【DFFOO】アミダテリオン復刻イベントCHAOS難易度クリアメンバー3名紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あよあんです。アミダテリオン復刻イベント「現れたユーク族」のCHAOS難易度をクリアしました。クリアメンバーと出現する敵の対策を紹介します。

目次

各キャラの役割
・スコール
・クラサメ
・グラディオラス
・ノクティス(フレンド)
・オーディン(召喚獣)
敵対策
・プロミネンス&スモールプロミネンス
・バックスラッグ
実戦
・1戦目
・2戦目
終わりに

各キャラの役割

クリアメンバーは、スコール、クラサメ、グラディオラスの3名。フレンドにはノクティス、召喚獣はオーディンを選びました。

スコール

恩恵 BT/LD/真化完凸/第2防具真化完凸 ボード13種マスター スフィアなし

アタッカー役。恩恵でステータスが上昇しており、敵も1,2戦共に複数なのでパーティに入れない理由はありません。

主な役割は、全戦通して敵のHPを均等に削り、終盤の敵ステータスの上昇によるダメージ減少の対策として、BTを発動させます。自身のソリッドバレル・EX以外のアビリティ、グラディオのEX・LDカウンターのダメージが上昇します。

クラサメ

LD/真化完凸/第2防具真化完凸 ボード13種マスター スフィアなし

デバフアタッカー役。アミダ初実装された時には、いなかったキャラです。氷牢デバフによるダメージ上昇でクエストの早期決着を狙います。

グラディオラス

LD/真化完凸/第3防具 ボード13種マスター スフィアなし

カウンター役。こちらもクラサメ同様、アミダ実装時にいなかったキャラです。

カウンター役を使っていて、最もありがたい行動遅延を敵がやらかしてくれるので、初めて戦った時より大変楽に勝つことが出来ました。

ノクティス(フレンド)

見学状態で終了。

オーディン(召喚獣)

加護により防御力を下げ、相対的にこちらの火力を上げてもらいます。

敵情報

続いて、敵の対策を紹介します。

プロミネンス&スモールプロミネンス

1戦目で、プロミネンスが1体、スモールが2体出現します。

対策といった対策はありませんが、スモールは倒しても復活するので、プロミネンスだけを集中攻撃します。

プロミネンスは行動するごとに「ふくらむ」を使い、4段階目になった次のターンにビッグバンを撃ってきます。ターンが回ってくる前にブレイクすることで、「ちぢむ」が発動し、ビッグバンの発動を防ぐことが出来るので、4段階目になったら、ブレイクすることを心がけましょう。

バックスラッグ

2戦目に2体出現します。

こちらの行動順をことごとく遅らせる攻撃を仕掛けてきます。HP攻撃が「たたきつける」だけなので、しっかりブレイクして使用を妨害できれば死ぬことはありません。

ですが、今回はグラディオを採用しているので、敵は自由にさせておきます。攻撃してきたら、問答無用でカウンターを叩き込んでくれるので、テンペストで味方を庇える状態にし、じゃんじゃんグラディオのターンを遅らせてもらいましょう。

実戦

実際に戦ってみましょう。

1戦目

上述の通り、プロミネンス(真ん中)に集中攻撃します。左右のスモールは普通に弱いので、全体攻撃のアビリティを使ってると、いつの間にか倒せています。

※余談 ノクティスをせっかく採用してるから、ここで呼んでAct節約しておけばよかったと、戦闘が終わってからちょっと後悔しました。

2戦目

19Act目で突入。左が、こちらの行動を遅らせる「ミューカスチャージ」と「枝木にこもる」を使ってきました。

枝木にこもられると、こちらが与えるBRVダメージを減らされるので、頭を出している方のバックスラッグを集中攻撃します。枝木にこもっている方は、ターンが回って来れば頭を出すので、それまでに逆側の敵にダメージを与えられるだけ与えておきます。

21Act目。グラディオのターンです。初っ端から、LDアビリティを使ってカウンターが発動する状態にします。カウンター役としては、素早さが低めなので、どんどん遅らせてもらってカウンターを連発してもらいます。

元々、グラディオのカウンター発動条件であるジャストガードバフは、効果が3Actと短いので、ターンを遅らせてもらえると非常にありがたいんですね。

敵の最大の特徴である、行動遅延を逆手にとってカウンターを長期間発動できる状況にする。敵を手玉に取る感じで結構楽しいです。

36Act目。敵2体のHPが30%を切りました。この後、トドメ刺す瞬間まで、写真撮り忘れました(汗)

まあ、グラディオがいたおかげで、それほど楽だったということで。

終わりに

リザルトの写真を撮り忘れたので、戦闘終了後のスコアを載せました。

アミダ実装時は、たしかエイトを連れて行ってましたが、グラディオの方がすごい扱いやすいと個人的に思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*