【DFFOO】グラディオラスイベント「焚き火のもとで」ルフェニア難易度クリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あよあんです。グラディオラスイベント「焚き火のもとで」ルフェニア難易度クリアしました。これで、このイベントを全てコンプリートしました。

目次

パーティ構成
 グラディオラス
 ガウ
 クジャ
 フレンド
 召喚獣
戦闘
 1戦目
終わりに

パーティ構成

・グラディオラス
恩恵 LD/真化EX/第2防具 幻獣ボード10種マスター スフィアなし
壁役兼カウンターパンチャーとして採用。今回の敵は、カウントアビリティの発動を止められないため、耐える必要がありました。また、耐えるだけでなく、カウンターもしてくれるため、Act短縮に大いに貢献してくれました。

・ガウ
恩恵 LD/真化EX/第2防具 幻獣10種&強化ボード3種マスター スフィアなし
回復役兼カウンターパンチャーとして採用。「味方が攻撃を受けたらカウンター」という条件が、グラディオとちょうど被っているため、ダブルカウンターでHPを削れます。また、土属性エンチャンターとしての顔もあるので、属性弱点を付けてダメージアップに貢献します。

・クジャ
恩恵 BT/LD/真化EX/第2防具 幻獣10種&強化ボード3種マスター スフィアなし
聖属性エンチャンターとして採用。ガウと同じように、敵を聖属性に弱くしてダメージアップを図ります。

・フレンド
ノクティスを採用。しかし、呼び出すタイミングを逃し使いませんでした。

・召喚獣
オーディンを選択。理由は火力アップでしたが、エンチャントのことを考慮してブラザーズでもよかったかもしれません。

戦闘

・1戦目

敵は2体で出現。戦い方としては、グラディオで味方をかばいつつ、ガウのカウンターで削り、その間にクジャでエンチャントを付与してもらい、HPが均等に減るよう攻めていきます。グラディオのLDは、敵のカウントアビリティの秒読みが始まったら使います。

敵のカウントアビリティはHPが、80%・50%・40%を切ると使ってきます。カウントは8Act。カウントは各々の敵のHPが減ったら出現し、合計6回使ってきます。ターゲットは、発動時に最もHPが低いキャラを狙ってきます。

対策としては、カウントが始まったらグラディオは、LDアビリティを使ってジャストガードバフを自身に付与します。そして、味方にロイヤルガードバフが付いているかどうか確認します。これが無いとグラディオが庇ってくれません。付いてなかったら、テンペストを使って付与します。

敵のカウントアビリティ6回分を全て耐え切り、54Act目、オーディンを召喚。ノクティス呼ぶか、クジャのBT使うか迷いましたが、召喚で一気に畳みかけることにしました。ちょうど召喚タイム終了と同時に倒すことが出来ました。

終わりに

グラディオは、EXまでだと高火力を持った壁役ですが、LDアビリティを覚えると、カウンターまで使えるようになります。しかし、付与されるバフの期間が4Actと少ないため、考えなしにLDアビリティを撃ってると、いざという時にカウンターが使えなくなります。

原作と同じように、攻撃のタイミングを見計らって防御!そしてカウンターに繋げる、正に「ジャストガード」な使い方をして味方を守っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*