【DFFOO】「魔に捧ぐ祈祷」チャレンジクエストクリア丁度100ターン【攻略】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、あよあんです。「魔に捧ぐ祈祷」イベントのチャレンジクエストをクリアしたので、報告します。しかし、今回のチャレクエはかなりきつかったです。主にActが・・・。ちなみに、写真はクリア出来るとは思っていなかったため最後しか撮っていません。

目次

  • パーティ構成
  • 戦闘
    1戦目
    2戦目
    3戦目
  • リザルト

パーティ構成

  • シャドウ・・・EX真化完凸。幻獣ボード9種マスター。
    アタッカーとして採用。今回の恩恵キャラの中で最も火力が出せて、尚且つ回避成功時にカウンターが出来るため、Act節約にも貢献します。
  • ケフカ・・・EX真化完凸。BT/LD武器なし。幻獣ボード9種マスター。
    デバッファーとして採用。BTLD実装と本イベントのボスは、「ケフカのデバフでバフを押し出そう」と言ってるも同然なバフの掛け方をするので、攻略のキーキャラクターとなります。
  • エアリス・・・EX真化完凸。幻獣ボード9種マスター。
    ヒーラーとして採用。回復と同時に攻撃もできるEXアビリティ、また味方に大量のBRVを供給できるため終盤になってもダメージを通せます。と思いましたが、敵の火力はケフカが大幅に削いでいたため、回復量が相当無駄になっていました。フライヤで丁度良かったかもしれません。
  • 召喚獣・・・オーディンを選択。HPが減ったら火力アップを狙っていましたが、ケフカのデバフで大してダメージを受けず、半分も仕事が出来てませんでした。

戦闘

各キャラの戦術

シャドウはカウンター条件の一つであるインターセプターのアイコンを切らせないよう、適度にアビリティを使いリキャストが溜まったらEX発動します。

ケフカは、LDを持っていなかったため、敵がバフを付与した後に裁きの光を撃って押し出します。トラインはHP攻撃の緊急回避以外はあまり使用せず、終盤の追い込み時に全部使い切ります。

エアリスは、回復というよりバフを切らさないようアビリティを使いつつ、HP攻撃とEXアビリティで削っていきます。通常アビリティによる回復は、ケフカのデバフにより過剰回復になってしまったため、EXアビリティでの回復で十分となりました。

  • 1戦目

敵1体で出現。100Act以内のクリアが結構きつい構成なので、大急ぎで倒します。バフは使ってこない敵ですが、一度倒すとHPが全回復(100万)して、通常のデバフを全て解除します。もう一度デバフを付与して速やかに倒しましょう。

  • 2戦目

敵2体で出現。HPを半分近くまで減らすと、轟咆哮を使ってバフを付与してきます。使われたらケフカの裁きの光を撃ってバフを押し出しましょう。2回ほどいかづち(全体BRV攻撃)したあと、メテオ(全体HP攻撃)を撃ってくるので、BRV残量に気を付けましょう。メテオを耐えられないと思ったら、ケフカのトラインでHP攻撃を封じて、その隙に体勢を立て直しましょう。

  • 3戦目

敵2体で出現。1体が全体バフ、1体が敵全体攻撃と役割分担して仕掛けてくるので、全体バフ役の次に行動できるように割り込むか、ブレイクで敵の行動順を入れ替えるなどして、受けるダメージを減らす工夫をしましょう。ちなみに、シャドウは全体攻撃でも、避けられればカウンターを撃ってくれます。
また、片方を倒すと、片方がバフを付与するのでなるべくHPを均等に減らします。

リザルト

Act数のデッドラインギリギリどころか、踏んづけてます。反省点として、シャドウのアビリティ回数を温存しすぎて、大量に余らせてしまったことです。慎重になりすぎました。何はともあれ、報酬は貰えました。

P,S,

今日のログインボーナス報酬

ナゲット、また2個に逆戻りしてしまいました・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*