【DFFOO】カイアス断章「時詠みの守り手」LUFENIA難易度クリアメンバー3名紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あよあんです。ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

カイアス断章「時詠みの守り手」のLUFENIA難易度をクリアしました。敵の対策とパーティメンバーを紹介します。

目次

敵情報
・メタルドラム
・対策まとめ
パーティメンバー
・カイアス
・ラムザ
・風神
・ラムザ(フレンド)
実戦
終わりに

敵情報

メタルドラム

出現する敵は、メタルドラム2体のみとなります。

LUFENIAでお馴染みのカウントアビリティとリキャストアビリティを+化する行動が追加されました。

両アビリティとも、パーティ編成の段階で対策出来ているか否かわかります。

カウントアビリティは、増加条件である「弱体効果を4個以上付与」を活用します。上限が15なので、5カウント前後になったら付与します。

リキャストアビリティは、+化させるとHPダメージだけでなく、攻撃を受けたキャラの全バフが剥がされるので、必ず阻止します。「力をためる」行動をリキャスト使用前に使っていたら、吹き飛ばして力をためる状態を解除します。そうすることで、リキャストアビリティをただの単体BRV攻撃に出来ます。

対策まとめ

LUFENIAのメタルドラムの対策は

・カウントアビリティ
 デバフを一度に4つ付与できるキャラを編成して5カウント前後に使用する。
・リキャストアビリティ
 「力をためる」状態になったら、吹き飛ばして解除する

筆者はカウントアビリティ対策にカイアス、リキャストアビリティはパーティ全員を強制吹き飛ばしが出来るキャラにして対抗しました。

パーティメンバー

続いて、クリアパーティメンバーの紹介です。

上記の対策を実行出来るメンバーを考慮した結果、カイアス、ラムザ、風神の3名で挑みました。フレンドにもラムザを採用。

カイアス

恩恵 LD/]真化完凸/第2防具 ボード14種マスター スフィアなし
Cアビリティ:セシル(暗黒騎士)

デバフアタッカー役。敵のカウント・リキャスト両方の対策で採用。他にも探しましたが、ケフカだとデバフ1つ足りず、ファリスが4つ付与できましたが、敵が通常の毒にはかからない仕様だったため、カイアスになりました。

カウントにはバハムートアイズで、リキャストにはEXアビリティで対抗。あとはHP攻撃と新技のLDアビリティを使って立ち回ります。心身活性化によるBRVリジェネが凄すぎました。

ラムザ

恩恵 BT/LD/真化完凸/第2防具 ボード14種マスター スフィアなし

バフアタッカー役。リキャスト対策と、忘れてはならない「剛拳」対策で採用。「さけぶ」による強制ブレイクでBRVダメージ軽減状態をいち早く解除します。

風神

真化完凸/第2防具 ボード13種マスター スフィアなし

吹き飛ばし&風エンチャンター役。リキャスト対策と風弱点ということで風エンチャントによる火力アップとして採用。

ラムザ(フレンド)

自前のラムザと役割はほぼ同じです。

実戦

各キャラの立ち回りを紹介します。

カイアスは、カウントと自身の行動順を気にしつつ、バフを切らさないよう立ち回ります。次の自分のターンまでにカウントアビリティが発動すると思ったら、バハムートアイズを撃って、カウントを増加させます。その際、事前にLDアビリティを使っておくと、アスピル効果が効いて回数を消費せずに使えます。

ラムザは、Actミッションを達成するために、さけぶバフを早期に3段階にしておきます。敵が剛拳を使ってきたら、さけぶで強制ブレイクしてBRV軽減を解除します。

風神は、2種のアビリティを使ってEXアビリティをいつでも使える状態にしておきます。敵が「力をためる」を使ってきたら、EXアビリティを撃ってリキャストの+化を防ぎます。また、BRV/HP攻撃は多少のBRV分配があるのである程度の被ブレイクを防ぐことが出来ます。

15Act。敵2体のHPが80%を切ったので、一時カウント消滅です。ここでカイアスは一旦、バハムートアイズの使用をストップします。攻撃方法をスプレッドパルサーとHP攻撃、EXアビリティのみにします。LDは回数に余裕があれば使います。

ただ、Actミッション達成のためにグズグズしていられないので、どんどんダメージを与えていきます。

36Act。両方ともカウントが復活しました。同時に、カイアスのバハムートアイズ解禁です。差があるのは、先にBの方がHP50%を切ったからです。カイアスのバハムートアイズを使うことで、カウントを両方同じ数に出来るので、あまり気にせず攻めましょう。

40Act。ラムザバースト発動です。敵の攻撃がステータスアップしてから痛くなるので、2体同時に相手している余裕がなくなってきました。なので、HPが減っている方に集中攻撃します。この場合はBが減っているのでそちらに集中砲火です。

42Act。ラムザバースト終了後のカイアスのターン。パンデモニウム召喚発動です。バースト時と同じくBに集中攻撃します。全体攻撃が出来るならAのHPも減らせて後々楽になります。

召喚発動6Act目にBを倒せました。残るはAだけとなります。Actミッションは達成同然ですが、被ダメージミッションが危うかったので、子のラムザのターンは「おうえん」で回復に努めました。

44Act。風神をフレンドラムザとチェンジ(呼ぶの遅

敵のHPもあと少しなので、LDアビリティで吹き飛ばします。

45Act。フレンドラムザ攻撃後のカイアスのターン。トドメのHP攻撃++でフィニッシュです。

終わりに

カイアスLDが当たるまで攻略を待っていましたが、ラムザを完全体にしていれば、LDは必要なかったかもしれません。

それと、パーティに入れた風神ですが、LUFENIA難易度だと真化完凸まででは相当きついなと感じました。風神自体が弱いわけではなく、むしろ風エンチャンターは他にいないので貴重な人材です。LUFENIA難易度が硬すぎるんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*