダメージを上げるため選びました。

敵情報

次に、戦う敵の特徴と対策を記載します。

ジュエルタートル

1戦目に2体出現するジュエルタートルの対策は、特にありません。敢えて言うならば、ガーネットで弱点属性を付けて早々に倒すことが対策になります。

注意点として「甲羅に入る」を使って行動順を自ら遅らせるので、グラディオのLDアビリティは1戦目では使わないようにしましょう。

アサルトドック

アサルトドックも、1戦目のジュエルタートル同様2体出現します。

注意点は、上記にも書いた通り「炎狗」です。弱点属性以外のBRVダメージを軽減するということで、敵の守りが堅くなります。逆に弱点属性を突けば、通常よりダメージは通るので、エンチャンターに弱点を付けてもらって攻撃しましょう。

メンバー構成上、ガーネットに雷・水の弱点を付けてもらいました。

あとは、火炎放射による全体攻撃です。敵2体に連続で使われると結構ダメージが大きいです。グラディオも、単体はともかく全体攻撃までは庇えません。

幸い、敵の全体攻撃はこれだけなので、察するのは容易です。敵のターゲットが「ALL」になったときは、警戒しておきましょう。

いきなり使ってくるので、これ自体を撃たせないというのは、ほぼ無理です。なので、

ブレイクされないように事前にBRVを大量に持たせたり、敵2体に連続行動させないよう努めます。当然、使われた後のHP回復も抜かりなく。筆者はガーネットのEXアビリティによる大回復、グラディオのいるだけHPリジェネでアフターケアしました。

対策まとめ

敵の注意する行動への対策をまとめます。

1戦目
・とにかく速攻!弱点付けて早々に撃破。でも、カウンターは温存
2戦目
・エンチャンターを連れて弱点属性を付けて、炎狗を死に能力に
・ALL攻撃前は欲張らずに、BRV溜めて守りに徹する

戦術

実際に戦ってみます。

1戦目

1戦目は、時間を掛けてられないので急ぎで倒します。

敵のカウンター対策「甲羅に入る」の対策として、グラディオのLDアビリティは封印しつつ、全体攻撃でダメージを与えていきます。全体攻撃=1戦目の対策となります。

余談・・・敵のHPゲージ下のリキャストゲージあるけど使ってこなかったなぁ。敵の行動情報にリキャストアビリティ自体なかったから、設定ミスか敵データの使いまわしか・・・。

2戦目

23Act目で突入。ここから、グラディオのLDアビリティ解禁します。序盤から、弱点属性付きカウンターを叩き込みましょう。

51Act目で、スコールバースト発動。途中の戦闘状況を撮影するのを忘れてしまうくらい、スムーズに戦えています。

発動後、気づいたことですが、グラディオのカウンターは、対象に与えたHPダメージの50%を対象外に与える効果があるので、スコールのバースト効果の恩恵受けられるんですね。

カウンターなのに、6桁のHPダメージがポンポン出てました。

55Act目で召喚発動。召喚しなくても倒せるのですが、火炎放射のダメージが残っていたので、ただのHP回復の時間稼ぎのためだけに使いました。

スコールのHPを全快にした後にトドメ刺しました。

リザルト

反省点としては、早期に倒すという目的ならば、最序盤にクジャ呼び出してLDぶっぱなしまくれば良かったなぁと思っています。全体攻撃のダメージは、現状トップクラスですからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*