【DFFOO】ウインター2019チャレンジパーフェクト【討伐】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、あよあんです。ようやく休みが取れたので、大急ぎでウインター2019のチャレンジクエストに挑戦してきました。

目次

  • パーティ構成
  • 1戦目
  • 2戦目
  • 3戦目

パーティ構成

パーティは、恩恵キャラ3人編成ということで、マキナ、アシェラ、ヴァンを選択。召喚獣はリヴァイアサンを連れて行きました。

マキナ・・・アタッカーとして採用。真化カンスト・LDあり。幻獣ボードはオーディン以外マスター。Act消費なしの行動とLDアビリティによる追撃により、高いダメージを与えられるよう立ち回りました。

アシェラ・・・サポーターとして採用。真化カンスト。幻獣ボードはマキナと同じ。アセンションでBRV供給、デセンションで敵妨害。7:3でBRV供給をメインに、HP攻撃が来そうなときに、デセンションを使用する漢字で立ち回りました。

ヴァン・・・アタッカーとして採用。真化カンスト・BTなしLDあり、幻獣ボードは2人と同じ。LDアビリティのおかげで継戦能力が大幅に上がったため、アビリティ切れにならず、最終戦まで戦い抜けるようになりました。

1戦目

敵は2体。敵の最初のターン、自身にバフを付与しますが、あえて無視。与えるダメージが少なくなるHPになるまで減らします。

マキナは、LDアビリティを1回だけ使用。その後、アサルトモードで攻撃しつつ、ラッシュブレイドを+化。なるべく、Actを消費しないように立ち回ります。ソードフィールドは使える時は積極的に使います。スピンドライブは、LDアビリティで付与されるデバフが切れたら使用。ダメージを与えるより、自身のBRVを回復してブレイクを防ぐことを目的に使います。

アシェラは、最初だけアビリティが消費されないので、アセンションを使用。BRV供給をメインに変化HP攻撃で立ち回り、敵がバフを付与したらアセンションを使ってバフを剥がします。デセンションは、敵がALL攻撃(全体HP攻撃)をしてくる時に使って、HP攻撃沈黙デバフを付与します。

ヴァンは、LD以外のアビリティを1回ずつ使って、HP攻撃メインの節約戦法。2,3戦目に備えて、各アビリティはなるべく使わないように立ち回りました。

被ブレイクを意識して、BRVを高く保てていれば、ノーダメージで通過できました。

2戦目

こちらも2体で出現。35Actで突入しました。カオス難易度と同じで、3戦目よりもこちらのほうが強敵。被ブレイクは特に気をつけて立ち回り、ブレイクされたら、デセンションでHP攻撃を封じて時間を稼ぐという守備戦法を取りました。

ここでヴァンのLDアビリティを解禁し、ダメージ効率を上げつつ暗闇を付与して被ダメージを減らせるよう立ち回ります。

マキナは1戦目とほぼ同じ立ち回り。LDで追撃できるようにしてダメージを与えていきます。

敵のALL攻撃のひとつである「アイスクエイク」が非常に厄介で、20000BRVくらいないと、すぐにブレイクされてました。カオス難易度で何度も躓いたところだったので、意識していれば問題なく通過できます。

3戦目

最終戦です。敵は1体で出現。戦闘開始時66Act。ここまで来たら、後は突き進むのみ。というか、ケアルガを使うためか、すごい脆かったです。

アシェラはアセンションメインで動き、BRV供給。というか、デセンションの使用タイミングが、イマイチわかりませんでした。

マキナとヴァンは、ケアルガ使用後が本番のため、使われる前は節約戦法。敵のHP攻撃のタイミングがわからないため、デセンションが当てにならない。なので、被ブレイクで大ダメージを受けないよう、被ターゲットには高いブレイブを持たせ、いざというときは、ヴァンのアビリティで暗闇を付与、攻撃を避けやすくしました。

ケアルガを使われた直後の写真。82Act。ここから、マキナとヴァンを全力投球させました。

リヴァイアサン召喚。89Act。ケアルガ使われてから7Act消費しましたが、敵HP1/3削れてます。マキナとヴァンのLDがあるとは言え、今回のラスボス、やはり脆いです。

トドメの瞬間。90Act。節約戦法で、節約しすぎた感がありますが、無事討伐成功しました。

スコアとミッション、全て達成してパーフェクトクリア。イベント報酬もいただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*