【DFFOO】エイト、LD武器で欲しい能力全部ゲット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、あよあんです。本日、エイト断章「冷静なる力」が実装され、同時にエイト断章ガチャが開催されました。

エイトの武器に新しくLD武器が実装され、EX武器も同時に当たるチャンスです。さらにキスティス、キングのEX武器、そしてWOLのBT武器がピックアップされています。

目次

  • LD武器「プラチナナックル」とLDアビリティ「爆裂拳」
  • 受け身とは
  • 限界突破すると
    1段階
    2段階
    3段階
  • アビリティ変化について

LD武器「プラチナナックル」とLDアビリティ「爆裂拳」

プラチナナックルを装備、もしくはパッシブ化するとLDアビリティ「爆裂拳」が使えるようになります。

発動すると攻撃対象に敵全体に分配ダメージを与え、敵に「ターゲット固定」のデバフを、自分自身に「受け身」バフを付与します。エイト初の全体攻撃アビリティになります。また、エイトの特徴であるカウンターは、エイトに攻撃が行かないと発動しませんでしたが、ターゲット固定により、無理やりエイトに攻撃を向かせることが出来るようになりました。

受け身とは

爆裂拳を使うことによって付与される「受け身」は、攻撃力アップとバフ延長、HPリーブ(被ダメージ時、HPが50%以上だった場合にHPが1残る)の効果の3つを併せ持つバフです。

また、攻撃を受けるか回避した時、敵全体を攻撃する「カウンターラッシュ」が発動します。

この「カウンターラッシュ」は、EXアビリティで付与される「夢幻闘舞」バフが付与されていれば、「ブレイクサイトブロー」のカウンターも、同時発動するので連続でカウンター攻撃をお見舞いします。

限界突破すると

1段階
攻撃力上昇とLDアビリティのダメージアップ。「受け身」バフに、【一部の攻撃を除いたHPダメージの20%分BRV回復】の効果が追加。
さらに、受け身バフが付与された状態で戦闘に参加できるようになります。
他にも、「迅雷」バフにも効果の変化が起こります。詳細は「アビリティ変化について」にて

2段階
さらなる攻撃力アップと「ターゲット固定」が3Act、「受け身」が2Act延長されます。

3段階
攻撃力アップとLDアビリティの使用回数が3回から4回に増えます。

3段階限界突破させて、限界までLvアップさせればパッシブ化できるので、真化EXを装備した状態でLDアビリティを使えるようになります。

アビリティ変化について

1段階限界突破することで、通常のBRV・HP攻撃、さらに「迅雷」バフと「背水の陣」バフを付与した状態で使用できる光速拳に、++化が発生します。

使用感覚は+の時とほぼ同じですが、++の名の通り、HIT数が増えています。

最近では、回避不能の必中攻撃を仕掛けてくる敵が増えてきているので、ブレイクサイトブローだけでは通用しなくなってきています。

ですが、カウンター攻撃は、Act数を節約しながら敵にダメージを与えることのできる手段なので、使いこなせれば非常に楽しく、また非常に頼もしい戦術でもあります。

一つ上の戦い方をしてみたいというなら、手に入れて使ってみるとディシディアの新しい楽しみ方が見つかると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*