【DFFOO】ギルバート復刻イベントCHAOS難易度クリアメンバー3名紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あよあんです。ギルバート復刻イベント「紡ぐ愛は勇気の旋律」のCHAOS難易度をクリアしました。

メンバー構成は、スコール、ザンデ、グラディオラス。フレンドはアミダテリオン。召喚獣はオーディンを選択しました。

目次

各キャラの役割
・スコール
・ザンデ
・グラディオラス
・フレンド
・召喚獣
敵対策
・オチュー&コチュー
・ラックラプター
実戦
・1戦目
・2戦目
終わりに

各キャラの役割

まず、パーティメンバーの役割を紹介します。

スコール

BT/LD/真化完凸/第2防具 ボード13種マスター スフィアなし

アタッカー役。1,2戦目ともに複数の敵を相手にするので、全体攻撃が出来るスコールを選びました。

ザンデ

LD/真化完凸/第2防具 ボード13種マスター スフィアなし

エンチャンター役。ギルバートが実装された当時にはいなかったキャラです。弱点を持たない敵が出てくるので、闇弱点を闇エンチャントでダメージアップを狙います。また、スコール同様、全体攻撃が出来るキャラということで連れていきました。

Cアビリティのパンネロは、使いませんでした。

グラディオラス

LD/]真化完凸/第3防具 ボード13種マスター スフィアなし

カウンター役。ザンデと同じく、ギルバート登場時にはいなかったキャラです。2戦目のラックラプターが行ってくるアバターニードル後の2連続攻撃は、グラディオのLDカウンターにより無力化どころか敵自身に余計なダメージが入ります。素早い敵は、カウンターが一番の天敵なので即採用でパーティ入りしました。

フレンド

フレンドのアミダテリオンは、終盤にグラディオと交代。LDアビリティで敵を行動遅延して、ターンを回さなくして倒します。

召喚獣

オーディンの加護で敵の防御力を下げて火力アップするために選びました。

敵対策

続いて、出現する敵の対策を記載します。

オチュー&コチュー

1戦目にオチュー1体、コチュー2体出現します。

コチューは倒しても、オチューのタネまきで何度でも復活するので、致死量のBRVを持たれない限り無視します。早めに2戦目に入れるようオチューを集中攻撃しましょう。

ラックラプター

ラックラプターは、2戦目で2体出現します。

攻撃の手段は12種類と多いですが、グラディオがいるおかげでほぼすべて無力化できます。

特にアバターニードルは、次の行動時必ず2回連続で行動とあるので、グラディオがLDアビリティを使える場合、2回連続でカウンターを決めてくれることになります。

気をつける点としては、全体攻撃のストームブレスになります。全体BRV攻撃の後に全体HPダメージを与えてくるので、被ブレイクするとHPダメージが結構痛くなります。グラディオ自身は無傷で済みますが、他の2人は油断してやられないよう、全体攻撃を使ってくるようなら、BRVを多めに持っておきましょう。

実戦

実際に戦ってみましょう。

1戦目

1戦目は、上述の通りオチューを集中攻撃します。コチューは致死量のBRVを持たれたら攻撃します。その際、全体BRV攻撃を仕掛けられる行動を取ると、敵全体のBRVを奪いつつ、オチューへの大ダメージが期待できます。

LDアビリティは2戦目用に、全員封印します。

2戦目

2戦目は24Actで突入。序盤からLDアビリティを解禁します。全員でダメージを与えていきますが、グラディオのカウンターがあるので、敵の行動順は、AとBが入れ替わるようにブレイクしましょう。

また、グラディオのカウンターバフが付与されている時は、ザンデのLDアビリティの仕様タイミングに注意しましょう。ブレイク状態を強制解除して、再度2体とも再ブレイクするので、行動順が遅くなります。うっかり、グラディオのターンを先に回さないよう注意しましょう。

36Act目。グラディオの1回目のジャストガード(カウンターバフ)が切れるタイミングでアミダテリオンを呼びます。呼び出す機会を逃す気がしたので、ここで呼びました。LDアビリティで、可能な限り敵の行動を遅延します。

59Act目。トドメ刺す所です。アミダテリオンを呼び出してからの写真撮影を忘れていました(汗)。それほど、グラディオが大活躍してくれたということになります。(言い訳)

終わりに

無事パーフェクトクリアしました。もっと積極的にアビリティを使っていけばAct数短縮出来たなぁ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*