【DFFOO】オーディンチャレンジクエスト制覇【攻略】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、あよあんです。昨日、ブログ書くのを忘れるほどオーディンのチャレンジクエストをやっていました。しかし、何度やっても倒すことが出来ませんでした。そして、今日ようやく倒すことが出来ました。

動画を出している方々の戦術を参考にしました。ありがとうございます。何度も失敗しましたが、オーディンの戦術パターンを把握しつつ諦めずに挑戦しました。

目次

  • パーティ構成
  • 戦闘

パーティ構成

参加メンバーの装備は、12月25日現在で最強の状態。幻獣ボードも全員全部マスター。育成ボードは、ノクティスだけマスターです。

  • ノクティス・・・「彼がいなければクリア絶対不可能だろう」というくらい、今回の難易度は最凶。Act&スコア問題を、アビリティの仕様(+化するとノンAct)と吹き飛ばしで解決してくれます。
  • セシル(パラディン)・・・斬鉄剣対策で採用。固有バフ「光輝の剣」で変化するBRV攻撃が、斬鉄剣からパーティを救います。また継戦能力の高さと聖属性による弱点を突けるので、終盤でも息切れしづらいアタッカーとしても動けます。
  • アーヴァイン・・・自由枠ではありますが、私はⅧ勢が好きなので連れて行きました。ただ好きなだけでなく、遠距離物理の弱点を付けられるので、パーティ全体の火力の底上げしてくれる、正にThe サポーター。
  • 召喚獣・・・リヴァイアサンを採用しました。目的は終盤の追い込みですが、敵の素早さを下げられるからというのも選択の理由です。

戦闘

今回の戦闘で鍵となるのは、如何に被ブレイクしないかと、死の宣告デバフを付けられてから発動するまで、どう過ごしたかで勝負が分かれます。カオス難易度では、Act無消費のキャラを入れれば強引に進めますが、チャレクエの場合、そうは行きません。

最初の斬鉄剣を凌いだ直後です。オーディンが単体攻撃を仕掛ける際、ターゲットになっているキャラ(この場合、アーヴァイン)は、無理にHP攻撃せずに、BRV攻撃して被ブレイクを防ぎましょう。
※八相斬が飛んできた場合は、回避しても強制ブレイクさせるので諦めましょう。

運悪く、八相斬が飛んできてブレイクされました(泣)。そのあとにALL攻撃である、グングニルが来ます。BRVを0にされて死の宣告を付与する技です。この死の宣告を遅めに発動させるかで、その後の展開が楽になります。

※ここの過ごし方が非常に難しく、運も絡んでくるため何度も失敗しました。

死の宣告を付けられてから各キャラ1ターン目の行動は、被ターゲットはBRV攻撃で被ブレイクを防ぎます。他の2人は、行動負荷の低い攻撃は使わず、行動順をなるべくそのままの状態にします。

死の宣告を急いで解除しようと、連続行動すると死の宣告によるブレイクでオーディンのリキャストが溜まってしまい、斬鉄剣で即死する可能性が跳ね上がるのでやめましょう。

※この時点で、ノクトのシフトミーティアを+化しておくと、2回目の斬鉄剣使用後に発動する「神馬一体」を早期解除することが出来るので、やっておきましょう。

敵の攻撃を凌いで、デバフ付与されて2ターン目。行動負荷の低いをするか、HP攻撃するか、その時の行動順によって変わります。

敵は単体攻撃後、リキャストがMAXでなければ、2度目の単体攻撃を仕掛けてきます。このタイミングで被ブレイクして、ゲージがMAXになっても斬鉄剣は使ってきません。ちょうど下の写真のような(溜まってても単体攻撃するまで斬鉄剣使わない)状態になります。

単体攻撃後、2度目の斬鉄剣を使ってくるので、セシルのライトスラッシュでBRV分配して耐えます。

オーディンが2回単体攻撃して斬鉄剣を撃った場合、斬鉄剣後の攻撃がグングニルに変わるので、非常に戦いやすくなります。

  1. 被ターゲットは、BRV攻撃で被ブレイクを防ぐ
  2. 死の宣告中、連続行動は極力控える(被ブレイクによるリキャスト対策)
  3. 死の宣告中、オーディンに2回単体攻撃をさせる。
  4. 斬鉄剣前に10000BRV以上は確保する

これを繰り返しつつ、どうしても斬鉄剣を使われてしまうと思ったときは、緊急手段として、ノクトのシフトサイクロンで行動順に割り込ませます。死の宣告2ターン目に入ったときに使うか否かを判断します。

何だかんだ繰り返して、オーディンのHPを赤くしました。このあと、ノクトバーストして、各キャラの攻撃後に追撃が入るようにしたあと、リヴァイアサンを召喚してさらなる連続行動。

このあとシフトサイクロン使って、とどめさしました。

リザルト

カンストはしませんでしたが、パーフェクトクリア。報酬は、クリスマスプレゼントと洒落込みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*